山一精工株式会社ヤマイチセイコウ

山一精工株式会社

超精密プラスチック成形用金型の設計・製造及び成形品の製造
業種 金属製品
半導体・電子部品・その他/精密機器
本社 石川

先輩社員にインタビュー

成形部成形技術課
谷 一樹(25歳)
【出身】金沢工業大学  バイオ・化学部応用化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 1:新規金型の条件出し2:製品取り出しハンド設計3:成形品製造現場改造
1:新規金型の条件出しにおいては、成形機を止めず少しでも長く連続成形することができる条件を出せるように意識している。2:製品取り出しハンド設計では、年々製品形状が複雑になっており、取り出しすることが困難になってきている為、新しい発想が必要とされる。また、金型を壊すリスクを軽減できる要素と関わりが深いと考え、誰でも扱える、操作が容易というところに重点を置き設計している。3:成形品製造現場の改造では、主にリサイクルUP、取り出しハンド、粉砕機など周辺機器の改善を行っている。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
成形品の待機に合わせて条件出しや金型改善の指示ができるようになった。
成形技術課に配属されて間もない頃は、上司から条件出しのやり方や周辺機器の操作を学び、フォローしてもらいながら業務を行っていたが、条件出しの感覚が掴めず、今後一人で業務をこなしていけるか不安だった。しかし、配属されて半年程度がたった頃、上司不在の時に海外に移管する金型の立ち上げを任され、無事立ち上げを行い、金型移管することができた経験から少しずつ自信がついていった。今では主にカメラ部品関連の金型を中心に成形条件出しを一人で行えるようになった。試作時の条件出しは量産移管以降も影響する重要な業務である為、上司への報連相は抜けが無いように細かく行えるように意識している。また、成形品の生産効率を上げる為、金型の構造の改善を提案し、成形品が良品として生産できるように最善を尽くしたいと思っている。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で学んでいた化学の知識を生かせると思ったから。
自分が就活していた時は、大学で学んだ化学の知識を生かせるプラスチックや材料系の業種を中心に行っていた。内定をもらった企業の中で最も学んだ知識を活用できる企業が弊社だった為、就職することにした。入社後は、人間関係の良さに支えられていると感じる部分が多く、大学時代にはさわったこともなかった3DCADが使えるようになったり、金型の構造など、業務に必要な知識が自分のものになるまで、積極的に質問を繰り返しても教えてくれる風土が自然にあると感じている。
 
これまでのキャリア 金型部技術1課(1年間)→成形部成形技術課(2年間)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のこれだけは誰にも負けないと思う長所を見つけること。また自分の短所も把握し、短所をどのようにカバーするかを考える。

山一精工株式会社の先輩社員

図面通りに製造!複雑な加工でも「ピタッ!」と合う

金型部製造課研削工程
寺本 勝昭
金沢工業大学 ロボティクス学科

商品が人目に付かないところで活躍している

金型部 技術一課
寺野 恒平
金沢工業大学 工学部・機械工学科

精密プラスチック成型用金型の設計

技術グループ 技術課
西川 武流
富山大学 工学部材料機能工学科

生産管理、注文を頂きから納品までを管理するのが仕事です。

成形部 業務課 生産管理
賈 麗穎
新潟大学大学院 現代社会文化研究科 アジア社会文化

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる