マルホン株式会社マルホン

マルホン株式会社

商社/卸売/ファッション/アパレル
業種 商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)
商社(繊維製品)/商社(総合)/専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

カジュアル部リーバイス課
松尾 海人(26歳)
【出身】東北学院大学  経済学部 卒
【年収】非公開
活動的なイノベーター
これが私の仕事 メーカーとお店をつなぐ仕事、展示会から訪問営業まで
私はリーバイス課という部署で働いていますが、リーバイスだけではなく様々なブランドを取り扱っています。そのため様々なメーカーとの取引があり、いろいろなアパレル商品に触れることができます。多様なブランド、商品をお客様(セレクトショップ等)にトータル提案するために常にアンテナを張ることが重要です。商品知識だけでなく売れ筋や人気の色などの情報が雑談の中で出ることも多いので、メーカー、お客様、社内でのコミュニケーションをしっかりとることが大事な仕事だと感じています。実際の仕事としてはメーカーの展示会にお客様を呼び込み、次のシーズンの先物受注をいただいたり、実際にお客様のお店の方に伺いサンプルを持っていき現場にて商談を行います。出張が多いですが、楽しみながら仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様からの信頼を得ることができていると感じた瞬間
仕事をしていて一番うれしかったことは、お客様からの信頼を感じた瞬間です。現在3年ほど今の仕事をしてきて、関わるお客様とも3年ほどの付き合いになってきております。最初の頃は右も左もわからずお客様にも多大なご迷惑をおかけしていたと思いますが、最近は大体の注文をお客様につけていただいた後に「松尾さんを信用して、後は任せる」と言っていただく機会がありました。注文の付けたしなどがあれば後はおまかせでつけていいという意味で、このように声掛けされたときはやりがいと責任感の両方を感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 興味のある分野で仕事ができると思ったから、人に魅力を感じた
弊社については合同説明会に行った際に初めて知りました。当時から服には興味をもっており、合同説明会の会場でも人事担当者がスーツではなく私服で参加していたところで他とは何か違うなという漠然とした考えでとりあえず話を聞きにいきました。そして選考を進めていくうちに人事担当者を通して社内のアットホームな雰囲気、冗談なども言い合えるいい意味でフランクな人間関係などを感じることができたので、徐々にこの会社に入りたいという思いが強くなっていき、最終的にこの会社を選びました。
 
これまでのキャリア 営業担当先が増えていく楽しさ。担当営業先は地区で各営業に割り振られており、私の場合は最初は秋田県のみでしたが、現在は他にも青森県と一部北海道を担当しております。毎週のように出張で各県に行っております。

この仕事のポイント

仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自分と向き合う貴重な時間だと思います。面接などで、変に自分を大きく見せたりする必要はありません。自分に合わない会社に無理して入社しても、入ってからきつくなると思うので、自分らしさを考えて軸をもって就職活動に臨めばいい出会いがあると思います!

マルホン株式会社の先輩社員

カジュアル・アウトドア系衣料品ブランドの販売代理店としてルートセールス

カジュアル部メンズカジュアル課
田畑 辰也
東北学院大学 経済学部経営学科

お客様と一緒に、売上を創る

カジュアル部 メンズカジュアル課
千葉 忠彦
福島大学

キーマンとの商談

カジュアル部 リーバイス課
渡部  佑介
東北福祉大学 総合福祉学部 社会教育学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる