タツモ株式会社
タツモ
2021
  • 株式公開
業種
機械
精密機器/半導体・電子部品・その他
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

スマートフォンやタブレット端末、自動車の省エネ化や安全性能の向上などに欠かせない最先端の半導体を製造する装置をはじめ、電子機器に搭載される液晶ディスプレイやフラットパネルなどの液晶製造装置、クリーン搬送ロボットなどを手がける開発型企業です。製品の80%は海外ユーザー向けにオーダーメイドで作るカスタムマシン。先端技術の追求から生まれるコストパフォーマンスの高い製品は、世界中で高い評価を得ています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

成膜プロセス技術は、世界トップレベル

創業以来、タツモは「挑戦」を経営理念として先端技術に取り組み、人間尊重と人材重視の企業姿勢のもとで研究開発を行い、常に最先端の装置を生み出す努力を続けてきました。特に、半導体や液晶ディスプレイの詳細なパターン形成を行う上で、製品品質を左右するのが基材に薬品を塗布するプロセスです。タツモはナノレベルという極薄膜のニーズに応え、世界トップレベルの高い塗布性能を実現。その技術の高さから、液晶カラーフィルター製造装置では、世界トップクラスの実績を誇っています。さらに、搬送ロボットを組み込んだプロセス装置で生産性にも貢献。一般では難しいとされる四角形半導体ウェーハの自動搬送も可能にしています。

事業・商品の特徴

開発の原点は、お客様の生の声を聞くこと

お客様の声から開発のヒントを得て生まれた製品の一つに、ウェーハ・サポート・システムがあります。今のグローバル市場で求められているのは、半導体の高密度化・高集積化を可能にする3次元実装。なかでもTSV(シリコン貫通電極)では、ウェーハを極限まで薄くする必要があります。タツモでは、薄化したウェーハを保持するためにガラス板で固定支持し、様々な半導体製造工程を通すことができるシステムを開発。TSVプロセスにおいては不可欠なプロセスとして、半導体デバイスの小型化、高速化、省電力化を実現しています。この他にも、次世代枚葉洗浄装置の開発など、お客様にとって価値のある製品開発に挑戦しています。

施設・職場環境

岡山市の新本社は2019年12月頃完成予定

新本社は岡山リサーチパーク内に建設中です。本社を岡山に移す目的は2つあり、1つは岡山県内外の人材が公共交通機関も使えるように、面接や通勤しやすい環境を整えること。もう1つは売上の多くを占める海外企業をはじめ、お客様のほとんどは県外から来られるため、来社しやすい環境と立地で商談や共同研究の効率化を目的としています。

会社データ

事業内容 【ニッチでトップに】
タツモのお客様は、最先端の技術を搭載した製品づくりを行うメーカーです。製品は1台1台すべてカスタマイズしたオーダーメイド。そのため他社との共同プロジェクトも少なくありません。アジアやヨーロッパなど海外に広がるお客様との協力関係の構築に努め、特異性を活かした装置開発で「ニッチでトップになる」ことを目指しています。

■半導体製造装置、クリーン搬送ロボット、液晶製造装置などの開発・設計・製造販売
■精密金型・樹脂成型品の製造販売
設立 1972(昭和47年)年2月26日
資本金 27億2406万円
従業員数 298名(単体)、1015名(連結) いずれも2018年12月現在
売上高 190億3600万円(連結、2018年12月期実績)
代表者 代表取締役社長 池田俊夫
事業所 本社・第3工場・第5工場/岡山県井原市
岡山技術センター/岡山県岡山市
東京営業所/東京都新宿区

2019年12月頃に本社を岡山市に移転します。(岡山技術センターの敷地内に新社屋を新築)
本社を岡山市に移す目的は、岡山県内外の方が公共交通機関などで通勤しやすい環境を整え、採用拡大を図ることと、海外企業や県外企業からのお客様が来社しやすい立地とすることです。
関連子会社 ■国内
アプリシアテクノロジー株式会社 (東京本社、岡山技術センター)
プレテック株式会社 (岡山県井原市)
株式会社クォークテクノロジー (岡山県井原市)
株式会社ファシリティ(神奈川県相模原市)
■海外
TAZMO INC. (米国カリフォルニア)
上海龍雲精密機械有限公司 (中国)
TAZMO Apprecia Electronics (Shanghai) Inc. (中国)
ファシリティ科技(東莞)有限公司 (中国)
TAZMO VIETNAM CO.,LTD. (ベトナム)
TAZMO Apprecia Formosa Inc. (台湾)
ファシリティ(香港)有限公司 (香港)
ファシリティ ハノイ(ベトナム)
主要販売先 ソニーセミコンダクタマニファクチャリング、東芝メモリ、LG Display China Co.,Ltd.、ニコン、Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.,Ltd.、東京精密、ジェイ エス ティ電子工業、東レエンジニアリング、日立ハイテクノロジーズ等
最近の主な動き 1998年 ISO9001認証取得
2003年 米国カリフォルニア州と中国上海市に現地法人設立
2004年 JASDAQ市場に株式上場。ISO14001認証取得
2008年 ベトナムホーチミン市に現地法人設立
2009年 3M社(米国)と半導体製造装置のライセンス契約を締結
2013年 アプリシアテクノロジー株式会社を子会社
2017年 株式会社ファシリティ、クオークテクノロジー株式会社を子会社化
2018年 3月に東証二部へ市場変更、9月に東証一部へ市場変更
2019年 12月頃に本社を岡山市に移転予定
株式公開市場 東証一部
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)