株式会社LITALICO
リタリコ
2021

株式会社LITALICO

人材教育/社会問題/ソーシャル/福祉/IT/インターネット
  • 株式公開
業種
教育関連
人材サービス(人材紹介・人材派遣)/福祉・介護/その他サービス/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

働くことに困難を感じる方向けの就労支援サービス「LITALICOワークス」、子どもたちの多様な学びを引き出す教育サービス「LITALICOジュニア」、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」、発達が気になるお子さんの家族向け情報共有メディア「LITALICO発達ナビ」、働くことに障害のある方が自分にあった仕事や就職支援サービスを探せる「LITALICO仕事ナビ」等、社会課題を解決する新規事業を次々と生み出しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

LITALICOのビジョン「障害のない社会をつくる」

「障害」とはなにか。社会生活に大きな困難があるために「障害者」と括られている人がいますが、もし、肢体不自由の方が軽快に移動できるカッコイイ車イスがあったら、「移動する困難」はなくせるのではないか。もし、精神的に不安の強い方でも安心して働ける職場があたりまえにあったら、「働く困難」はなくせるのではないか。社会には多様な人がいます。社会の側に人々の多様な生き方を実現するサービスをつくっていくことで、障害はなくしていけると考えています。

魅力的な人材

理念・ビジョンに共感した多様な仲間が集まる成長環境

代表の長谷川は新卒入社から1年3ヶ月、24歳で社長に就任。現在、新規事業の中枢は新卒社員が担っています。また、経営陣には、元DeNAやGREEの事業部長など、LITALICOの理念・ビジョンに共感した優秀なキャリア人材が次々にジョイン。LITALICOでは、熱い思いを持ちながら、戦略を的確に実行する冷静さを兼ね備えたメンバーと、共に成長できる環境があります。そして、早期から仕事を任され、一人ひとりの能力や資質、意欲に応じてキャリアを自分で描くことができる。社名LITALICOの由来は日本語の利他と利己。関わる人を幸せにすることが自分たちの幸せにつながるという社員共通の価値観を大切にしています。

事業・商品の特徴

就職・教育支援を中心に社会課題解決のプラットフォームへ

日本の障害者は788万人、企業で働く人はわずか14%。福祉事業所での月給はわずか14,000円。障害者の働く困難を解決することを目指した就労支援サービスLITALCOワークスは全国66拠点、ADHDやアスペルガーの子どもも安心して通える教育サービスLITALICOジュニアは全国で98拠点、今まで約8,000名の子どもが通っています。社会課題解決のための事業をつくりビジネスの力で拡大していく。対面型の支援から始まったLITALICOですが、対人支援分野での知見を活かし、メディア運営から多言語対応の知育アプリ開発、当事者の家族向けライフプランニング事業から福祉施設に対する業務支援に至るまで、幅広く事業を拡大しています。

会社データ

企業理念 『世界を変え、社員を幸せに』

「世界を変える」
 すべての人の可能性が最大に拡がる
 社会の仕組みを築くとともに世界が誇れる文化を創出する

「社員を幸せにする」
 社員を幸せにすることが関わる人の幸せにつながる
 人間性を重視し、自主性を尊重した自由闊達な風土を築く
事業内容 LITALICOのビジョンは「障害のない社会をつくる」こと。「障害は人ではなく、社会の側にある」、この考え方をもって「すべての人の可能性が最大に拡がる社会の仕組み」を事業を通じて創造しています。

LITALICOでは「LITALICOに出会えば大丈夫」と感じていただけるよう、幼少期からの教育事業、大人の就労支援事業までワンストップで事業を展開。今後も、人の持つ多様性を社会の力に変えていく事業を展開予定です。

LITALICOの事業内容は以下の通りです。

【LITALICOジュニア(ソーシャルスキル&学習教室)】
━━━━━━━━━━━━━
普通級にいる、発達が気になる児童・生徒の割合は、6.5%。すべての子どもと家族に、個別最適な教育を提供する。
幼児から高校生までを対象に、生活スキルや社会性(ソーシャルスキル)などニーズに合わせたオーダーメイド教育を約8000名の家庭に提供しています。一人ひとりが個別最適な教育を受け、成功体験を積んでいくことで、人の多様性を力に変える社会に繋がると私たちは考えています。

【LITALICOワンダー(IT×ものづくり教室)】
━━━━━━━━━━━━━
出る杭を伸ばす。子どもの個性や創造性、多様性を育む教室。
幼児から高校生までを対象に、プログラミングやロボット、3Dプリンターを使ったデジタルファブリケーションなど、最先端のものづくりを学ぶ場です。お子さまの好奇心や主体性を引き出すことで
出る杭を伸ばす教育を提供しています。若手社員が中心となって立ち上げた、2年目の新しいサービスです。

【LITALICOワークス(就労支援サービス)】
━━━━━━━━━━━━━
人の役に立つ喜びをすべての人に届ける。
18歳~65歳未満の障害のある方の「働く」をサポートする福祉サービスです。一人ひとりにあった環境や仕事を見出し、ビジネススキルや求人開拓等ご本人を取り巻く環境にもアプローチします。業界水準の約10倍にあたる就職者を輩出しています。個々人が活躍できる多様な環境を創り出すことで、多様な個性が力に変わる社会の形をデザインします。

