株式会社ジェイアール東日本企画
ジェイアールヒガシニホンキカク
2021
業種
広告
コンサルタント・専門コンサルタント/シンクタンク/鉄道/旅行
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

JR東日本グループの壮大なコミュニケーションゾーンを活用し、新たなメディア&マーケットを次々に創出すると共に、様々なメディアと複合させた効果的なコミュニケーションプランを提供している。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

広告会社の枠を超えた複合的コミュニケーション活動を展開

当社は、広告会社と媒体社が一体となった広告業界でも独自の立ち位置を持つ会社です。駅・電車・駅ビル・KIOSKなどJR東日本グループの壮大なコミュニケーションゾーンを活用し、新たなメディア&マーケットを次々に創出しています。こうした独自のコミュニケーションツールを他メディアと複合させ、効果的なコミュニケーションプランを提供しています。また、ステーションマーケティングで強みを持つ当社は、Suicaビジネスの進展のなかで、消費者の生活領域までコミュニケーション領域を広げています。このJR資産+マーケティング力を活用し、従来の広告業務の枠を超えた複合的なコミュニケーション活動を展開出来ること、それが当社の強みです。

技術力・開発力

駅の消費を徹底研究!

エキナカブームや駅ビルへの人気ショップの出店などで話題を集める駅。いまや駅は鉄道利用拠点としてだけでなく、消費の舞台へとしてもたいへん注目を集める存在になりつつあります。そんな中、駅の消費について徹底した調査・研究活動を行う“駅消費研究センター“を設立。「駅の消費は一体どのくらいのシェアがあるの?」「なぜ、人は思わず駅で買ってしまうの?」「駅で買ってしまう人にはどんな広告や販促が効果的なの?」「どんな商品を開発すれば駅でもっと売れるの?」等など。誰もが知りたいけど、誰も知り得なかった駅の消費に関するこんな疑問に、ひとつひとつ答を出しています。あなたは、その答え知りたくありませんか。

技術力・開発力

「デジタルサイネージ」のトップランナー!

山手線や中央線の車内ドア上部のモニターをご存じですか?これが「トレインチャンネル」と呼ばれる「デジタルサイネージ」。このトレインチャンネル、京浜東北線や京葉線にも設置されていて、その面数は約2万面!!日本最大級のデジタルサイネージネットワークです。駅ナカでも品川駅中央通路を始め、主要駅に約200面のサイネージ「J・ADビジョン」を開発、運用しています。車内や駅ナカで最新の技術やソリューションを活用して、新たな広告の価値を創造する・・・ジェイアール東日本企画の強みの一つです。是非、当社で次世代の広告をカタチにしてみませんか?

会社データ

事業内容 広告企画・制作/マーケティング・リサーチ&プランニング/セールス・プロモーション/スポーツイベント/各種メディア・マーケティング/交通広告媒体開発・管理/デジタルビジネス/コンテンツビジネス/ソーシャルビジネス
設立 1988年5月9日
資本金 2億5,000万円
従業員数 973人(2016年4月現在)
売上高 1159億円(2017年度)
1133億円(2016年度)
1090億円(2015年度)
1052億円(2014年度)
1020億円(2013年度)
代表者 代表取締役社長 原口  宰
事業所 本社(渋谷区恵比寿)、支店(高崎・水戸・千葉・盛岡・秋田・仙台・新潟・長野・大阪・名古屋)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)