西武バス株式会社
セイブバス
2021

西武バス株式会社

【西武グループ】
業種
陸運(観光バス・バス・タクシー)
旅行
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

★プレエントリー・説明会予約受付中です!!
西武グループの一員として、東京都北西部及び埼玉県南西部を拠点に「路線バス」「高速バス」「空港連絡バス」
などの運行を行っています。
人々の”暮らし”のそばを走る路線バス・高速バスを運行し、地域の暮らしに貢献。研修制度と安全運行の取り組みを充実させ、安全で安心な輸送サービスを提供しています

当社の魅力はここ!!

企業理念

「安全・安心」で、地域に愛される身近な交通手段-バス。

西武線沿線を中心に、東京都北西部・埼玉県南西部で路線バス事業を展開しているほか、 高速バス事業、空港連絡バス事業、観光バス事業などを行っています。 少子高齢化社会の進行など、“暮らし”のすぐそばで活躍するバスの役割は、 時代に合わせて進化していきます。 新しい時代にマッチしたバス事業を、皆さんと一緒に創造していきたいと考えています。

仕事内容

接客業でもある「バス運転士」という仕事を一緒に。

バスの運転士には、単に”バスを運転して輸送する”だけではなく、「接客業」としての要素も含まれています。バスの乗り心地やマイク案内、運賃収受時による接遇など、お客さまへの細かな気遣いが求められますが、その先には、「またこの運転士さんのバスに乗りたい!」と感謝のお言葉をいただける醍醐味も。毎日の運転業務を通じて、得られる達成感は大きいものです!

施設・職場環境

充実の研修体制と、高水準な安全システムが魅力の職場です

バス会社としての当社の特徴は、業界屈指の研修体制にあります。研修専用の研修所を所沢市に完備し、研修車を3台・専属の教官6名・スタッフ2名と充実した教育環境を整え、新入社員研修を始め、座学研修や路上研修に加えて、独り立ち後も3カ月・12か月・36カ月と定期的な研修を実施。安全・安心なバスの運行のために、業界でも高水準な研修体制をご用意しています。また、各拠点に仮眠スペースを設置して万全な体調で仕事に取り組めるよう工夫し、定刻前の発車に注意を促す「早発防止アラーム」、急発進・急加速を警告するシステムも完備。安全を最重視する当社ならではの職場環境で、運転士一人ひとりのスキルアップをサポートしています。

会社データ

事業内容 ■一般乗合旅客自動車運送事業(路線バス・高速バス)
■一般貸切旅客自動車運送事業(貸切バス)
■国内旅行業
設立 1932年12月19日
資本金 1億円
従業員数 ■事務員 332名
■運転士 1,417名
■整備士 91名
■その他 17名 (2018年3月期)
売上高 220億円 (2018年3月期)
代表者 取締役社長 渡邊 一洋
事業所 ■東京都 5営業所
□練馬:〒177-0035 東京都練馬区南田中1-13-5
□上石神井:〒177-0045 東京都練馬区石神井台6-16-1
□滝山:〒203-0043 東京都東久留米市下里3-10-29
□小平:〒187-0032 東京都小平市小川町1-336-2
□立川:〒190-0011 東京都立川市高松町2-38-9

■埼玉県 6営業所
□新座:〒352-0022 埼玉県新座市本多1-12-10
□所沢:〒359-0001 埼玉県所沢市大字下富字月見原705-1
□大宮:〒330-0856 埼玉県さいたま市大宮区三橋1-983
□川越:〒350-1165 埼玉県川越市南台1-3-6
□狭山:〒350-1335 埼玉県狭山市柏原391-2
□飯能:〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台5-4-1
車両数 ■車両合計:870両
□乗合車両:855両(高速バス含む)
□貸切車両:15両
系統数・路線数 ■系統数:路線バス452系統
■路線数:高速バス13路線
沿革 1932年12月 東浦自動車株式会社として現在のさいたま市に設立
1946年03月 社名を武蔵野自動車株式会社に変更
1946年06月 西武農業鉄道株式会社(現:西武鉄道株式会社)の自動車部門を譲り受け
1947年11月 西武自動車株式会社へと変更
1958年05月 国土計画興業株式会社(現:株式会社プリンスホテル)の自動車部門を譲り受け、軽井沢、草津、万座地区を事業区域に追加
1969年04月 西武バス株式会社へと変更
1985年12月 新潟行き高速バスを開業
1997年10月 大宮営業所管内でバスロケーションシステムの運用を開始
1999年10月 バスの接近を感知すると、青信号の延長や赤信号の短縮するPTPS(公共車両優先システム)を導入。
2001年04月  「環境定期券」制度を導入。通学定期券保持者と同伴する同居家族の運賃は100円(小児50円)
2002年度から LED行先表示の採用。2004年度までに改造を含めほぼ全車両がLEDに統一
2004年04月 学期別の設定として価格を大幅に割り引き、定額で発売する「Save Pass U-18」を発売開始
2007年03月 電子マネー機能「IC乗車券」の取扱開始
2010年04月 「学トク定期」を全線フリー券として発売し、小学生定期を新たに新設
2015年03月 スマートフォンなどで簡単にバスの到着予想時刻や位置情報を確認できるサービス「よん de バス」の運用を大宮営業所管内で開始
2015年03月 Pasmo・suicaに定期券情報の書き込みが出来る「金額式IC定期券」の発売開始
2015年09月 貸切バス事業者安全性評価認定制度で最高ランクの『三ツ星』に認定
2016年03月 IC定期券購入時におけるクレジットカード決済を開始
2016年04月 学トク定期券に、IC機能がついた「IC学トク定期券」の運用開始。新宿を発着する高速バスが「バスタ新宿」に乗り入れ開始。


西武グループのスローガン「でかける人を、ほほえむ人へ。」の実現に向け、今後も積極的に新しいサービスの提供に努めてまいります。
ホームページ http://www.seibubus.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)