また、対面型の支援から始まったLITALICOですが、対人支援分野での知見を活かし、メディア運営から多言語対応の知育アプリ開発、当事者の家族向けライフプランニング事業から福祉施設に対する業務支援に至るまで、幅広く事業を拡大しています。
・障害のある方の就職情報サイト「LITALICO 仕事ナビ」(https://snabi.jp/)
・みんなでつくる発達障害ポータルサイト「LITALICO 発達ナビ」(https://h-navi.jp/)
・知育アプリ一覧(https://app.litalico.com/jp.html)
・障害のある子どもと家族の「自分らしい人生」の歩みを支援する「LITALICOライフプランニング」(http://litalico.co.jp/lifeplan/)
設立 2005年12月  
資本金 329,687,000円
従業員数 1,925名(2018年3月時点)
代表者 代表取締役   長谷川 敦弥  
売上高 2017年 3月期 103億円
2016年 3月期 87億円
2015年 3月期 72億円
2014年 3月期 55億円
2013年 3月期  42億円
2012年 3月期  29億円
2011年 3月期 17億円
2010年 3月期  8億円
2009年 3月期 4億円
2008年 3月期 3億円
事業所 ■東京本社:東京都目黒区上目黒2-1-1 GTタワー15階、16階
■事業所 (2018年3月時点)
□就労支援センターLITALICOワークス(66拠点) / 北海道、宮城、栃木、埼玉、千葉、神奈川、東京、静岡、愛知、大阪、兵庫、京都、広島、岡山、福岡、宮崎、沖縄
□学習支援サービスLITALICOジュニア(98拠点) / 東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、京都、兵庫
□IT×ものづくり教室LITALICOワンダー(9拠点)/東京、神奈川
アドバイザー 井上 雅彦(大学院教授/臨床心理士/専門行動療法士/自閉症スペクトラム支援士)
田中 康雄(大学名誉教授/院長/精神保健指定医/児童精神科医/臨床心理士)
橋本大二郎(大学客員教授/大学特別招聘教授/前高知県知事)
寺脇研(元文部科学大臣官房審議官/大学教授/映画評論家)
コーポレートサイト http://www.litalico.co.jp/
ここでしか見られない社員インタービューも掲載されています!
採用実績 愛知教育大学、青山学院大学、立命館アジア太平洋大学、岩手大学、岩手県立大学、桜美林大学、大阪教育大学、大阪大学、神奈川大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、近畿大学、京都教育大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸女学院大学、神戸親和女子大学、神戸大学、公立はこだて未来大学、国学院大学、国際基督教大学、コロンビア大学、上智大学、首都大学東京、専修大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、東京大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京国際大学、東京都市大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東北福祉大学、同志社大学、獨協大学、東洋大学、名古屋大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、南山大学、新潟大学、日本社会事業大学、一橋大学、北陸先端科学技術大学院大学、北海道教育大学、北海道大学、ポーランド州立大学、広島大学、法政大学、北海道大学、宮城大学、武蔵大学、武蔵野音楽大学、武蔵野大学、武蔵野美術大学、明治学院大学、明治大学、横浜市立大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学 他多数(50音順)
社名の由来 LITALICO(りたりこ)は、日本語の「利他」と「利己」を組み合わせた造語で、「関わる人を幸せにすることが自分たちの幸せにつながる」という当社の理念や価値観を表現しています。当社の理念「世界を変え(利他)」「社員を幸せに(利己)」の両方を実現するという意思から生まれたものです。

また、ロゴタイプ・シンボルマークは、「すべての人の可能性が最大に拡がる社会の仕組みを築く」という当社理念の一文から、事業においても、組織においても常に中心は「人」であるという意思を込めて、「人」をシンボルにしたデザインとなっています。コーポレートカラーは全カラーを採用。色を1つに決めず、中心の「人」にはすべての色が当てはまる、多様性を表現したシンボルです。
※「障害者」の表記について 当社では、「障がい者」を「障害者」と表記しています。
「障がい者」という表記の場合、音声ブラウザやスクリーン・リーダー等で読み上げる際、「さわりがいしゃ」と読み上げられてしまう場合がございます。そのため、「障害者」という表記で統一をしています。
沿革 2005年12月
宮城県仙台市にて創業(旧社名イデアルキャリア)
仙台本社(仙台市青葉区中央)を開設  

2006年 8月
商号を(株)ウイングルに変更

2008年 3月
就労支援事業開始

2009年 8月
代表取締役社長 佐藤崇弘から長谷川敦弥 (前 当社営業本部チャレンジドソリューション部 部長)に交代

2011年 6月
教育事業開始

2014年4月
IT×ものづくり教室「Qremo」開始

2014年6月
社名を(株)LITALICOに変更し、CIを刷新

2015年3月
うつ病の方向けWebサービス「U2plus(ユーツープラス)」を事業譲受
オンラインカウンセリングサービスを開始

2015年3月
子育て情報メディア「Conobie(コノビー)」を開始

2016年1月
発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」をオープン

2016年3月
東京証券取引所マザーズに上場

2016年8月
3事業のブランドを「LITALICO」に統一
ウイングルを「LITALICOワークス」へ変更
Leafを「LITALICOジュニア」へ変更
Qremoを「LITALICOワンダー」へ変更

2017年3月
東京証券取引所 市場第一部へ上場市場を変更

2018年3月
働くことに障害のある方が自分にあった仕事や就職支援サービスを探せる「LITALICO仕事ナビ」をオープン

2018年5月
障害のある子どもと家族の「自分らしい人生」の歩みを支援する「LITALICOライフプランニング」をスタート

2019年2月
「障害のない社会をつくる」仲間を増やす新事業として、障害福祉分野に特化した就職・転職支援サービス「LITALICOキャリア」をスタート
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)