株式会社 大豊機械
ダイホウキカイ
2021

株式会社 大豊機械

電気設計/機械設計/製造/ローダー/ロボット
業種
設備・設備工事関連
機械/機械設計
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

製造業における製造ラインで使用される、搬送に必要なローダーやロボットなどの製造で実績のある企業です。品質にこだわり、ユーザーにとって最適な性能を発揮する装置の制作で多くの企業からの信頼を得て、安定した業績を維持しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

柔軟なカスタマイズ、オリジナル設計でユーザーのニーズに対応

当社は、各種工場の生産ラインで製品を搬送するためのローダーと呼ばれる産業装置において、200社を超える導入実績があります。その一つひとつがユーザーの独自の仕様に合わせたオリジナル設計であり、ニーズに応じた柔軟なカスタマイズができることが当社の大きな特徴です。競争の激しい「ものづくり」の現場において、スピーディにかつ確実に製品をラインに搬送するローダーの性能は生産能力に直接影響が出る非常に重要なパートであり、確かな信頼性が求められます。独自の設計と性能にこだわった製造・組み立てを通じてユーザーのニーズを的確に捉え、生産能力を向上することができる装置の制作で多くの実績を持つ企業です。

事業優位性

設計から製造まで一貫制作で細かな要求に確実に応えることが可能

当社が製造・納入した装置は一つとして同じものはありません。ユーザーの利用する状況に合わせてそれぞれに独自の調整をおこなった上で、確実に求められる性能を発揮できるよう納入しているからです。同様の装置であっても、利用する状況によって異なる仕様が求められるため、当社ではユーザーの目的に合わせたきめ細かい対応を取り、納入後のフォローについても力を入れています。数多くの納入実績があるローダー以外にも、産業ロボットや各種のオリジナル装置の設計・製造でもユーザーの要求に100%応える品質にこだわった取り組みをしています。日本の産業を支える産業装置の製造で性能と品質を追求し続ける企業です。

企業理念

安全・安心を第一に、新しい技術の追求にチャレンジを続ける企業

当社の製品は全て独自設計・柔軟なカスタマイズで高性能・高信頼性であることはもちろん、安全・安心の面でも徹底したこだわりを持って製作しています。社内での製造現場の5Sの徹底、労働安全衛生の観点から、万が一でも産業事故のない職場環境を実現することはもちろん、製品を利用するユーザーにとっても安心して使える高い安全性を持った装置の製造にこだわりを持って取り組んでいます。フェールセイフの設計思想に基づいた安全な装置で、ユーザーの安全を確実に実現できることを第一に製造しています。安全・安心をベースに、意欲的に新しい技術を取り入れ常に最高の性能を持つ装置の製造にチャレンジし続けています。

会社データ

事業内容 専用機、治具、計測装置、ガントリーローダー、各種搬送装置、設計製作
設立 1972年
資本金 1000万円
従業員数 22名
売上高 5億円
(2017年度実績)
代表者 代表取締役  安辺成朗
事業所 ■本社
〒440-0002 愛知県豊橋市下条東町字紺屋谷80番地
■三上第二・第三組立工場
〒442-0812 愛知県豊川市三上町東畑2‐1
沿革 1972年 豊橋市花田町石田にて、機械部品加工業として(有)大豊機械工業所創立
1977年 工作機械改造、及び修理を始める
1978年 専用工作機械組立の専門工場となる
1985年 業務拡大に伴い工場及び事務所新築
2011年 株式会社 大豊機械へ社名変更
2013年 三上組立工場設立
ホーム―ページ http://daihoukikai.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)