株式会社 高島屋タカシマヤ
  • 株式公開
業種 百貨店
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

販売第三部 スポーツ用品売場
岡本 実季(25歳)
【出身】美術学部 デザイン科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日常と非日常を演出するお客様と店との接点でありたい
普段はスポーツ用品売場の中に情報発信基地として設置されたスポーツステーションに所属し、販売やイベント等を担当しています。実際にランニング等のイベントに出かけることが多いことから、お客様とお顔を合わせることの出来る「接点」である自らの職務にやりがいを強く感じ、地域のお客様とのコミュニケーションを通じてニーズを捉え、スポーツステーションが継続的に支持される「場」としてご愛顧頂けるよう努めています。加えて、春からは希望を受け入れてもらい催事を担当しています。
催はお祭りのような非日常の大イベントで、会期の何ヶ月も前から商材・人材・売場・広告など様々な計画を各方面と連携しながら進めることが必要とされます。未熟な部分もありますが、上長や先輩、お取引先様に支えていただき、日々の業務に取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
販売店だから生まれた商品
入社2年目の時、京都店限定の知育玩具を制作する企画をバイヤーと共に担当しました。
店頭で頂戴する声を分析し、京都店にご来店されるお客様の「子どもへの京都らしいお土産」「海外への日本らしい贈り物」というニーズに応えるための商品企画です。本来私のような若手が関わることの出来る仕事ではありませんでしたが、入社前の経歴をくんで声をかけてくださいました。
バイヤーの思い描く玩具の形状や色を受け、私が紙面に写し、製造メーカーに託します。商品ロゴ等も担当しました。自分が描いたラフが商品となり店頭に並ぶ景色は忘れられず、販売イベントの際に子ども達が商品で遊んでいる姿を見ると込み上げるものがありました。
高島屋は、希望して声をあげていれば若手でも夢が叶う会社だと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「いつも、人から」会社の経営理念に共感して
芸術大学でデザインを学んでいた私は、就職活動をするまで百貨店や販売という職種を意識したことはありませんでした。デザイナーになることしか考えられない状態で就職活動を始めましたが、消費そのものではなく、消費が起きる場所、人の心が動く瞬間をデザインする仕事がしたいという思いに至り、大きな視野で業種を選ぶように就職活動を切り替えました。
そんな私にとって、あらゆる人、物、文化が集まる場所として、百貨店はとても魅力的な場所であり、同時に百貨店が時代に合わせた変化を目指している時期であったため、自らがその過渡期に立ち会いたいと強く願み、この会社を選びました。
入社してからは、当社の「いつも、人から」という経営理念の通り、店・売場の全ては人が作り出しているということを実感します。
 
これまでのキャリア 玩具売場 販売担当・1年半
スポーツ用品売場 販売・催担当 1年半

この仕事のポイント

仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は、社会との関わり方を決定する分岐点に、自らの身一つで挑むことのできる数少ない機会です。
自分の原点に立ち返ったり、素直な気持ちを見つめ直すことが多い期間に、出会いや発見が多いのも就活です。私は採用人事は人を見るプロであり、嘘や誇張をしても見破られるのなら自然体のままで居ようと、リラックスすることを意識していました。苦しいこともあるかもしれませんが、この期間を少しでも楽しんで有意義に過ごし、今後の糧にして欲しいと思います。

株式会社 高島屋の先輩社員

「きもの売場」の販売促進と企画立案~販売で文化を守る

大阪店 販売第8部 統括担当(常備担当・FC担当)
柳父 理佐
文学部・言語文化学科

婦人靴の販売から、魅力的な売場づくりまで!

京都店 販売第1部 婦人靴売場
藤田 紫穂
人間科学部 人間科学科

高島屋オリジナルメンズセレクトショップでの販売と売場運営!

販売第3部 CSケーススタディ
茶谷 僚
商学部 商学科

自主売場ならではの業務の豊富さ!

京都店 販売第2部 スタイル&エディット
森山 園子
外国語学部 英米学科

洋菓子売場の販売促進

京都店 販売第6部 洋菓子売場
中川 千明
文学部 英文学科

紳士品の催しの企画から運営まで

京都店 販売第3部 紳士衣料売場
芳森 友輝
法学部 法律学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる