オハヨー乳業株式会社
オハヨーニュウギョウ
2021
業種
食品
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

当社は、飲料、プリン、ヨーグルト、アイス等の乳製品を製造販売している全国展開の乳業メーカーです。当社の一番の強みでもあり、業界内でも高い評価を得ているのが、商品のおいしさです。素材の良さを活かす技術力と新しいおいしさを生み出す開発力で、他社では作れないような商品を多数生産しています。今後もあっと驚くようなおいしさと、笑顔をお届けしていきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

変わるんじゃない、変えるんだ。

岡山と東京に本社を置く、全国展開の乳業メーカーです。創業から60年以上、素材を最大限活かす技術に磨きをかけ、こだわりのある商品を世の中に届けてきた自負があります。新鮮な卵を自社工場で割卵し使用している焼プリンは当社の看板商品です。しかし、こだわりに込めた思いまでは、強く発信することができていませんでした。これまで以上にホンモノにこだわり、社会的意義を持った商品を、世の中に届ける。世界に誇れる企業へと、成長していく。2016年持株会社「日本カバヤ・オハヨーホールディングス株式会社」を設立。カバヤ食品をはじめとした事業会社と強力なパートナーシップを結んだオハヨー乳業の、新しい挑戦が始まりました。

仕事内容

製造技術職 自分の仕事が喜ばれていることを目にできる瞬間!

仕事の成果が実際の商品として「カタチ」として実感することが出来ます。スーパーやコンビニで並ぶ商品に記載されている日付を見れば、まさに自分があの日に製造した商品だ!とわかります。また、購入されるお客様を目にすることは、製造技術職にとって最大の喜びです。商品を通じて、お客様の健康やおいしい笑顔などをお届けしていることを感じるからです。商品を生み出す為に、様々な部門が努力と工夫を重ねています。他の仲間の思いも含めて最終的に「カタチ」にするのが私たちの仕事。より良い商品を世に提供していく為に、決められたことだけではなく主体的に動ける、「製造技術職人」としてのプライドを持って働ける仲間を待っています。

仕事内容

営業職 ひとつの商談で何万個が動く。全国の店舗に並ぶ醍醐味!

当社の営業職は、担当得意先の本部にて商談を行います。商品の採用が決まると各店舗に商品が並びます。自分の提案次第で、何千何万という数の商品が動く仕事です。商談では商品紹介のみではなく、売り場でのコーナー展開のあり方や情報提供なども行います。商談が成立することは、簡単なことではありませんが、自身の提案が店舗で反映されている光景を見ると、大きな充実感が得られます。また、自社の商品が口にされ、笑顔になる場面に沢山遭遇出来ることもこの仕事の醍醐味の1つです。公園の子供たち、通勤途中のビジネスマン、家族との朝食…その場面は様々です。思わずニヤリとしたい方、ぜひ当社で一緒に頑張りましょう。

会社データ

事業内容 乳製品の製造・販売
設立 昭和28年6月29日
資本金 1億円
従業員数 879名(2018年3月現在)
売上高 503億円(2018年3月)
565億円(2017年3月)
595億円(2016年3月)
561億円(2015年3月)
530億円(2014年3月)
504億円(2013年3月)
486億円(2012年3月)
455億円(2011年3月)
448億円(2010年3月)
428億円(2009年3月)
422億円(2008年3月)
代表者 代表取締役社長 野津 基弘
事業所 ■本社
東京都千代田区
岡山県岡山市

■支店
東京支店/東京都杉並区
中部支店/愛知県名古屋市
関西支店/大阪府東大阪市
中・四国支店/岡山県岡山市
九州支店/福岡県福岡市
東北支店/宮城県仙台市

■営業所
札幌営業所/北海道札幌市
岩手営業所/岩手県盛岡市
新潟営業所/新潟県新潟市
関東営業所/群馬県高崎市
静岡営業所/静岡県静岡市
金沢営業所/石川県金沢市
広島営業所/広島県広島市
香川営業所/香川県綾歌郡
南九州営業所/鹿児島県鹿児島市

