株式会社東日本放送ヒガシニッポンホウソウ
業種 放送
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

営業局 営業部
伊勢 智之
【出身】茨城大学  人文学部 人文コミュニケーション学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 放送枠という「時間」を売る仕事
「テレビ局の営業って何をしているの?」 そう思われる方も少なくないでしょう。
民放各局は、CMを放送することによって得られる広告収入が売上の大半を占めます。そのCMをクライアントにセールスすることこそ、営業の大きな役割です。
あくまでもテレビ局の売り物は放送枠なので、商品在庫を保管する場所は必要ない反面、有限である時間(放送枠)をどのようにして効率よく販売するかが重要となります。
更に、宮城県には民放局が4社あるので、日々のコミュニケーションを通して「東日本放送にお願いしたい!」と言ってもらえるような関係を構築しておく必要があります。
クライアントのニーズを汲み取り、クライアントの商品やサービスを自社制作番組で取り上げることを条件にCM放送をお願いする等の駆け引きも醍醐味の一つです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
刺激的なたくさんの出会い
テレビ局の営業マンは、様々な業種・立場の方々との出会いがあります。
たくさんの人と話すことにより知見が得られ、刺激を受けることも多いです。
少しでも共通点があれば話は盛り上がり、良好な人間関係を構築することも出来ます。
実際に趣味が同じ人とは意気投合して、懇意にさせて頂くようになりました。それ以降、民放4局それぞれ担当者がいる中、いつも一番最初に連絡を頂ける等、仕事が円滑に進められるようになったと実感しています。
さらに、CMの放送や番組内での取り上げに対し、お客さんから反応があったと言われることは
非常に嬉しく思います。社内外問わず調整ごとも多いので、たしかに苦労も絶えないですが、「感謝されること」が私のモチベーション維持の支えとなっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元・宮城を盛り上げたい!
学生時代に「まちづくり」を専攻していた私は、大学2年生の時に発生した東日本大震災も大きな契機となり、「地元・宮城を盛り上げたい!」と強く想うようになりました。
入社の決め手も「宮城で何か大きなことが出来そう!」という漠然とした期待からであり、そのように考えたきっかけは、大学3年の夏に経験したインターンシップが挙げられます。
元々は報道や制作に興味を抱いて参加したのですが、テレビ局のイベント事業に関心を持ちました。地方局ならではの地元志向なイベントも多く、自社の媒体でPR出来る強みにも惹かれ、
自身のやりたいことを実現できると確信しました。
また、実際に働いている方々を目の当たりにし、「誇りを持って仕事をしている人の格好良さ」を
肌で感じられたことも決め手の一つです。
 
これまでのキャリア 営業局 営業部(現職)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 経営者との人脈が広がる仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自分を見つめなおす良い機会だと思います。
今までの様々な経験から、自分は一体何をした時に喜びを感じるのか、あるいは退屈に感じるのか。最初から仕事が全て思い通りにいく人は居ないでしょう。
しかし、少しでも好きなところを見出せれば、長い会社人生も有意義になるはずです。
そのためにも、自身の性格や人生哲学、これだけは譲れないこと等、過去を振り返りながら改めて思い巡らすことをオススメします。

株式会社東日本放送の先輩社員

番組ディレクター。「見る」よりも「つくる」が楽しい!

報道制作局 制作部
石山 雄也
早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科

県内の魅力を、自分で取材して自分の言葉で伝えられる仕事!

報道制作局 アナウンス部
阿部 美里
杏林大学 外国語学部 応用コミュニケーション学科

多くの方と協力して、TV局ならではのイベントやグッズを創り上げる

事業局 事業部
福原 興
弘前大学 農学生命科学部 生物学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる