ホクモウ株式会社ホクモウ

ホクモウ株式会社

定置網漁業資材の製造・販売/漁業支援/PET/ICトレイ/自動車部品
業種 繊維
水産/商社(繊維製品)/半導体・電子部品・その他/自動車
本社 石川

先輩社員にインタビュー

漁業事業 開発課
川井 雄五(28歳)
【出身】日本大学  生物資源科学部海洋生物資源科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 水中カメラ(ROV)を使って、定置網の調査や点検を行っています。
定置網の調査や点検の仕事をしています。
調査の仕事では、お客様から「急に魚が獲れなくなった」と連絡をいただくと、現場に向かい、水中カメラを使って、網に穴があいていないか、適切に網が張られているかなどをチェックし、原因を探します。
作業に使う水中カメラはラジコンのように動かすのですが、海の中は視界が悪い為、モニターのみを頼りに進める作業となります。初めの頃は、モニターだけに集中し過ぎて海中の上下左右が分からなくなり、位置や方向を見失い、作業に時間がかかることが多かったです。
しかし現在は、網の構造をしっかりと覚え、コンパスをうまく使用するなど工夫することにより作業時間をロスすることが減りました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
魚好きな人にはたまらない仕事です。
この仕事は、いろいろな魚をみることができ、時には野生の魚とも遭遇するので、魚好きの私にとっては毎日が楽しくてたまらない仕事です。また、お客様も私たちを信頼し、頼りにしてくれるため責任とやりがいのある仕事です。出張などで泊りになるとお客様から食事に誘っていただくことも多く、漁師さんしか集まらない(ばんや)というところで、自慢の新鮮な魚料理をごちそうになることもあります。
魚とのふれあいだけでなく人とのふれあいが多いことがこの仕事の魅力ですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で学んだことを活かせることと自分の好みにあっていたから。
大学で学んでいた「魚」に関連する企業を探していました。
石川県は縁もゆかりもありませんでしたが、研究テーマが「定置網」だったこともあり、当社を知りました。“魚好き”という自分の好みと“全国に出張へ行ける”という仕事内容に惹かれ当社に決めました。北は北海道の知床半島から南は鹿児島までといろいろな地域に行く機会があります。
現在は、定置網研究グループのメンバーとして活動しています。少しでも貢献できるよう頑張っていきたいと思っています。
 
これまでのキャリア 4年目(1年目工場勤務→2年以降現場、全国をまわっています)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分に合う企業をみつけることが大切だと思います。もちろん、自分の合う企業なのかは、入ってみないとわからないといいますが、先輩社員の方の話を聞くことが一番わかると思います。私は、面接の際、寮に泊まらせてもらい先輩に話をきくことができたので、納得して入社を決めることができました。

ホクモウ株式会社の先輩社員

オリジナルの定置網設計・販売

漁業事業部 営業部
森田 龍之介
東京海洋大学 生物資源学部海洋生物学科

自動車の車載SW関係の営業を担当しています。

プラスチック事業部
吉田 剛司
コロンビアカレッジ 心理学

網をきちんと編むための準備や設定を行う仕事です。

漁業事業部 生産部
畑 佳寿哉
金沢星稜大学 人間科学部 スポーツ学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる