東京コンテナ工業株式会社トウキョウコンテナコウギョウ

東京コンテナ工業株式会社

段ボール事業/研修事業/海外事業
業種 紙・パルプ
商社(紙)/教育関連/コンサルタント・専門コンサルタント/商社(化粧品)
本社 東京

先輩社員にインタビュー

研修事業部
浅岡 桃子(22歳)
【出身】工学院大学  工学部環境化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 研修がスムーズに進むための準備・サポートを担当しています。
今、私はお客様に研修プログラムをご提供する上での必要な準備全般を任せてもらっています。具体的に言うと、合宿研修であれば然るべき宿泊施設を予約したり、研修に必要な備品を購入したり、資料を作成したり。あとは当日の受付やサポートも私の役割です。研修事業部はインストラクターを除けば、3人だけの小さな部署。先輩にたくさん助けてもらいながら、ひとつひとつ必要なことを覚えている最中です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
他の会社ではできないような面白い経験ができるのが楽しいです。
まだ今の部署に配属になって2ヶ月なので、なかなか仕事についてお話しすることはできないのですが、会社全体で見れば、すごくユニークで面白い会社だなと実感しています。
特に面白いのが、新人研修。研修期間の最終月である9月に、お客様でもあるキャベツ農家さんのもとへお邪魔し、実際にキャベツの刈り取り作業をやらせてもらったんです。普通に生活していてもなかなかできないことなので、それだけで楽しかったし、何より印象的だったのは農家さんからの言葉。「朝露が多いときは普通の段ボールじゃ濡れて使いものにならないんだけど、東京コンテナ工業さんの段ボールは耐湿性が高いからすごく助かっているよ」とお話を直接伺えたときは、自分たちの事業がお客様の役に立っているんだっていうことを実感できて、すごく嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で学んできたことが活かせる業種だなと思ったのがきっかけでした。
大学で植林事業の研修をしていたこともあって、自然と紙関連の業種に携わることができたらなと考えるようになりました。業界研究を進める中で、ふと興味を持ったのが包装業界。その流れで当社のことも知りました。一度、インターンで工場を見学させていただいたんですが、そのときの職場の雰囲気もすごく良さそうだったし、段ボールが出来上がる工程も間近で見て面白そうだった。あとは、面接でも私のことをしっかり見た上で評価してもらえた感覚があったので、ここに入ろうと決めました。
 
これまでのキャリア 研修(約6ヶ月)を経て、研修事業部(現職・入社1年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

新卒での就職活動は人生で1度だけ。理系の方は研究で忙しかったりするかもしれませんが、1回きりのチャンスだからこそ、自分が入りたいと思える会社を妥協なく探してほしいですね。応援しています。

東京コンテナ工業株式会社の先輩社員

人事・総務の専門家として、一緒に働く仲間たちをサポートする。

TCグループ本部 総合管理部 人事・総務課
渡部 さき子

新しく経理業務を任されることに。日々勉強と刺激の毎日です。

財務経理部
長谷川 龍我

各事業部を見渡し、事業計画の進捗を管理する。

経営企画本部 企画部
清水 朗
東邦大学 理学部化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる