泉陽機工株式会社
センヨウキコウ
2021
業種
プラント・エンジニアリング
設備・設備工事関連/機械/メンテナンス・清掃事業
本社
茨城

私たちはこんな事業をしています

【鹿島製鉄所を陰で支えてきた立役者】

「泉陽機工」は鹿島製鉄所内の機械メンテナス・据付け等を行う企業。
自動車のボディーや家電、鉄道の車輪などに用いられる金属板や鋼管をつくる製鉄所を
創業以来、60年以上にわたって支え続けてきました。
長年培った高い専門性と技術力で、協力企業からも確かな信頼を獲得しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

◆鹿島製鉄所を支える存在。

鹿島製鉄所のプラント内で日々生み出されている金属製品。自動車や家電製品といった、私たちの生活に深く関わる製品の“もと”となるこれらの金属製品は、私たちの据付けた機械によって生産されています。製鉄所内では年間約715万トンもの粗鋼が生産されているため、定期的な機械メンテナンスが不可欠。鹿島製鉄所の始業当初からプラント内の機械据付けやメンテナンスに携わり、長年にわたって操業を支えてきたのが私たち『泉陽機工』なのです。私たちが長年培った技術力は高い評価を獲得。特にモーターの芯を合わせる“センターリング”と呼ばれる作業は、製鉄所内でも随一の精度を誇っています。

仕事内容

◆代々受け継がれる専門性の高い技術。

大きなもので全長30メートル以上、重さは約40トン。小さなものでも数十キロ級。これが私たちの扱う機械。一般的な工場にある工作機械とは比べ物にならないくらい大きな機械も手掛けるのが、私たちの仕事の特徴です。機械自体は大きなものですが、求められるのは1/100mm単位の精度。正確な作業が求められます。また、鹿島製鉄所では各メーカーが企業秘密にしている重要部品も多く生産しているため、基本的には機械の設計図や説明書はありません。そのためプラント保守エンジニアの経験と勘がものを言う、専門性の高い仕事がほとんどです。現場の職人から職人へ、代々受け継がれてきたノウハウが精度の高い修理・メンテナンスを可能にしています。

魅力的な人材

◆仲間意識を持ってチームで挑む。

大きな機械を手掛けるため、据付けも修理・メンテナンスも常にチームで行います。互いにコミュニケーションをとりながら、自分の役割をしっかりと把握して仕事を進める必要があるため、この仕事には協調性が大切です。そのため一緒に働く「仲間」として、互いを思いやる気持ちを持ち、力を合わせて挑める方を求めています。ゆくゆくは仕事をする上で技術や資格も必要になってきますが、入社後に習得可能ですので“ゼロ”からのスタートで構いません。私たちと一緒に一つずつできることを増やし、この道のプロを目指しましょう。

会社データ

事業内容 ■機械製作、据付、修理および重量物運搬
■製缶および配管工事
■上記に付随する業務
設立 1963年(創業:1950年)
資本金 3000万円
従業員数 48名
売上高 3億4000万円(2015年実績)
代表者 代表取締役 森 博昭
事業所 【本社】
茨城県鹿嶋市新浜21

【大阪事業所】
大阪府大阪市此花区島屋5-1-109
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)