日本国土開発株式会社ニホンコクドカイハツ

日本国土開発株式会社

【東証一部】建設/建設コンサルタント/設備/住宅
  • 株式公開
業種 建設
建設コンサルタント/設備・設備工事関連/住宅/プラント・エンジニアリング
本社 東京

先輩社員にインタビュー

【建築】
辻本 尊瑞 (2001年入社)
【出身】関西大学大学院  工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 「建築積算」 設計図面から正確な工事原価を予測し、見積書を作成する仕事
建設業は受注産業であり、自動車や電化製品のように定価がありません。と言うのも、発注者の注文が千差万別であり、立地条件(地盤が硬い・軟らかい、地下水位が高い・低い、搬入路が広い・狭いなど)が様々で、同じ建物、同じ敷地がないからです。したがって、設計図を受領する度に、工事原価を算出しなければなりません。しかも、決められた期間で、正確に算出する必要があります。価格を安く算出してしまった場合は、工事の受注は出来ても利益が出ず赤字になったり、また逆に高く算出してしまった場合は、受注する事すら出来ません。このように会社の受注や利益に深く係っている仕事と言えます。工事原価を正確に算出するためにも、他部署と密に連携をとり、正確な工事原価を算出するようにしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
様々な用途の図面を見ることができ、飽きることはありません。
他のゼネコンとの価格競争でもあるので、今の見積の仕事が必ず受注に結びつくわけではありません。見積を提出して、それで終わる事も多々あります。しかし逆に言えば、そういった受注出来なかった物件も含め、相当数の建物の図面を見ることができます。用途は、集合住宅、学校、オフィスビル、工場、店舗など様々で、その都度、工期、工法、金額などいろいろな課題を検討してクリアしながら、見積をしています。毎回違うので、飽きることもなく、一つ仕事が終わるごとに成長していくように感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 建物を造る仕事と面接時の雰囲気
大学で建築を勉強していくうちに、建物をつくるという事が面白く感じ、ゼネコンを選択しました。実際、マンションを造る現場にいた頃、客先からお礼を言われた時は、感動と達成感があり、この道を選んで良かったと思いました。
また、面接時の雰囲気ですが、面接官との間に壁を感じることはなく、上手く表現できませんが、すぐ馴染めたように思いました。実際に働いてみて、厳しい先輩もいましたが、それでもまだ働き続けているのは、この会社の雰囲気と合っていたからだと思います。
 
これまでのキャリア 現場に3年間(S造2階建の格納庫に約4ヶ月、SRC造15階建の集合住宅に約1年半、RC造7階建の集合住宅に約1年)→入社4年目から現在まで、約10年間、積算の仕事をしています(2013年当時)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やり方はぞれぞれですが、様々な業種の面接を受けるなどして、面接に慣れる必要があると思います。また、自己PRや志望動機など準備しておくものもありますが、最後は自分の自然体の言葉によることが大きいと思います。就職先が決まるまでは、不安で一杯だと思いますが、頑張ってください。

日本国土開発株式会社の先輩社員

土木現場の施工管理業務

【土木】
山本 健史 (2007年入社)
東京理科大学 理工学部土木工学科

【設備】はゆりかごから墓場まで

【建築設備】
浅野 錦一 (2011年入社)
首都大学東京 都市教養学部 都市教養学科

自社保有機械のツイスターに関する仕事

【機電】
馬場 司 (2010年入社)
広島大学 工学部第一類(機械システム工学系)

上司や関連部署との連携プレーで受注を目指す

【営業】
Y.M (2005年入社)
日本大学 商学部 経営学科

「建設業の事務屋さん」

【事務】
撫養 彩人 (2011年入社)
立教大学 法学部法学科

図面に描かれたものを現地に造っていく仕事

【土木】
大上 敏弘 (2004年入社)
山口大学大学院 理工学研究科 社会建設工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる