株式会社テクノメディカ
テクノメディカ
2021

株式会社テクノメディカ

東証1部上場 (医療機器メーカー)
  • 株式公開
業種
医療機器
機械/医薬品/商社(医療機器)/商社(医薬品)
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

~ 医療器機分野でオリジナリティの高い、知的価値のある製品・サービスを提供 ~

テクノメディカは、横浜市に本社を構える東証一部の医療機器メーカーです。
主力製品の採血管準備装置や血液ガス分析装置をはじめとする、
医療機器の研究開発、製造、販売、輸出入、保守サービスを通じ、人々の健康に貢献しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

臨床検査市場に特化。採血管準備装置では圧倒的なシェアを獲得!

テクノメディカは、臨床検査用分析装置および医療機器の研究開発・製造・販売・輸出入・保守サービスを行う医療機器メーカーです。当社の強みは、臨床検査市場に特化した事業戦略と、独創的で知的価値の高い製品とサービスを提供することにあります。その結果、当社の現主力商品である「採血管準備装置」では、88.8%(※)の圧倒的なシェアを獲得しています。この安定した収益を研究開発費用に再投下することで、当社の最も得意とする分野(採血管準備装置や血液ガス分析装置をはじめとする臨床検査用分析装置など)で、効果的な研究開発体制を築いています。(※)「採血管準備装置」のシェアは当社推計(件数ベース/2013年9月末現在)

事業優位性

Only Oneで独創的な製品・サービスを目指して

当社は、新たな市場を生み出す独創的新製品の開発を目標とし、医療機器の研究開発、製造・販売・輸出、保守サービスをおこなっています。研究開発から保守サービスまでを一貫して行うメーカーだからこそ、『ユーザー様の声』を反映した製品開発が行えます。開発体制では、基礎研究から技術開発、設計までを自社で行い、組み立て・製造を協力会社に委託する「ファブレス型」を展開。この開発体制により、得意分野に徹底した資金・人財の投資が可能に。その結果が当社の独創的な製品の豊富なラインナップに繋がっています。また、保守まで自社対応することで、何か起こった際にはすぐに対応できるため、お客様から信頼を寄せていただいています。

社風・風土

少数精鋭 ◆一人ひとりがプレイヤー◆

当社は約190名程度の従業員しかおりませんが、市場での圧倒的なシェアを確保し、一部上場を維持しています。これは容易いことではありませんが、それぞれが『プレイヤー』であることを意識することで可能にしています。もちろん、縁の下の力持ちのような人、第一線で活躍をする人、様々なタイプがいますが、共通しているのは自主性とチャレンジ精神を発揮しているということ。強い気持ちや目標を持ってご入社いただければ、他ではできない経験とチャレンジができる環境です。

会社データ

事業内容 テクノメディカは、新たな市場を生み出す独創的新製品の開発を目標とし、臨床検査用分析装置及び、医療機器の研究開発、製造・販売・輸出、保守サービスをおこなっています。


《事業内容》

臨床検査用分析装置、医療機器の研究開発、製造、販売、輸出入


《営業品目》

血液ガス分析装置、自動赤血球沈降速度測定機、自動採血管準備装置、自動尿分取装置、電解質分析装置、PIS患者認識システム 、電子カルテ、検査システム、ISE CRS常用標準血清、養液測定装置、糖度・酸度分析装置等


《具体的な事業分野/製品》

【採血管準備装置分野】
市場シェアは約90%を占める「採血管準備装置のリーディングカンパニー」としてそれぞれの施設にあった採血管準備のトータルシステムを提案しています。
総合病院等で使用される採血・採尿検査に関する受付業務から採血・採尿検査準備作業を自動でおこなう装置です。
この装置により、患者さまの待ち時間短縮、看護師の採血業務支援ならびに検体の取り違え事故防止が可能になります。

【検体検査装置分野】
研究開発から販売、保守サービスを手がける医療機器メーカーとしての強みを活かし、現場ユーザーの声を反映した装置開発をおこなっています。
この分野の代表的な製品としては、血液や尿等の検体を測定し、値を数値化することにより、診断の目安とする装置などがあります。当社では、汎用血液ガス分析装置、イオン選択性分析装置、赤血球沈降速度測定装置のラインナップを取り揃えています。

【消耗品・保守サービス】
当社では、採血管準備装置及び検体検査装置の保守サービスをおこなっております。
製品群としては、消耗品には採血管準備装置で使用する採血管、ラベルやハルンカップ、検査時に試薬やセンサーカード等があります。また、メーカーの責任を担うため、製品販売後のアフターケアとして、機器の定期点検や故障修理対応といった高品質のメンテナンスサービスもおこなっています。

【その他】
医療施設向け電子カルテ・検査システム(検査結果Web参照、病理検査、健康診断業務管理、細菌検査、画像管理、輸血管理、生理検査予約等の臨床検査業務など、ニーズに合うシステムを構築しています。
また、医療分析装置で培った技術を応用し、農業・食品分野で使用する植物中の糖度・酸度や主要肥料成分を測定する装置/ハンディ型装置を販売しています。
設立 1987年(昭和62年)9月8日
資本金 10億6,980万円
従業員数 220名(平成31年2月1日現在)
売上高 86億5,424万円  (平成30年3月期実績)

【売上高推移】
84億5,700万円  (平成29年3月期実績)
90億3,200万円  (平成28年3月期実績)
91億4,500万円 (平成27年3月期実績)
89憶3,300万円 (平成26年3月期実績)
81億4,200万円 (平成25年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 實吉 政知
事業所 《本社/研究所》

〒224-0041
横浜市都筑区仲町台5-5-1
※第二研究所、第三研究所、第四研究所は本社より徒歩2分圏内
※ヘルスケアセンター/横浜市都筑区池辺町


《支店》

名古屋支店/〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池5-4-3 6F
大阪支店/〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4-1-6 11F(C2)
福岡支店/〒812-0015 福岡県福岡市博多区山王1-11-35


