剤盛堂薬品株式会社ザイセイドウヤクヒン

剤盛堂薬品株式会社

ホノミ漢方
業種 医薬品
その他製造/商社(医薬品)
本社 和歌山

先輩社員にインタビュー

学術部
高木 宏起(26歳)
【出身】京都薬科大学  薬学部薬学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自社製品を安全に使って頂く為の問い合わせ業務や資料の作成
弊社が製造している「ホノミ漢方」には、特長ある製品が数多く存在し、
どの製品も、虚弱な現代人向けに成分構成を工夫したもので、副作用を出さないことを一番の目標としています。しかし、医薬品である以上副作用のリスクはあります。
学術部では、このようなリスクを最小限にするために、全国で製品の研修会を行ったり、病人や薬局・薬店からの問い合わせ対応の中で使い分けを説明するなど、薬の適正使用や有害事象報告に関する業務を行っています。
また、薬や病気についてまとめた健康新聞や営業販売促進資料の作成を行いますので、文章を書いたり、資料デザインやレイアウトを考えるのが得意な方にオススメです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
病気が治った病人様からの「ありがとう」を直接聞ける。
弊社には、病院での治療が困難であったり、体質から治したいと思う方が、口コミやネットをみて、電話をしてこられます。以前、認知症の母親をもつ女性から「認知症に効く漢方があると聞いたのですが、どういうものですか?」と問い合わせを受けたことがあります。
弊社が独自に行った認知症モデルマウスにおける薬理実験や過去の改善例、考えられる作用をお伝えすると「詳しく調べてくれてありがとう。よくわかりました」というお言葉を頂き、商品を購入したいとのことで薬局紹介に繋がりました。
エビデンスに基づいた西洋薬が主流の現代では、経験的処方と考えられる漢方薬は敬遠されがちですが、西洋薬治療を諦めて漢方薬を飲み始める方も多いと思います。そういった方が少しでも安心して服用し、効果を実感して頂けることが、私のやりがいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 独自の漢方生薬製剤を通じて、人の健康に貢献できる。
大学の病院実習において、薬の副作用で苦しむ人を見た経験から、深刻な病気になるよりも早期に患者さんにアプローチする方法はないかと考え、当時興味のあった漢方薬に目を向けました。漢方薬には「個々に合わせたオーダーメイド処方で病気になりやすい体質自体を改善する」という考えがあり、病気の治療だけでなく、予防的側面を含んでいることからも、漢方薬を通じて慢性疾患に悩む人々の健康に寄与したいと考えるようになりました。
そこで、就職活動をする中で剤盛堂薬品(株)に出会い、独自の生薬製剤を製造していること、病人様のことを第一に考えた誠実な姿勢に魅力を感じました。
加えて、メーカーの立場でありながら、電話を通じてお客様のお身体の相談に乗ることができ、大学で学んだ薬学の知識も活かせると考え、入社を希望しました。
 
これまでのキャリア 学術部(現職:2年目)

この仕事のポイント

職種系統 薬剤師
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動で仕事を選ぶ基準(職種・給料・福利厚生・勤務地・勤務体系等)は人によって様々であると思いますが、自分がどんな人生を送りたいのかも頭の片隅にいれて、就職活動を行うとよいのではないでしょうか。仕事は人生の大半を占めます。
少しでも興味のある仕事を探すことができれば、日々の暮らしに充実感を感じられると信じています。
周りの情報に踊らされず、自らの価値観を信じて頑張ってください。

剤盛堂薬品株式会社の先輩社員

医薬品(漢方・生薬製剤)の開発業務における試験・評価

薬学研究所
田宮 祥恵
大阪薬科大学 薬学部・薬学科

全国の薬局・薬店を支える!特長品「ホノミ漢方」の普及・拡大

営業部
船越 裕貴
大阪産業大学 経営学部経営学科

東海地区で当社の独自製品である「ホノミ漢方」の普及・拡大

営業部
中野 誓哉
立命館大学 産業社会学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる