四国乳業株式会社
シコクニュウギョウ
2021
業種
食品
本社
愛媛

私たちはこんな事業をしています

四国唯一の農協プラント系乳業メーカーです。”おいしさは、いつも自然から”を合い言葉に、国内トップクラスの規模を誇る本社工場(東温市)を中心に「らくれん」商品を製造し、四国をはじめ、主に中国、関西地方にて販売を行っています。

当社の魅力はここ!!

施設・職場環境

本社工場外観図

高速道路の「川内インター」近くにある本社工場です。四国内の生乳を搬入し、体にやさしく、安全で美味しく皆様に喜んでもらえる製品を製造するため、品質の3本柱(TQC、HACCP、ISO)のもと、日々取り組みを行っています。

会社データ

事業内容 牛乳・乳製品等の製造及び販売
設立 昭和43年3月28日
資本金 3億1,000万円
従業員数 正社員169名、準社員54名、パート社員29名
売上高 182億5,700万円
代表者 代表取締役社長 三好 晶夫
事業所 本社(愛媛県東温市南方955-1)

【支店】
愛媛支店(愛媛県東温市南方1055-1)
高知支店(高知県高知市大津乙1910)
香川支店(香川県丸亀市綾歌町栗熊東62-3)
徳島支店(徳島県板野郡北島町中村字東堤内27-1)
関西支店(京都府八幡市岩田南野15-1)

【工場】
本社工場(愛媛県東温市南方1055-1)
京都工場(京都府八幡市岩田南野15-1)
沿革 昭和41年9月、農林省畜産局通達「乳価交渉の促進および指定生産者団体の強化について」と同一趣旨にもとづき整備した愛媛県指定生乳生産者団体を中心に、四国地区における生乳の流通調整と、生産者自らが運営する工場を育成強化し、さらに生産者の立場を向上する意図により、国および愛媛県、四国3県の指定生乳生産者団体などの理解と支援で、昭和43年3月に四国乳業株式会社が設立された。その後、同社設立の趣旨に沿って、四国地方の農協プラントの基軸として一体化を図って、昭和46年7月に高知四国乳業株式会社と合併、同47年2月には香川乳業協同株式会社と合併、四国地方における農協プラントとしての体制を整えた。平成7年2月、3工場を集約し画期的な本社工場が完成した。平成8年10月、組織再編により愛媛県酪農業協同組合連合会から牛乳、乳製品の製造、販売部門の移管を受け、乳業事業機能を四国乳業株式会社に一本化した。これにより、組織の合理化が進み農産物の輸入自由化等の環境変化に対して、機動的対応が可能となった。平成15年、四国乳業株式会社はこれまで工場のみであったISO9000シリーズの認証取得を全社に拡大適用し、品質マネジメントシステムを導入。人々に安心・安全な商品を提供し続けてまいります。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)