特定非営利活動法人ステップベース
ステップベース
2021

特定非営利活動法人ステップベース

NPO法人/医療・福祉/社会教育/放課後等デイサービス
業種
福祉・介護
教育関連/その他サービス
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

わたし達、放課後等デイサービス「すくすくすてっぷ」を運営しています。ここは、生まれつき脳性麻痺のため肢体不自由な子供を持つ保護者が立ち上げた障がい児童施設です。障がいを持った子ども達は、特別な存在ではありません。嬉しいことに喜び、悲しいことに泣き、楽しいことに興味を持ちます。そんな児童たちが、将来立派な大人になれるよう、「教育者」として出来ることを常に追及しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

障がいを持った子どもたちが「自分の価値」を実感できる社会に。

「すべての人間が生まれ持った能力・環境に関係なく、より弱きもののためにその能力を活かし、価値を感じることができる社会を作る」 これが当NPO法人の経営理念です。障がいを持つ子どもたちが、大人になったときに困らないように。わたし達は子どもたちに対して、教育(判断・興味・伝達方法)を行い、自己肯定感を育むことを目的に活動しています。そのために地域のイベント交流会も積極的に開催。障がいに対する「社会的な理解」を促す活動を通じて、子どもたち1人ひとりの能力も培うことができる。そしてそれを、子どもたち自身が"自分の価値"と実感できる施設を、計画・運営していきたいと考えています。

施設・職場環境

放課後等デイサービス「すくすくすてっぷ」

「放課後等デイサービス」とは、障がいを持った子どもたちが放課後や長期休みに療育を行う施設です。重度の障がいを持つ子どもたちを受け入れる施設は数あれど、適切な療育を行える施設は限られています。そんな中、当法人では「子どもたちの頑張る姿を見てもらいたい」 そして「努力が報われることをみんなに体験させたい」という想いで、様々なイベントや発表会を開催。時には地域の児童合唱団やキッズダンスチームなどを呼び、一般の子どもたちと一緒に演目を披露することも。それを「やり遂げたあとの達成感」は、子どもたちにとって宝物のような経験になります。当施設ではこうしたプログラムを組みながら、教育と療育を図っています。

戦略・ビジョン

子どもたちと、社会が、もっと深くつながる未来に向けて。

障がいを持つ子どもたちの生きていける環境が整った後は、「生きる価値を感じられる社会」を作ることが次なるミッションです。代表のわたし(大川/写真右上)は、「誰かに養ってもらうのではなく、自分の頑張り(労働)に対して対価(報酬)がもらえる」ことが、自分の価値を感じる1番の方法だと考えています。障がい者が食品をつくり、それをカフェで販売し、対価を得ながら人々に喜んでもらえる。そうした社会を作ることを計画中です。そしてさらに、今後グループホームを設立し、親の力でなく、自分と社会サービスの力を使って生きていける。子どもたち1人ひとりが、そんな「人財」になって、社会に羽ばたいてほしいと願っています。

会社データ

事業内容 <障がい児童施設>
放課後等デイサービス「すくすくすてっぷ」の運営
設立 2016年5月20日
資本金 ※NPO法人のため資本金はありません。
従業員数 11名
売上高 非公開
代表者 大川  秀治
事業所 埼玉県戸田市新曽南2-10-14 エルセリート戸田公園1F
代表経歴 ●昭和56年9月25日生まれ
東証一部上場企業 研究部・技術部にて
プリンター・ガス検知器などを設計・開発。
その後、算数教室の講師や学童保育指導員を経て、
2017年4月、放課後等デイサービス「すくすくすてっぷ」をオープン。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)