日本映画放送株式会社
ニホンエイガホウソウ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

日本映画放送株式会社

日本映画専門チャンネル/時代劇専門チャンネル
業種
放送
広告/出版/芸能・芸術
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は「日本映画専門チャンネル」と「時代劇専門チャンネル」を放送している放送局です。
多くの視聴者にご支持いただき、2020年に開局22年目を迎えます。
これからも沢山の人たちに愛され選ばれ続けるチャンネルであるために、色々な作品や企画を組み日本映画と時代劇の面白さを伝えていきます。また他では見られない自社オリジナルの映画や時代劇の制作にも注力し、唯一無二の「放送局」を目指していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

放送人としての責任

「日本映画専門チャンネル」は新作から不朽の名作まで日本映画を中心とした幅広い映像コンテンツを、「時代劇専門チャンネル」は名作・傑作時代劇ドラマや映画さらには時代劇をモチーフにしたアニメや特撮、舞台中継まで網羅して放送しています。全ての映像作品の作り手と彼らの仕事に敬意を払いつつ、放送作品は社員が「視聴者に届けたい、見てもらいたい」と強く思う良質な映像コンテンツを厳選しています。放送は、社会的に大きな影響力を持つ責任ある仕事です。私たちは放送を通じて、人々が楽しく豊かにすごせるように貢献したいと考えています。そのために社員一人ひとりが誇りを持ち、一丸となって仕事に取り組んでいます。

事業・商品の特徴

チャンネルブランドの創出

過去の映画やドラマを流すだけの放送局が多い中、当社は劇場新作映画やオリジナル時代劇などコンテンツ制作にも力を入れています。自社で企画制作する作品は年々増えており、放送だけではなく、劇場公開や配信、さらには映画祭、海外マーケットへの出品などテレビを飛び出した取り組みも行っています。2つのチャンネルを中心に様々なメディア・企業とタッグを組むことでさらに大きなムーブメントを起こすべく、ユニークな仕掛けと切り口でチャンネルブランドを創出していきます。

事業・商品の特徴

企画は無限大。だからこそ難しく、そして楽しい

放送局であることを強く意識し、劇場や配信とは違う放送ならではの楽しさを提供するべく日々新しい企画を考えています。監督特集や俳優特集など趣味性の高い企画はもちろん、視聴者の隠れたニーズを満足させるような斬新なアイディアが常に求められています。最近ではチャレンジ企画と題した取り組みを開始。全社員がオリジナル作品の企画を考え、プレゼンテーションし、全社員で投票。選ばれたのは、編成制作局の若手社員や営業局のベテラン社員の企画など様々。部署、役職に関係なく、全社員が平等に挑戦できるフィールドがあります。会社全体で企画力を高め、ただの放送局ではない独自性を持った「選ばれる」放送局を目指しています。

会社データ

事業内容 ◆衛星基幹放送事業/日本映画専門チャンネル、時代劇専門チャンネルの調達・編成・販売(直接受信・法人・CATVなど)

◆視聴世帯数
日本映画専門チャンネルで約787万世帯、時代劇専門チャンネルで約812万世帯と、延べ約1,599万世帯の皆様にご視聴いただいております。(2019年11月末現在)
設立 2000年2月
資本金 3億3,330万円
従業員数 65名(2019年4月現在)
売上高 非公開
代表者 代表取締役社長 杉田 成道
事業所 【本社】
東京都千代田区有楽町1-1-3 東京宝塚ビル15階
ホームページ https://www.nihon-eiga.co.jp/
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)