株式会社グローセル
グローセル
2021

株式会社グローセル

【東証一部上場企業】:半導体・エレクトロニクス専門商社
  • 株式公開
業種
商社(電機・電子・半導体)
半導体・電子部品・その他/精密機器/自動車/商社(総合)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■半導体デバイス・電子部品を扱う専門商社です
~2019年7月1日付で「ルネサスイーストン」より社名を変更致しました~

設立当時から、日立製作所の電子特約店第一号店として活躍・発展してきました。
商社として、提案型営業・技術サポート・設計開発等を通じ、
『お客様の求める技術を具現化(形に)すること』が私たちの役割です。
まだ見ぬ『未来のヒット商品』に関わるお仕事に当社でチャレンジしてみませんか。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

もっと便利で、もっと安全に!生活を支える半導体で社会に貢献

【 60年以上の歴史/東証一部上場企業】私たちの身の周りには、スマートフォン、テレビ、デジカメ、パソコン、音楽プレーヤーなど様々な機器があり、その全ての機器に半導体・電子部品が使われています。今日の快適で便利な生活は「半導体」によって支えられていると言っても過言ではありません。当社はこのような「キーデバイス」を取扱うエレクトロニクス商社としてビジネスを展開し、その領域は「自動車」「産業機械」「家電」「OA機器・通信」「医療」など多岐に亘ります。また、企画・提案型の技術商社としても、各分野を代表する大手メーカーからゆるぎない信頼を得ており、お客様と一体となって、製品開発や社会の発展に貢献しています。

事業優位性

特定の分野や技術に限定されること無く「モノづくり」に参画

当社の特徴の一つは、商社でありながら技術サポート・設計開発部門を有する点です。商材の提供だけに留まらず、既存のサービスでは満たせない高度なニーズにも、当社エンジニアが「技術提案力」「設計開発力」でお応えします。技術部門の社員は全体の約3割。特定の分野に限らず様々な業界のお客様や多様な技術に触れ、モノづくりをできる事は、当社エンジニアならではのメリットといえるでしょう。2018年4月からは、新事業:半導体ひずみセンサー「STREAL」を開始。(内閣総理大臣/日本ものづくり大賞受賞製品)今まで培ってきた独自の技術力や開発力を活用し、ますます安全・安心・快適な超スマート社会の実現に貢献していきます。

社風・風土

温かい社風と教育体制の充実による「人財」育成の文化

半導体と聞くと「難しい」というイメージを持たれるかもしれませんが、当社は教育研修が充実しており、新入社員から中・長期に亘るキャリア形成を応援しています。上司と専属指導員が2年もの間、丁寧に初期指導を行うので、文系や電気・電子系以外の学部出身者の方も、ゼロからスタートして一人前の社会人へと成長していくのです。その後も、様々な外部研修や通信教育等の受講を支援しており、社員一人ひとりが成長し続けられる環境がございます。また、デジタルな製品を扱う当社ですが、社風は非常に温かくオープン。そのため、社員の定着率も安定しています。「働き方改革」も積極的に推進中。社員が働きやすい環境づくりに力を注いでいます。

先輩社員にインタビュー

会社データ

事業内容 ■集積回路・半導体素子・表示デバイス及びその他の電子部品・機器等の販売
 ルネサスエレクトロニクス、日立グループや国内外の半導体・電子部品メーカーから
 製品を仕入れ、お客様に最適な製品及びソリューションを提供しています。

■ソフトウェア開発及び電子機器の開発・設計
 組込み型ソフトウェア、ASIC(カスタムメイドのLSI)を中心にデバイスの設計・開発を実施。
 社員の3割以上にあたる技術部門によって、提供されています。

■高感度半導体ひずみセンサー「STREAL」の開発・製造・販売
設立 1954年12月23日
資本金 50億4,267万円
上場市場 東京証券取引所市場第一部(証券コード9995)
従業員数 470名(2019年3月31日現在)
売上高 783億3,200万円(2019年3月期)
代表者 取締役社長/石井 仁
事業所 仙台営業所
高崎営業所
茨城営業所
立川営業所
名古屋営業所
大阪営業所
福岡営業所
茨城デザインセンター
物流センター(埼玉県さいたま市)
子会社/関連会社 株式会社イーストンワークス、
高導(上海)貿易有限公司
台灣高導股分有限公司
高導香港有限公司
GLOSEL ELECTRONICS(THAILAND)CO.LTD.
GLOSEL ELECTRONICS SINGAPORE PTE.LTD.
GLOSEL AMERICA INC.
主要販売先 株式会社アドバンテスト/市光工業株式会社/岩崎通信機株式会社/沖電気工業株式会社/オリエンタルモーター株式会社/ON Semiconductor Corp/カシオ計算機株式会社/カルソニックカンセイ株式会社/キヤノン株式会社/キヤノン電子株式会社/京セラ株式会社/株式会社クボタ/クラリオン株式会社/株式会社小松製作所/株式会社コルグ/サクサ株式会社/澤藤電機株式会社/シチズン・システムズ株式会社/シナノケンシ株式会社/株式会社シマノ/シャープ株式会社/新電元工業株式会社/シークス株式会社/JUKI株式会社/住友電気工業株式会社/セコム工業株式会社/ソニー株式会社/大日本印刷株式会社/株式会社ダイヘン/東京エレクトロン株式会社/株式会社東芝/東芝テック株式会社/株式会社トプコン/株式会社ナカヨ/株式会社ニコン/ニチコン株式会社/日本金銭機械株式会社/日本光電工業株式会社/日本電気株式会社/日本電産テクノモータ株式会社/日本電波工業株式会社/日本無線株式会社/能美防災株式会社/パナソニック株式会社/日立オートモティブシステムズ株式会社/株式会社日立国際電気/株式会社日立産機システム/株式会社日立製作所/ファナック株式会社/富士通株式会社/株式会社SUBARU/双葉電子工業株式会社/古野電気株式会社/ボッシュ株式会社/三菱重工業株式会社/株式会社安川電機/ヤマハ株式会社/横河電機株式会社/株式会社リコー/ルネサスエレクトロニクス株式会社/その他
(敬称略 五十音順)
主要仕入先 ルネサスエレクトロニクス株式会社/株式会社日立製作所/株式会社日立情報通信エンジニアリング/マクセルホールディングス株式会社/株式会社日立パワーデバイス/株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズ/株式会社日立産業制御ソリューションズ/ウシオオプトセミコンダクター株式会社/Vishay Intertechnology,Inc./凸版印刷株式会社/ミネベアミツミ株式会社/ユークエスト株式会社/株式会社ACCESS/シリコンアーティストテクノロジー株式会社/北陸電気工業株式会社/日立化成株式会社/日本システムウエア株式会社/セイコーNPC株式会社/エイブリック株式会社/クローバー電子工業株式会社/亞洲光學股分有限公司/天津力神電池股分有限公司/EnOcean GmbH/Axcen Photonics Corporation/InnoLight Technology Ltd./Faraday Technology Corporation/Future Communications IC Inc./Giantplus Technology Co.,Ltd./Inphi Corporation/Payton Planar Magnetics Ltd./Silicon Motion Technology Corporation/Unimicron Technology Corp./VIA Technologies,Inc./その他
(敬称略)
平均年齢 43.0歳(男性:45.6歳、女性:34.0歳)
平均勤続年数 13.4年(2018年9月30日時点)
社是 創造と革新
基本理念 当社グループは、常に「創造と革新」の実践を通じて(電子事業に係わり)わが国産業の発展に寄与することを心がけると共に全ての法律を遵守し、社会との調和をはかりつつ、顧客のニーズに合致する商品とサービスの提供に努め、顧客の心を打つ満足を追求し、顧客から最も支持され、信頼される企業として、また、健全な成果と透明な企業経営により、株主の理解と共感を得られる企業となることを経営の基本方針とします。
経営理念 1.顧客(取引先)と相互信頼の構築を図り、良きパートナーシップで連帯をし、誠心、誠意、目標に向かって互恵の努力を続けます。〈顧客とともに〉

