熊野油脂株式会社
クマノユシ
2021

熊野油脂株式会社

企画、生産、販売までの一貫体制
業種
化粧品
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

当社は、主に化粧品やシャンプー、ボディソープ、クレンジングオイルなどの
企画からデザイン、開発、製造、販売までを一貫して行っています。

自社ブランドとして販売している商品のほかにも、PBやOEMとして供給している商品も多数。

全国のドラッグストア、スーパー、ホームセンター、コンビニ、バラエティストア、
ギフトショップなどで販売しており、日本全国 殆どの店舗で当社の商品が並んでいます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

企画から開発、製造、販売までのスピード感で高収益企業に成長。

当社では、主に化粧品やシャンプーなどの企画、開発、製造、販売を行っています。開発した商品は全国のドラッグストアやコンビニ、スーパーなどで販売。今では経常利益率10%を15年以上(近年は15%以上達成中)の高収益企業へと成長しました。当社が大きく成長を続けている理由は、開発のスピードです。世の中のニーズは日々変化します。「世の中ではどのような商品が求められているのか?」「どのような商品が喜ばれるのか?」このような事を考え、新商品を検討します。決定したらすぐに企画開発に着手し、どこのメーカーよりもいち早く全国の店頭に商品が並びます。入社一年目の社員でも、自分の企画した商品が全国に並ぶこともあります。

仕事内容

新人も活躍できるチームワークが、素早い商品化を実現。

当社の強みは、顧客のニーズを素早く集め、それをスピーディーに商品化できる一貫体制。この強みを活かすためには、まず営業スタッフが各店舗の現場からリアルな「声」を聞くことが大切です。具体的には、当社のお客様であるドラッグストアやスーパーのバイヤーと直接話をします。そこで困っていることや、顧客のニーズを聞きます。「ノンシリコンのシャンプーが欲しい」「濡れた手でも使えるメイク落としが欲しい」そのような声をもとに新商品の企画がスタート。デザインや配合などさまざまな面で意見を出し合います。ここで大切なのはチームワーク。新人でもベテラン社員でも積極的に意見を言えるチームワークを大切にしています。

施設・職場環境

新本社社屋と2017年秋完成の新工場。働きやすい環境が魅力です。

働きやすい落ち着いた職場環境が、働く人たちの能力を最大限に発揮する。そのような考え方から、当社は人と設備への投資を惜しみません。4年前には本社社屋を新築。ジャズが流れるトイレ、オープンテラスのあるラウンジ、チームワークの為のコミュニケーションスペースなど、新しいアイデアや発想が生まれやすく、働きやすい環境を整えました。そして2017年秋には新工場が完成。今まで以上に多くの商品をスピーディーに製造することができます。当社は多くの顧客の支持のもと、高い収益率を誇ってきました。しかし、そこで得た利益は常に次のステージに進むために社員と設備に投資し続けています。この循環が会社を成長させているのです。

会社データ

事業内容 ■化粧品・医薬部外品などの企画、開発、製造、販売
■業務用洗浄剤の開発、製造、販売
設立 1952年2月10日
資本金 3,000万円
従業員数 300名(パート含む)
売上高 95億円(2018年12月実績)
代表者 代表取締役
水野 浩司
事業所 ■本社・工場
愛知県瀬戸市熊野町35
TEL:0561-82-9245 FAX:0561-84-9464

■第1中央商品本部
愛知県瀬戸市品野町3丁目439-39

■第2中央商品本部
愛知県瀬戸市品野町3丁目132-11

■穴田商品本部
愛知県瀬戸市穴田町737番地12

■暁商品本部
愛知県瀬戸市穴田町737番地19

■暁原料倉庫
愛知県瀬戸市暁町3-35

■品野物流センター
愛知県瀬戸市上品野町1380-56

■名古屋商品センター
愛知県名古屋市守山区白山3-1106
沿革 昭和27年 熊野油脂株式会社を設立
昭和63年 名古屋市守山区に商品センターを新築
平成 1年 関連会社 有限会社白山を設立
平成 3年 本社社屋を新築
平成 8年 液体製品を中心とした工場を新築
平成 9年 瀬戸市上品野町に物流センターを新築
平成13年 瀬戸市陶原町に事業用地を取得
平成15年 瀬戸市品野町に事業用地を取得
平成16年 瀬戸市品野町に第1中央商品本部を新築
平成17年 瀬戸市熊野町に新工場用地を取得
平成18年 瀬戸市品野町に事業用地を取得
平成18年 瀬戸市熊野町に化粧品を中心とした第二工場を新築
平成18年 関連会社 ビューアプロダクツ株式会社を設立
平成20年 瀬戸市西権現町に事業用地を取得
平成21年 瀬戸市品野町に第2中央商品本部を新築
平成21年 瀬戸市熊野町に新工場用地を取得
平成22年 瀬戸市品野町に事業用地を取得
平成22年 瀬戸市陶原町に事業用地を取得
平成23年 瀬戸市熊野町に化粧品・医薬部外品を中心とした第三工場を新築
平成23年 関連会社 インタービューティー株式会社を設立
平成24年 瀬戸市穴田町に穴田商品本部を取得
平成24年 瀬戸市穴田町に暁商品本部を取得
平成26年 新本社社屋を新築
平成27年 瀬戸市暁町に暁原料倉庫を新築
平成29年 瀬戸市陶原町に事業用地を取得
平成29年 瀬戸市熊野町に第四工場を新築
商品化までの流れ アイディアが商品化され、世の中に生み出されるまでには
以下のような様々な工程があります。

商品開発会議

商品の企画・研究開発

試作

商品化のためのパッケージデザイン等の決定

生産計画

製造・品質管理

商品化

物流

出荷

化粧品は、流行の移り変わりが激しいもの。
それだけに、ヒット商品を生み出すチャンスが多いということです。
重要なのは、ユーザーの声を丁寧に聞き、
ニーズに合った商品を生み出すこと。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)