■工場
本社工場(本社)/岡山県岡山市
関東工場/茨城県鉾田市
長船工場/岡山県瀬戸内市
沿革 1953年
 岡山市下石井198番地に大日本乳業株式会社を設立。 資本金200万円。
1957年
 社名をオハヨー乳業株式会社に変更。 
1963年
 アイスクリームの製造販売を開始。 
 邑久郡長船町に粉乳工場を新設。 
1964年
 東京営業所を開設。 
1966年
 現在地に本社工場及び事務所を新築移転し、操業を開始。 
1969年
 オーストラリア酪農庁の指定を受け、本社工場内にチーズ工場を新設、製造販売を開始。 
1982年
 長船工場にヨーグルト工場を新設し、ドリンクヨーグルトを発売。500mlのホームユースタイプが大ヒット商品となる。 
1983年
 オーストラリアの乳業メーカー「ガーデンシティ社」へドリンクヨーグルトの製造技術を供与。 
1983年
 東京都中央区日本橋に日本橋フジビルを新築、積極的な販売活動を開始。 
1985年
 CIシステムを導入し、ロゴマークを一新、新たなスタートを切る。 
1986年
 横浜営業所、静岡営業所及び広島営業所を開設。 
1988年
 京都営業所及び尼崎営業所を大阪支店に統合し、近畿圏の販売体制を強化。 
 日本橋フジビルに東京企画室を新設、積極的なマーケティング活動を開始。 
1989年
 首都圏及び関東以北の生産拠点とすべく茨城県鹿島郡大洋村に関東工場を新設。 
1992年
 焼プリン市場への本格参入に伴い、関東工場内に焼プリン専用工場を新設。 
1993年2月
 『焼プリン カスタード』が食品ヒット大賞において優秀ヒット賞を受賞。 
1994年
 オーストラリアのリーガルミルクプロダクツ社と業務提携し、アイスクリームの委託生産を開始。
1998年
 総合衛生管理製造過程「HACCP」の第一次承認を取得。 
2000年
 関東工場内にヨーグルト工場を増設。 
 岡山リサーチパーク内に「I.R.D.S」を開設。 
 札幌に駐在所を開設。 
 独自のプロバイオティクス乳酸菌『L-55乳酸菌』を発見。   
2001年
 工場で「ISO14001」の認証を取得。 
2005年
 岡山大学との共同研究による「マウスアレルギーモデルに対するL-55乳酸菌の効果」について、日本農芸化学会で発表。 
2006年
 『こんがりバニラプリン』が平成17年度の食品ヒット大賞にて優秀ヒット賞を受賞。 
2007年
 岡山大学との共同研究による「内モンゴルの馬乳酒から分離した酵母がラットの血清脂質に及ぼす影響」を第61回 日本栄養・食糧学会大会で発表。 
2008年
 「モンドセレクション」において『特濃4.4ミルク」』と『生チョコがおいしいアイスバー』が2008年度金賞を受賞(2年連続受賞)。 
 本社敷地内にアイスクリームの工場棟を新設。生産を開始する。 
2009年
 本社工場が経済産業省 中国経済産業局より「エネルギー管理優良工場」として表彰。 
 岡山県産の白桃から見つけた“植物乳酸菌P2L9”を使用したヨーグルトを商品化。 
 食品の国際的な品評会である「モンドセレクション」において、『特濃4.4ミルク』と『生チョコがおいしいアイスバー』が3年連続で金賞を受賞。また“インターナショナル、ハイクオリティ・トロフィー”も同時に受賞。
2011年
 岡山大学・九州保健福祉大学との共同研究により、「L-55乳酸菌のウイルス予防効果」に関して日本薬学会第131年会で発表
2016年
 日本カバヤ・オハヨーホールディング株式会社が設立
 東京企画室、東京支店を東京本社に統合

2016年
 スウェーデンのバイオガイアAB社とロイテリ菌に関するライセンス契約を締結

2017年
 新ロゴマークを導入
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)