株式会社東海メディカルプロダクツ トウカイメディカルプロダクツ
業種 医療機器
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

製品開発部 部長
粂野 孝志(43歳)
【出身】マテリアルサイエンス研究科  博士前期課程 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自発的に考えて動き,かつ各部署と協調して製品開発に取り組みます。
修士課程修了後TMPに入社し,開発部に配属。
3年ほどPTCA(経皮的冠状動脈形成術)バルーンカテーテルの研究開発に取り組み,
JST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)の大学発新産業創出拠点プロジェクトに
応募して採用されて3年間,出向させてもらいました。
TMPに戻ってからは,新たな事業部制によるPTCA/PTA事業に加わり,
2012年から第三事業部の部長職を務めています。

開発の仕事は,もちろん自分の頭で考え,自発的に動きながら新しいモノを創り出すこと。
ただしTMPの場合は,薬事申請や量産化にまで開発者自身も協力していくこともあり,
一人で完結できる仕事ではありません。
口下手でもいいから社内の他部署の仲間たちとコミュニケーション。
決して独善的でなく,人を立てて折衝しながら進める仕事なんですよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
大ヒット商品・OPTIMOの開発で 「一人でも多くの生命を救う」理念に貢献!
製品開発に取り組む者として,やはり主力商品を世に送り出すことが最大の喜び。
私の場合は,OPTIOとはいう血管内治療に最適な
バルーン付ガイディングカテーテルを開発したことです。

最大の特徴は,チップ先端をバルーンが覆うことで血管壁に与えるストレスを軽減する,
他に類を見ない画期的な形状と特性を持つオンリーワン製品であること。
また外径に対して内径をMAXまで大きくし,さまざまな治療の可能性を広げました。

おかげさまで国内トップシェア,TMPにとっても稼ぎ頭ですが,
もちろん私一人で開発したのでなく,社内の8人ほどが関わっていますし,
そもそもドクターの要望やアドバイスが出発点。
「一人でも多くの生命を救う」を理念とする医療機器・TMPの一員として
社会に貢献するヤリガイも実感します。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き モノづくりの研究開発に打ち込み,かつ企画から量産まで幅広くやれる!
元々,医療やバイオに興味があり,大学院に進んでバイオマテリアルを研究。
先生の紹介もあり,地元・愛知県の医療機器メーカーのTMPを選びました。

入社して良かったのは,前述のように製品の企画から量産まで幅広くやれること。
とくに私の入社当時は,現在の1/4ぐらいの人員規模だったので
一人一人の比重や守備範囲は広く,本当にいろんな経験ができました。

だから自分が管理職になった今,メンバーに対して心がけていることは,なるべく口出しせず,
一人一人が思うように,のびのびと研究開発に取り組むことのできる環境づくり。
今でも決して大企業ではありませんし,成果だけを重視しない伝統があります。
悪く言えば「ユルい」かもしれませんが(笑),
人間関係もバツグンで働きやすい会社であることは間違いありません。
 
これまでのキャリア 1997年入社。2000年~2002年までJSTの大学発新産業創出拠点プロジェクトに出向。
2009年よりリーダー職,2012年より部長職。
大学時代(名古屋大学)はバレーボール部で活躍?
2児の父,休日は家族サービス。

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

TMPは研究開発型の医療機器メーカーですが,
実のところ大学時代の専攻はあまり関係ありませんし,
最近は医療への興味が入社動機でないメンバーも増えてきました。

「大切にする」ことと,「こだわる」ことは違いますから,
専攻や興味だけで,あなた自身の可能性を狭めるのはもったいないと思います。

新卒で社会人になるこちのできるチャンスは一度かぎり。
むしろ視野を広げて,いろんな業界や会社を見聞してくださいね!

株式会社東海メディカルプロダクツ の先輩社員

◇新製品の開発にも関わる生産設備・機械・治具の設計・製作

技術開発部
山田 真悟
理工学部 機械システム工学科

マイクロカテーテルの新規製品の開発,既存製品の改良です。

製品開発部
塩見 弥有
工学部 応用化学科

透析治療が必要な患者様のためのカテーテルの開発・メンテナンス

製品開発部
臼倉 弘明
理工学研究科 物質電子科学専攻

他部署の工程とのバランスも考えながら,多彩なカテーテルの製造を管理

本社製造部 第二製造グループ リーダー
大原 丈久
農学部 農学科 畜産学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる