大野城市役所
オオノジョウシヤクショ
2021
業種
公社・官庁
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

「ともに創る 個性輝く やすらぎの新コミュニティ都市」が合言葉の大野城市は、今年で市制施行46周年を迎えました。
市制施行以来人口が急増し、迅速な都市基盤整備が課題でした。その対応としてハード事業の取り組みに力を入れると共に、市民生活の利便性向上やコミュニティ活動の充実に努めてきた結果、ある経済誌が実施する「シティブランド・ランキング住みよい街2017」において第一位という高い評価をいただきました。

当社の魅力はここ!!

企業理念

市民と真摯に向き合い、充実した行政サービスを提供

福岡県中西部の筑紫地域に位置する大野城市は、隣接する福岡市のベッドタウンとして発展してきました。人口増と都市化の波に対応しながら、土地区画整理・街路・公共下水道事業やコミュニティセンター・学校の建設など、ハード事業の取り組みに力を入れています。市基盤を充実させ、市民生活の利便性を向上させるそうしたハード事業と共に、コミュニティ活動の促進など、ソフトを充実させる事業にも尽力しています。ソフト・ハードの両輪が充実してこそ、真に豊かな都市としての発展があります。その鍵となるのが行政職員。市民の声にしっかりと耳を傾け、その声を市政に反映させるための行政サービス提供を、全職員が常に心がけています。

戦略・ビジョン

3つのリーディング・プロジェクトを遂行し、目指す街の姿を実現

本市では3つの優先するべき施策を「リーディング・プロジェクト」として位置づけています。市民と行政が互いの知恵と力を発揮して地域課題を解決する、新しい自治、新しい分権を目指す「コミュニティ元気プロジェクト」。地域に息づく歴史・文化・産業と市民の個性をつなぎ、新しい都市の個性を創りながら、本市の魅力を内外に発信する事業や、まちのにぎわい創出などを目指す「ひと・まちいきいきプロジェクト」。市民が安心・快適に暮らせるよう、健康や福祉の充実、生活環境の改善、行政としての健全な財政維持に取り組む「くらしやすらぎプロジェクト」。この3施策を着実に実行しながら、より良い都市創造を目指します。

会社データ

事業内容 大野城市民の生活環境向上に向けて、さまざまな行政サービスを提供する
設立 1972年4月1日
資本金 公共団体のためなし
従業員数 454名(2018年4月時点)
売上高 公共団体のためなし
代表者 大野城市長 井本宗司
事業所 ■大野城市役所
〒816-8510
福岡県大野城市曙町2-2-1
TEL:092-580-1818
FAX:092-573-7791
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)