山川エンジニアリング株式会社
ヤマカワエンジニアリング
2021
業種
機械
輸送機器/その他製造
本社
福岡

私たちはこんな事業をしています

◆フォークリフト用アタッチメントのメーカーとして44年の実績を誇るパイオニア企業

当社はフォークリフト用アタッチメントや物流バレット用フィルム包装機を設計・製作しています。
お客様の要望を自社設計で仕様に反映、一品一様の機械製作を得意としています。

物流現場の効率化・省人化のために世に無い機械を提供したい。
困難なものでも、知恵を絞って形にする。
そんなモノづくりへの情熱こそが当社の原動力です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

一品一様のモノづくり。アタッチメント製作のパイオニア!

専用のパレットを使って重い荷物も楽に運搬できるフォークリフト。その車体前方にアタッチメントを取り付けることで、掴む、抑える、回すなど、様々な動きを可能にします。当社はお客様のシチュエーションに応じたオリジナルのアタッチメントを設計・製作している会社。例えば鉄の塊を高熱炉に入れたり、出したりする鍛造業界向けのアタッチメントや、同時にたくさんのコンクリートブロックを掴んで運ぶアタッチメントなど、長年にわたり個性的な製品を世に輩出してきました。また、物流現場で荷崩れ防止や防塵のために活躍するフィルム包装機も主力製品。どちらも一品一様というプロダクトコンセプトで高機能・高品質を追求しています。

仕事内容

設計も組み立ても!一から製品をつくりあげる醍醐味

お客様の業種や分野によって必要とされる機能は様々です。当社の技術者は、お客様との打ち合わせ段階から関わり始め、設計はもちろん、部品の組立や納入後の保守までトータルに携わります。自分が一から生み出した製品が、どこでどのように役に立っているのかを自分の目で確かめられるのは技術者冥利に尽きると言えます。手掛ける製品は大半がオーダーメイドなので、一つ手掛ける毎に新しい知識と経験が蓄積されます。常に挑戦とも言える仕事ですが、汗と知恵と努力が詰まった製品が完成し、お客様に喜んで貰えたときの達成感は格別です。自身の成長とやりがいを感じながら、製品を作り上げていく醍醐味を満喫して下さい。

施設・職場環境

転勤なし!プロフェッショナルに育成する教育体制も万全。

お客様のニーズに合わせて設計・製作する製品は、世界に一つと言っても過言ではありません。目指して欲しいのは、求められる機能や性能などを高い次元で実現できるプロフェッショナル。仕事内容との適正次第では殆ど異動することなく、現場で先輩技術者がじっくりと育ててくれます。「いいモノをつくろう、みんなで頑張ろう」という一体感も当社の魅力。新人だからといって物怖じせず、どんどんアイデアを出してください。若い人たちの力で新風を巻き起こして欲しいです。転勤もありませんから、落ち着いた生活設計も可能です。さらにじっくり専門性を磨けることでキャリアアップにつながります。ちなみに、残業は月25時間以内を徹底しています。

会社データ

事業内容 フォークリフト用アタッチメント及びフィルム包装機などの物流機器の設計・製造。

<アタッチメントの可能性を追求し、
フォークリフトを使った効率的な作業方法を提案>

汎用型のアタッチメントだけでなく、
お客様それぞれのニーズに応じたオリジナルのアタッチメントも製作しています。
標準のアタッチメント、特定業界向けのアタッチメント、
そして少し個性的なアタッチメントなど、
世界にひとつしかないオリジナル製品を多数手掛けています。

★アタッチメントの世界を堪能!画像はこちら↓

http://www.yamakawa-eng.co.jp/att-top.htm


<物流現場で大活躍!ストレッチフィルム包装機>
ストレッチフィルム包装機は、物流運搬用パレット上の荷物を
そのままフィルムでグルグル巻きにして梱包してしまう機械です。
フォークリフトに荷物を包装機のテーブル上に載せてもらい、人がスイッチを押して動かす「汎用機」と、工場のコンベアを流れてくる荷物を梱包する、すべて自動化された設備の中に据え付けてしまう「全自動機」の両方を製作しています。

★ストレッチフィルム包装機の詳細はこちら↓
http://www.yamakawa-eng.co.jp/contents2.html
設立 1975年(昭和50年)
資本金 4800万円
従業員数 34名
売上高 10億3300万円(2018年6月期)
代表者 代表取締役社長 山本繁
事業所 ■本社 /福岡県糟屋郡須恵町植木1265-24
■大阪営業所/大阪府大阪市大正区小林東3-7-19
■関東営業所/東京都千代田区飯田橋4-4-8
主な取引先 住友ナコフォークリフト株式会社
三菱ロジスネクスト株式会社
コマツカスタマーサポート株式会社
豊田自動織機株式会社など国内主要フォークリフトメーカー
沿革 ◎1975年 福岡市博多区にて創業
◎1977年 フォークリフト用アタッチメント設計・製作・販売を開始
 トラッククレーン用アタッチメント設計・製作・販売を開始
◎1981年 三菱重工業(株)殿(現・三菱ロジスネクスト)とフォークリフト用アタッチメント取引開始
◎1983年 住友ナコマテリアルハンドリング(株)殿(現・住友ナコフォークリフト)とフォークリフト用アタッチメント取引開始
◎1984年 JXエネルギー(株)殿とシートパレット事業の全国展開に伴い、ロードプッシュプル装置の本格的な販売を開始
◎1986年 日産自動車(株)殿(現・ロジスネクストユニキャリア)とフォークリフト用アタッチメント取引開始
 福岡県須恵町に現在の本社工場を建設・移転
◎1987年 汎用型ストレッチフィルム包装機「バンドル」を発売開始
◎1995年 オランダ・Meiler Handling Solutions社と技術提携、スライダーフォークの販売を開始
◎2001年 東京・飯田橋に関東営業所開設
◎2017年 環境ISO14001-2015認証取得
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)