株式会社リクルートメディカルキャリアリクルートメディカルキャリア

株式会社リクルートメディカルキャリア

株式会社リクルート100%出資/医療/IT/情報/人材/広告/コンサル
業種 人材サービス(人材紹介・人材派遣)
医療関連・医療機関/コンサルタント・専門コンサルタント/情報処理/広告
本社 東京

先輩社員にインタビュー

領域企画部 サイト企画グループ
日高 賢吾
【年収】非公開
これが私の仕事 医師向け求人サイトの担当者としてPDCAを回していく仕事です。
カスタマー(医師)の求人サイトの担当者として、転職希望カスタマーを集める仕事をしています。どうすればカスタマーのニーズに応えられ、サービスを利用してもらえるかを考え、定性・定量両面から分析をし仮説を立て、改善策を企画していく仕事です。自分の考えた企画について実際に動かしていくことができ、裁量のある仕事だと感じています。現在入社1年目で、知識やスキルの足りない部分だらけですが、周囲の人に助けてもらいながら仕事に取り組んでいます。また、その他にソーシャルメディアの運用も担当しています。サイト以上にダイレクトに反応が見えるため、試行錯誤しながら日々改善を重ねています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
他の部署の人でも巻き込んで動かしていく力の重要性
サイトの改善のための施策を立てていた時のことです。施策を進めるにあたり、どうしても営業の人たちに協力をしてもらわなければならないことがありました。営業の人たちからすると仕事が増えることになるわけで、どうすれば営業の人たちに動いてもらえるかを上司に相談して考えました。そして、「自分がAまでやるから、Bだけやって欲しい、そうすればCというメリットがある」と伝え方を工夫して、快く引き受けてもらうことができました。この出来事から、立場の違う人たちをどのように巻き込んで施策を進めていくか、その考え方を掴むことができたと感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き リクルートの文化×医療分野の課題感×会社の規模感
私の入社の決め手は3点あります。1点目は、リクルートグループの企業のインターンに参加した際に、「自分事」として課題に取り組む社員の姿勢に魅力を感じ、リクルートの文化に興味を持ちました。2点目は、医療業界の人材面における課題感です。私は地方出身ということもあり、情報や機会の格差・非対称性といった問題に取り組みたいと漠然と考えていました。医療人材の課題感はそれと近く、やる意義も大きいと感じました。3点目は、会社の規模が「大きすぎなかった」点です。弊社であれば、早い段階からより多くの経験を積むことができるのではないかと思えました。これら3点から、弊社への入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 入社後半年はアプリの企画などを行っており、その後部署内での異動によりサイト担当となりました。

この仕事のポイント

職種系統 調査・マーケティング
仕事の中身 高齢化社会について考える仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

人の目を気にしすぎたり、自分に嘘をついたりしない方が良いと思います。もちろん礼儀やマナーは必要ですし、時には本音と建前を使い分けることが役に立ちます。ですが、就職するためだけに自分をごまかしても、その後が辛くなるだけではないでしょうか。就職はゴールではなく、自分がやりたいことを実現したりスキルを身に付けたりするための1ステップだという考えを持って、将来のことを思い切り悩んでみてください。

株式会社リクルートメディカルキャリアの先輩社員

医師の転職支援。求人探しから入職後のサポートまで。

ドクターエージェントサービス部 関西グループ
松本 まい子

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる