IBJL東芝リース株式会社
アイビイジェーエルトウシバリース
2021

IBJL東芝リース株式会社

興銀リース株式会社 90%出資/金融業/総合リース業
業種
リース・レンタル
その他金融
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

東芝グループの総合力と長年培ってきたリースのノウハウを信頼のカタチにしてお客様へ提供するとともに、電子マネー決済など、高い付加価値のある提案で企業のさまざまな課題を解決しております。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

新たに銀行系リース会社の専門性を加えました

IBJL東芝リースは、2012年2月に東芝ファイナンス株式会社の法人向け金融サービス事業部門を会社分割により事業承継し、興銀リース株式会社並びに株式会社東芝から出資を受け、新発足致しました。メーカー系リース会社として永年培ってきた経験とノウハウに、新たに銀行系リース会社の専門性を加え、様々な機能を東芝及び東芝グループを中心とした全てのお客様に提供し、誠意と情熱に溢れた事業活動を実践して幅広く社会に貢献してまいります。

事業・商品の特徴

いち早くお客様の要望を理解し、最適なスキームを提案

IBJL東芝リースは、金融機関始め協業各社との契約関係に基き、サプライチェーンの中で貢献する各種商品/サービスを提供しております。いち早くお客様の要望を理解し、各種金融・サービス商品のアレンジにより、最適な金融スキーム・商品を提案すること、またその後のフォローをすることで、お客様の信頼を得ております。現在、東芝のIT技術を背景にサービス・商品のネットレディー化(インターネット対応)を積極的に進め、特徴のある商品ラインアップを増強しております。

社風・風土

風通しがよく、働きやすい環境を整えています

当社はひとことで言えば「風通しのいい会社」です。上司や役職者に対して、いつでも相談できる環境です。トップに対してや社員同士が活発に意見交換をし、気兼ねなく話し合える環境があればこそ、組織が活性化し良い結果を生み出します。また、野球部・サッカー部・テニス部などのクラブ活動もあり、それが仕事だけではない幅広い交友関係に繋がり、チーム力アップや人脈作りにも役立っています。さらに育児休業制度など、仕事と生活を充実させる各種制度も充実していて、働きやすい環境を整えています。

会社データ

事業内容 ・各種動産の総合リース、賃貸借および割賦
・各種金銭の貸付、保証業務、債権買取
・集金および支払いの代行 他
設立 1998年4月1日
資本金 15億2千万円
従業員数 252名(2018年10月1日現在)
代表者 代表取締役社長 吉田 亨
事業所 東京都港区虎ノ門1丁目2番6号 興銀リースビル

支店:仙台市、さいたま市、名古屋市、大阪市、福岡市
営業所:札幌市、静岡市、富山市、高松市、広島市
沿革 【東芝クレジット】
1968年10月
東芝商事(株)の割賦販売部門を担当する月販会社として、1956年以降全国各地に設立された9社が統合・合併し発足
【東芝不動産総合リース】
1970年3月
東芝製小型電子計算機のレンタル・割賦販売を扱う東芝コンピュータサービス(株)として発足
【東芝ファイナンス】
2002年4月
個人・法人の各領域に幅広く対応する東芝クレジット(株)と法人リースに強い東芝不動産総合リース(株)のリース事業本部が統合
【IBJL東芝リース誕生】
2012年2月
東芝ファイナンスの法人向け金融サービス事業を会社分割実施。興銀リース・東芝が株式を取得し、「IBJL東芝リース(株)」新発足。
株主 興銀リース株式会社:90%
株式会社東芝:10%
売上高 92,302百万円(2017年度)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)