株式会社ユタカ技研
ユタカギケン

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

株式会社ユタカ技研

「Hondaグループ」「JASDAQ上場企業」
  • 株式公開
業種
輸送機器
自動車/機械
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

Honda直系の中核サプライヤーとして、精密プレスと精密溶接のコア技術を中心にモノづくりを行い、
環境対応型製品への展開を積極的に進めています。
開発段階から完成車メーカーと協力し、メーカーの求める製品を生み出しています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

Yutakaが創り出すもの。

Hondaと同じ目線で生み出される技術。エンジン設計と同時に進められるトルクコンバータ設計。エンジンとミッションの間に位置する動力伝達のKey部品です。Honda車を知り尽くしたエンジニアが、独自のテスト設備を駆使し、最先端のテクノロジーを生み出していくのがYutakaの仕事です。音色、パワー、生産コスト、すべてを考慮し生まれてくる排気系システム(排気触媒コンバータやサイレンサーなど)。各車の戦略によって要求される達成目標はまったく違う。音色をとるのか?パワーなのか?コストなのか?エンジンの出口からの一貫して開発することができるYutakaだからこそ、チューニング、問題に対する提案ができるのです。

技術力・開発力

自動車の未来と共に進化するYutakaのものづくり

現在大きな人気を集めているハイブリッド車。環境を守ると同時に重要な低燃費を実現するためには、様々な部品に高い技術力が求められています。エンジンの回転を滑らかに伝えるフライホイール、排気ガスを浄化する触媒コンバータ、そして騒音を低減するサイレンサーといった部品も、それぞれの機能を高めるとともに燃費を向上するために究極の軽量化が求められています。Yutakaは高い開発力と生産技術力でそれぞれの部品の機能を高めるとともに部品のコンパクト化・軽量化を実現。Hondaの新型ハイブリッド車には、Yutakaの製品が搭載されています。自動車技術の進化を見据えYutakaのものづくりは進化を続けています。

戦略・ビジョン

社員ひとりひとりが主役となり、更なる価値を提供する企業へ!!

当社では入社2年目の生産技術社員に、積極的に海外出張する機会を設けています。実際に自分の足で現地に入ることで、現地の生産ラインの立ち上げや改善を自ら体感することに繋がるからです。生産技術に限らず製品開発も同様で、配属間もない時から自分の担当機種を持ち、新人といえどもチームの一員として主体的に仕事を進めていく場面が少なくありません。もちろん、最初は分からないことも多いでしょう。しかし、このように若い時から挑戦ができるということは、それだけ色々な経験ができ、成長のスピードが早まるということ。新人も中堅もベテランも、一人一人が能力を最大限に発揮し、チャレンジできるフィールドが当社にはあるのです。

会社データ

事業内容 ◇自動車部品の製造及び販売等を行う、Honda直系の中核サプライヤー。

ユタカ技研は、1954年7月に設立された有限会社鳥居塗装と、1976年12月に設立されたプレス技研工業株式会社が合併し、1986年に誕生した。四輪自動車部品の駆動系製品、排気系製品、制動系製品を3本柱に、浜松市の本社・豊製作所を中心にものづくりを行い、順調に業績を伸ばしてきました。1994年には、フィリピンのラグナ市に、ユタカ技研初の海外拠点であるユタカ・マニュファクチャリング インコーポレーテッドを設立し、海外でのものづくりをスタートさせました。その後、北米、欧州、中国、南米への進出を果たし、海外における業績も順調に伸ばしてきました。現在では、ユタカ技研の売上げの70%を占めるまでに成長を遂げ、海外拠点の重要性は、ますます高まってきています。ユタカ技研は新しい時代にも、「期待される企業」であり続けるため技術とものづくりの進化に全力で取り組んでいます。
事業の特徴 ◇自動車の未来と共に進化する”環境に優しい製品づくり”◇

ユタカ技研は、「Clean For The Future」のブランドスローガンのもと、”環境に優しい製品づくり”をテーマに、開発から生産まで一貫した体制で取り組んでいます。

■設計・シミュレーション・解析のためのシステム導入に注力、高性能・短納期の要求に高いレベルで対応しています。
□生産においては、高精度・高品質なプレス技術や溶接技術が力を発揮しています。
□世界に先駆けたバギー用小型トルクコンバータからトラック用大型トルクコンバータまで、新技術への取り組みも積極的に行っています。
□海外にも12拠点と、幅広く展開しています。
設立 1954年7月1日
資本金 17億5,400万円
従業員数 969名(2018年3月31日現在)
社員平均年齢 43歳
売上高 1,811億5千8百万円(2018年3月期)
売上高推移(連結) 1,571億7,600万円(2017年3月期)
1,653億1,500万円(2016年3月期)
2,051億2,000万円(2015年3月期)
代表者 代表取締役社長 黒川 勝弘
事業所 国内拠点/
本社・豊製作所(静岡県浜松市)
栃木開発センター(栃木県さくら市)
三重製作所(三重県津市)
嵐山製作所(埼玉県比企郡嵐山町)

海外拠点/
CYT・ACYT(アメリカ)
UYS(イギリス)
YMPI(フィリピン)
YMI(インドネシア)
CFF・CFY・WJF(中国)
YST(タイ)
YDB(ブラジル)
YAI(インド)
YDM(メキシコ)
代表商品・サービス □駆動系(四輪オートマチック用トルクコンバータ、フライホイールなど)
□排気系(触媒コンバータ、エキゾーストパイプ、サイレンサー、ヒートコレクターなど)
□制動系(二輪ブレーキディスク)
□モーター部品
トルクコンバータ トルクコンバータは、エンジンの出力をミッションに伝達するためのオートマチック車専用の部品です。
油という流体を利用した動力を伝達する装置であり、クルマの燃費性能を左右する重要部品です。
ユタカ技研は他に真似のできない開発基盤を構築してきており、伝達効率を向上させながらコンパクト化、軽量化、コスト低減を達成しています。
排気系トータルシステム 排気系トータルシステムは、エンジンで燃焼させた排気ガスを、心地よいサウンドでクリーンに大気に戻すための機能部品の総称です。
時代・メーカーに応じる環境性能・音色・耐久性を実現するため、クルマの開発段階から参加し、一貫生産体制によりトータル的なシミュレーションを実現。
より高いレベルでの「提案」を可能にしています。
排気シミュレーション、試作、実機テストを繰り返し行い、お客様の理想、環境、エンドユーザーの走る喜びを生み出します。
ブレーキディスク ユタカ技研は、レースで培ったノウハウから、高性能なブレーキディスクを生み出しています。
オートバイの高性能化に対応しながら、小型、軽量、高機能、耐久性、ローコストの実現は、ニューモデル開発の中でさまざまな試作シミュレーション、解析、テストにより生み出されています。
主要取引先 本田技研工業株式会社
株式会社本田技術研究所
株式会社ホンダトレーディング
いすゞ自動車株式会社
スズキ株式会社  ほか
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)