株式会社クリエイションクリエイション

株式会社クリエイション

JRシステムグループ/ソフトウェア/情報処理/IT
業種 ソフトウェア
情報処理/インターネット関連/コンピュータ・通信機器・OA機器/通信
本社 東京

先輩社員にインタビュー

第三システム本部 開発第二部
K.T(23歳)
【出身】南山大学  情報理工学部ソフトウェア工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 重要な役割をもつシステムを担当。一通り関わるので達成感も大きいです。
システム開発の幅広い工程を担っています。

現在、某企業様の故障予知システムの改修に携わっています。
このシステムは、故障が予想される部品や商品を発見することで、欠陥のある商品を市場流通させないためのものです。

私はこのシステムの設計、実装、テストを担っており、設計では、処理機能を細分化にしたものを記述します。この記述書は、後の工程でも利用するので、誰が見ても分かる様に注意して書くように心がけています。実装では、プログラムを記述します。プログラムが思い通りの動作をした時の喜びは計り知れません。テストでは、出来上がったプログラムにミスがないか、細部までチェックします。テストはシステム開発の中で一番大変な作業ですが、テストが完了すれば一機能の完成と言えるので、達成感がとても大きいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の関わる仕事が、世界中の人に利用してもらえる!それがやりがい。
自分で書いたプログラムが、世界中のお客様に利用して頂けることです。

私は、現場配属の3日目にして、故障予知システムの既存バグの修正作業を任されました。
バグを修正するためには、プログラムを書くだけではなく、設計書と既存プログラムの内容理解、パターンを網羅したテストの実施が不可欠です。
私は、内容理解に丸一日、テストに3日間を費やして苦戦しましたが、OJTの先輩の的確な助言により、なんとか完成させることが出来ました。

そして、私の書いたプログラムがリリースされ、そのプログラムを世界中のお客様に使って頂いていることを知った時、この仕事に就いて良かったと感じました。
これからも、私の書いたプログラムが世界中のお客様のお役に立てたら、大変光栄に思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 本音で語り合えた面接。こんな風に話せる会社はなかった。
面接で役員の方々と本音を語り合えたからです。

私は、大学で情報工学を専攻していました。そのため、ソフトウェア開発が出来る企業を中心に、就職活動を行っていました。その中でクリエイションは、会社の経営陣である役員の方々から、知りたい情報を思う存分知ることが出来ました。

例えば、資格の報奨金制度が大手並みに充実していること、自分のやりたい仕事ばかりやらせて貰える訳ではないことなどです。中でも一番本音で話したことは、私が「将来御社の社長になることは出来ますか?」という質問です。真剣に答えてくださりました。

面接を終えた時、面接でこれほど本音を語り合える企業はないと感じ、
内定を頂いたら是非入社しようと強く思いました。
そのため、役員の方々と本音を語り合えたことが入社の決め手です。
 
これまでのキャリア 第三システム本部 開発第二部(2年目)

この仕事のポイント

職種系統 プログラマー
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まず、自分のやりたいことを見つけよう。

就職活動中に頻繁に聞く噂の一つに、
「何十社も応募したけど一つも内定が貰えない」があると思います。
私は、やみくもに企業に応募しても時間の無駄だと感じます。
なぜなら、自分がどんな仕事に就きたいのか自分自身が分かっていないからです。
自分のやりたいことが分かっていない学生は、すぐに分かります。
まずは、自分の本音を探しましょう。
そうすれば、本音を評価してくれる企業に巡り会えると思います。

株式会社クリエイションの先輩社員

システムの機能評価を担当。先輩もしっかりサポートしてくれるので安心。

第三システム本部 開発第一部
U.M
東洋英和女学院大学 国際社会学部国際コミュニケーション学科

金融系システムのテスト。影響も大きいので、慎重に進めています。

第三システム本部 開発第二部
M.S
南山大学 経営学部

プロジェクトに参加。しっかり学びスキルアップをしています。

第三システム本部 開発第二部
O.T
中央大学 法学部法律学科

ITインフラの整備。世の中に欠かせない仕事です。

第三システム本部 開発第二部
N.K
東京工科大学 メディア学部

システムのテストや不良対応。スキルアップが実感できます。

第三システム本部 開発第二部
A.E
日本大学 理工学部物質応用化学科

携帯電話購入時に使用されるシステム。影響力も大きいため緊張の連続です。

第三システム本部 開発第二部
匿名

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる