菊姫合資会社
キクヒメ
2021

菊姫合資会社

菊姫/酒造
業種
食品
その他製造
本社
石川

私たちはこんな事業をしています

【インターンシップエントリー受付中】
私たちは石川県にて日本酒「菊姫」の製造をメインに行っております。
お酒に適した最高品質の酒米、山田錦(兵庫県三木市吉川産)を原料に、毎年安定した品質やより良い日本酒の製造に励んでいます。私たちの歴史がはぐくんだ技術と、蓄積したデータをもとに常に最高の味を追求しています。
これからも皆様においしい日本酒を楽しんでいただけるよう清酒製造に精進していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

菊姫の酒造りへのこだわり。マイスターが紡ぐ3つの要素

菊姫の酒造りは、最高の酒米(山田錦)から引き出された旨味のある酒を安定して提供し続けることを目指しています。そのためには単純に「伝統」「秘伝」と言う言葉ではなく、自然科学の考えをしっかり取り入れることにより安定した品質の魅力ある酒(酒造り)を実現しています。「人」「設備」「米」の3つの要素を全て活かす必要があるのです。菊姫では、マイスターという職種として、それぞれの「こだわり」を機能させる役割の人がいます。人、米、設備から出てくる情報を共有し、確認し、蓄積することでさらなる効率化と安定化を目指す。技術だけではなく、データの蓄積と広い連携によって菊姫の味は提供され、常に進化を続けているのです。

社風・風土

職人の技を持つ技術者として。周囲との協働を大切にしています。

マイスターと呼ばれる菊姫の社員は技術職のプロとして扱われています。通常では杜氏という酒造りを代々行ってきた職人から順に、社員、蔵人という階層型で仕事をする酒造がほとんどです。しかし、私たちは全員に対して等しく菊姫の進化のための提案を求めています。意見を出すことはもちろん、酒造りにかかわる様々な仕事を分担して行うこともあります。畑仕事に設備の調整などやるべきことは数多くあります。だからこそ、菊姫に携わる人々は様々なことに挑戦し、全員から意見を出せるようになるのです。職人である必要はありません。技術を知り、新しい発想を出し、様々なことに挑戦するからこそ、菊姫の社員はさらなる成長を遂げるのです。

事業優位性

一切の妥協を排した酒造りで、酒本来の旨みを追求します。

酒を造ることは実は簡単です。水と米を使い、麹と酵母があれば酒はできます。菊姫が目指すのは、常に「旨み」を追求し、いつでも変わることのない魅力の提供です。そのためには、品質においても製造段階においても一切の妥協を許しません。厳格な品質管理、菊姫として目指す品質に向けての製造方法の確立と改善。あらゆる角度のアプローチを行い続けることで、菊姫の酒の「こだわり」を当たり前のものと感じていただきたい。常に酒造りの中で試行錯誤のサイクルを回し続けることで、妥協のない当たり前の水準を築き上げ、今後も旨いと信じたお酒を造りづけていきます。

会社データ

事業内容 清酒製造
設立 天正年間(1573~1592)、「小柳屋」として創業
明治35年 合資会社柳酒造店に改組
昭和3年 菊姫合資会社に改組
資本金 1000万円
従業員数 38名(2012年時点)
売上高 非公開
代表者 17代目菊姫合資会社代表
柳 達司
事業所 本 社 : 石川県白山市鶴来新町タ8番地
      清酒製造場(明治蔵、昭和蔵、平成蔵)、貯酒場、瓶詰・製品工場、出荷事務所

八幡工場 : 石川県白山市八幡町393番の1
        精米工場、単式蒸留しょうちゅう製造場、貯酒場、ビン貯蔵用冷蔵倉庫

東京支店 : 東京都中央区日本橋浜町2丁目25番7
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)