《営業所》

札幌営業所/〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西7-2-5-401
仙台営業所/〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1-14-1 3F
北関東営業所/〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2-44 5F
甲信越営業所/〒390-0872 長野県松本市北深志3-9-6 2F
広島営業所/〒731-0122 広島県広島市中区本川町2-6-5 6F
松山営業所/〒790-0056 愛媛県松山市土居田町23-5 1F


《出張所》

金沢出張所/〒920-0064 石川県金沢市南新保町ヌ209
盛岡出張所/〒020-0026 岩手県盛岡市開運橋通1番1号2F
岡山出張所/〒700-0822 岡山県岡山市北区表町1-7-15 6F

沿革 -------------------------------------------------------------------------------
昭和62年9月
医療機器・医療用分析装置の製造及び販売を目的として
株式会社テクノメディカを設立
-------------------------------------------------------------------------------
昭和63年9月
全自動血液ガス分析装置GASTAT-1の販売を開始
昭和63年10月
九州地区販売強化のため福岡支店を開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成元年1月
中部地区販売強化のため名古屋支店を開設
電解質分析装置STAX-1の販売開始
平成元年3月
自動赤血球沈降速度測定機ESR-6000の販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成2年9月
関西地区販売強化のため大阪支店を開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成3年4月
自動採血管準備装置BC・ROBO-520の販売を開始
平成3年6月
かながわサイエンスパークに開発センターを設置
-------------------------------------------------------------------------------
平成7年5月
自動採血管準備装置BC・ROBO-550の販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成8年4月
東北地区販売強化のため仙台営業所を開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成9年3月
本社社屋が竣工、本社機能・研究センターを神奈川県横浜市都筑区へ移転
平成9年4月
北海道地区販売強化のため札幌営業所を開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成10年4月
ハンディ型血液分析器GASTAT-miniの販売を開始
平成10年5月
ネットワーク型自動採血管準備装置BC・ROBO-580
オールイン型自動採血管準備装置BC・ROBO-585の販売を開始
平成10年6月
本社第2研究所が竣工、研究開発部門の充実を図る
平成10年7月
国内販売強化のため金沢出張所、新潟出張所を開設
平成10年10月
自動採血管準備装置の特許(特許No.2834595)を取得
-------------------------------------------------------------------------------
平成11年10月
国内販売強化のため甲信越営業所、広島出張所、松山出張所を開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成12年7月
養液測定装置Culuturyzer-miniの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成13年9月
小型採血管準備装置BC・ROBO-mini/BC・ROBO-mini40の販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成14年1月
糖度・酸度分析装置SA-300の販売を開始
平成14年12月
全自動pH/血液ガス分析装置GASTAT-600、601、602iの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成15年4月
北関東地区販売強化のため北関東出張所を開設
平成15年9月
日本証券業協会に株式を店頭登録
採血管準備装置のニューモデルBC・ROBO-686、787の販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成16年3月
全自動pH/血液ガス分析装置GASTAT-603ieの販売を開始
平成16年4月
北関東圏販売強化のため北関東営業所へ開設
近畿圏販売強化のため広島営業所へ開設
平成16年9月
電解質分析装置STAXS-3の販売を開始
携帯端末採血患者照合システムの販売を開始
平成16年12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
-------------------------------------------------------------------------------
平成17年5月
全自動尿分析・分取装置UA・ROBO-700iの販売を開始
平成17年9月
本社第3研究所が竣工、研究開発部門及び物流の充実を図る
-------------------------------------------------------------------------------
平成19年3月
東京証券取引所市場第二部へ株式を上場
平成19年4月
四国圏販売強化のため松山営業所へ改組
北関東圏サービス強化のため北関東営業所新潟サービス拠点を開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成20年3月
東京証券取引所市場第一部に指定
-------------------------------------------------------------------------------
平成21年7月
本社第4ビルが竣工、生産業務施設の充実をはかる
-------------------------------------------------------------------------------
沿革 -------------------------------------------------------------------------------
平成22年1月
非接触型静脈可視化装置StatVeinの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成22年3月
全自動pH/血液ガス分析装置のGASTAT-1800Seriesの販売を開始
ハンディ型血液分析器のGASTAT-naviの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成23年7月
採血管準備装置のBC・ROBO-8000RFIDの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成24年3月
全自動尿分析・分取装置のUA・ROBO-1000AD/Dの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成24年9月
ヘルスケア部門の研究開発強化のため横浜市都筑区にヘルスケアセンターを開設
-------------------------------------------------------------------------------
平成25年11月
採血管準備装置の卓上タイプBC・ROBO6の販売を開始
RFID検体情報統括管理システムTRIPSの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成25年12月
全自動尿分取装置のUA・ROBO-2000RFIDの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成26年1月
RFID検体情報統括管理システムの採尿分野に特化したu-TRIPSの販売を開始
ハンディタイプの電解質分析装置STAX-5inspireの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成26年6月
實吉政知が代表取締役社長に就任
-------------------------------------------------------------------------------
平成26年9月
電解質分析装置STAX-6の販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成26年10月
電解質測定器STAX-5 inspireが第31回神奈川工業技術開発大賞の奨励賞を受賞
-------------------------------------------------------------------------------
平成27年1月
尿スピッツラベラーUA・LABELLER-2RFIDの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成27年6月
RFID輸血管理・照合システムTRIPS-Btの販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成28年7月
全自動pH/血液ガス分析装置GASTAT-700の販売を開始
-------------------------------------------------------------------------------
平成29年4月
自動採血管準備装置BC・ROBO-8001RFIDの販売を開始
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)