山形航空電子株式会社
ヤマガタコウクウデンシ
2021

山形航空電子株式会社

航空電子グループ コネクタ 自動車 スマートフォン
業種
半導体・電子部品・その他
自動車/精密機器/機械
本社
山形

私たちはこんな事業をしています

最上川と美しい山々の風景を望む山形県新庄市。
私たちは、この自然豊かな街で、およそ60年にわたって世界に誇るものづくりを行っています。

当社が手がけているのはスマートフォンやタブレット、自動車などに使われるコネクタという電子部品。
独自開発の超精密金型により、品質・精度・耐久性に優れた製品を生み出しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

ミクロの技術を世界へ、未来へ、繋げるために

私たちが製造しているコネクタという電子部品は、スマートフォン、タブレットPC、自動車など、あらゆる電気製品に使用されています。コネクタの生産を通して世界中の人々により快適な暮らしを提供するために、私たちは日々最高峰の品質を追求しています。高品質を目指す製造現場を支えているのは、金属プレス加工をはじめとする恵まれた生産環境、そして社員の働きやすさを目指した福利厚生の整備です。コネクタは電子部品として従来幅広い需要がありますが、今後はスマートフォンなどの携帯機器や自動車といった電気製品の機能向上により業界の更なる成長が見込まれています。

社風・風土

改善意識をもって効率化を進めることが、働きやすさにもつながる

「お客様に満足していただける商品をお届けします」。これが私たちの品質方針です。そのために常に技術を磨き、最新鋭の設備を導入して、世界トップレベルの製品づくりを目指しています。その要となるのが技術者。不良品率を下げる、コストダウンを図る、機械の稼働率を上げるなど、当社では技術者自身が目標を定めて検証を行っています。また、全職場で改善活動を行っているほか、定期的に提案会議を実施し、意見を出し合うなど、改善意識を持って仕事に取り組んでいます。さらに、ものづくりの流れ化・見える化にも取り組み、製造段階の滞留や無駄を減らしていますが、効率化の進展とともに働きやすさが生まれるというメリットも現れています。

会社データ

事業内容 精密プレス部品・成形・工具類ならびにその他電子部品の製造・販売
設立 1957年4月
資本金 4億円
従業員数 404名(2019年4月現在)
売上高 162億円(2018年度実績)
代表者 代表取締役 長沼 俊一
事業所 山形県新庄市大字泉田字高台新田4102-6
 
会社沿革 1957年  4月 山梨県上野原町に資本金400万円にて株式会社富士工業を設立
1973年  2月 山形県新庄市鳥越に山形工場完成
1975年  9月 事業の拡充発展を企画し、日本航空電子工業株式会社が筆頭株主となる
1980年12月 山形工場の生産拡大を図るため、新庄市横根山工業団地に移転
1982年  8月 山形工場プレスならびに組立部門の主力工場として第一工場A棟完成
1987年12月 山形工場第一工場B棟完成
1988年  6月 社名を山形航空電子株式会社と改め、本社機構を新庄市に移す
1990年  3月 従業員の福利厚生の一環として体育館を完成
1994年  7月 「ISO9002」認証取得
1997年12月 第一工場C棟完成
1999年11月 「ISO14001」認証取得
2001年  3月  ゼロエミッション達成
2001年11月 TPM優秀賞受賞
2002年10月 リデュース・リュース・リサイクル推進協議会 会長賞受賞
2003年  6月 「ISO9001」認証取得
2006年  4月 第二工場完成
2013年  8月 第一工場D棟完成
2016年10月 山形県ワーク・ライフ・バランス優良企業知事表彰受賞
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)