2.全ての法律を遵守し、社会との調和を図りつつ、常に社会と共に歩む企業であることを宣言します。〈社会とともに〉

3.質の伴った利益ある成長を通じ、健全な成果と透明な企業経営により、株主の理解と共感を得られる活動に努めます。〈株主とともに〉

4.社員一人ひとりが、社会人として期待されている事柄を自覚し、お互いに同僚を重んじ、人の意見に耳を傾け、企業への参画と貢献の意識を持って、その能力の限りない成長と飛躍へとつなげる取組みに努力することを応援し、公正に評価します。そして、社員のゆとりと豊かさの充実に努め、ともに成長して行くことを目指します。〈社員とともに〉

5.人の健康と自然の営みを大切にし、地球環境の向上に積極的に取組み、持続可能な社会の継続的発展に貢献します。〈環境とともに〉
主な沿革 1954年12月: 電子部品の販売を目的として福島電気工業(株)を東京都千代田区に設立
1955年 7月: (株)日立製作所と特約店契約を締結
1968年11月: 本社を東京都中央区日本橋本石町に移転
1978年11月: 東京都立川市に立川営業所を設置
1984年10月: 商号を(株)イーストンエレクトロニクスに変更
1994年 9月: 日本証券業協会に店頭登録
1998年10月: 物流子会社(株)イーストンワークスを設立
2001年 8月: 海外新会社 高導香港有限公司を設立
2002年10月: 大倉商工(株)の電子営業部門譲受け
2003年 2月: 海外新会社 GLOSEL ELECTRONICS SINGAPORE PTE.LTD.を設立
2003年 4月: (株)ルネサス販売と特約店契約を締結
2003年 4月: 大阪府大阪市淀川区に大阪営業所を設置
2004年 7月: 海外新会社 台灣高導股分有限公司 を設立
2004年 9月: ISO14001認証取得
2005年 5月: 茨城県ひたちなか市に茨城営業所を設置
2005年10月: 海外新会社 高導(上海)貿易有限公司 を設立
2005年10月: 群馬県高崎市に高崎営業所を設置
2006年 3月: エプソンアヴァシス(株)と資本・業務提携を締結
2008年 4月: 海外新会社GLOSEL ELECTRONICS(THAILAND)CO.LTD.を設立
2009年 3月: 本社を東京都千代田区神田司町に移転、ISO9001認証取得
2009年 4月: (株)ルネサスデバイス販売と合併し、商号を(株)ルネサスイーストンに変更
2012年 1月: 海外現地法人販売会社 GLOSEL AMERICA INC. を設立
2013年 1月: Silicon Motion, Inc.社と代理店契約を締結
         FCI,Inc.,社と代理店契約を締結
2014年 2月: 東京証券取引所市場第二部へ市場変更
2014年 9月: 東京証券取引所市場第二部から同市場一部に変更
2015年10月: 茨城県にデザインセンターを設置
2016年12月: (一社)日本経済団体連合会へ加盟
2018年  4月: 新規事業:高感度 半導体ひずみセンサー【STREAL】を開始
2019年  7月: 商号を(株)グローセルに変更

今後も、より「安心・安全・快適」な超スマート社会の
実現を目指し成長を続けて参ります
ISO14001(環境方針) 当社グループは、電子製品の販売及びシステムソリューション提供を主とした技術商社としての事業活動を通して、人々の健康と自然の営みを大切にし、地球環境の向上に積極的に取組み、持続可能な社会の継続的発展に貢献します。
星川運動 環境指針に則り、ISO14001推進委員会では、全員で取り組める環境活動を推進しています。星川運動はその一環で、地域社会への貢献と関係性の向上を目的に、「地域の清掃活動」を行っています。
ISO9001(品質方針) 当社では、お客様にご満足頂ける商品・品質・サービスを提供し、品質マネジメントの有効性の継続改善を図り、法律の遵守と倫理を重んじ、社会との調和を図る事等を柱とする品質方針を定め、取り組んでおります。
障がい者スポーツ活動支援 パラローイングとは、障がいをお持ちの方のボート競技です。当社は我が国唯一の障がい者ボート競技団体「日本パラローイング協会」のオフィシャルスポンサーとして、活動を支援しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)