あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
アイオイニッセイドウワソンガイホケン
2021

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

あいおいニッセイ同和損保
業種
損害保険
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

損害保険の役割をひとことで言えば、「入口(保険の引き受け)から出口(保険金の支払い)まで、お客さまをリスクから守る」こと。それを成し遂げるためにはさまざまな力が必要です。「入口」を担う営業部門、「出口」を担う損害サービス部門、また、営業と損害サービスの仕事をバックアップする本社管理部門等、多くのスペシャリストが活躍しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする会社を目指して

あいおいニッセイ同和損保は、国内シェアNo.1の損害保険グループである「MS&ADインシュアランスグループ」の中核会社として、すべてのお客さまに高品質の商品・サービスをお届けし、一人ひとりのお客さまからの確かな信頼を基に発展する企業を創造します。明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする会社を目指してグループとして掲げる5つの行動指針である「お客さま第一」「誠実」「チームワーク」「革新」「プロフェッショナリズム」に当社独自の「地域密着」と「情熱」を指針に加え、明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする「特色ある個性豊かな会社」を目指しています。

戦略・ビジョン

先進性・多様性・地域密着

【1.先進性】最先端のテレマティクス技術を活用した国内初の運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」の販売を契機に、安全・安心なクルマ社会の実現に一層貢献していきます。【2.多様性】これまで築き上げてきたトヨタグループ、日本生命グループとのパートナーシップを最大限活用し、具体的な成果創出に向けてスピード感を持って取り組んでいきます。【3.地域密着】地方創生推進に役立つ取り組みが全国各地でご好評をいただき、200を超える地方公共団体と連携協定を締結するとともに、内閣府特命担当大臣(地方創生担当)から表彰を受けるなど多方面から高い評価を受けています。

会社データ

事業内容 損害保険業
国内・海外営業(損害保険の引受)、損害サービス(損害の調査・保険金の支払)、商品開発、営業推進、資産運用、情報システム、国際業務 他
設立 1918年6月30日
資本金 1,000億円
正味収入保険料 1兆2,220億円(2017年度)

代表者 取締役社長 金杉 恭三
従業員数 13,287人
(2018年3月31日現在)
事業所 ■国内ネットワーク(2018年4月1日現在)
営業部・支店:114ヶ所
営業課・支社・室・営業所:428ヶ所
サービスセンター・サービスオフィス:198ヶ所

■海外ネットワーク(2018年3月31日現在)
海外支店:2ヶ所
海外駐在員事務所:13ヶ所
海外元受代理店:3ヶ所   
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)