渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
アツミサカイホウリツジムショガイコクホウキョウドウジギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
各種ビジネスサービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

弁護士・外国弁護士・スタッフの総勢270名余りを擁する総合法律事務所です。「クライアント価値創造のために法律実務の観点から総合的なソリューションを事案に応じて創造し、同時に、ビジネス社会の公正な発展をリードする」というミッションを掲げ、ファイナンス、競争法、コーポレート、M&A、危機管理、国際訴訟など多彩な分野はもとより、テクノロジー・メディアなど最先端な分野で高度なリーガルサービスを提供しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

広範な国際的プラットホーム

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業は、国内系法律事務所として、外資系法律事務所との共同事業ではない独立した形での外国法共同事業を開始し、東京オフィスの他、ロンドンおよびフランクフルトに拠点を有するなど、他に先駆けて国際的なリソースを拡大してきました。当事務所が加盟している複数の海外ネットワークや、様々なルートを通じて構築してきたグローバルなコネクションを介し、世界各国の法律事務所等と提携・協力することで、最適なチーム編成や最新情報の収集を可能にしています。

社風・風土

多くの女性スタッフが活躍中!働きやすい環境が整っています。

当事務所に所属する弁護士等の3割程度は女性弁護士です。弁護士・スタッフが性別を意識せず活躍できるカルチャーが形成されており、産前産後およびその後の職場復帰における理解やサポートも充実。女性スタッフが安心して働ける職場環境が整っています。こうしたあり方が高く評価され、2015年には第二東京弁護士会 男女共同参画推進二弁本部より「第一回ファミリー・フレンドリー・アワード」、2017年には、Asian Legal Business (ALB)主催のALB Japan Law Awards 2017において、同年新設されたWoman Lawyer of the Year部門で、当事務所の女性パートナー弁護士がWoman Lawyer of the Yearを受賞しました。

仕事内容

多彩なキャリアパス!出身学部に関わらず、幅広く挑戦できる!

活躍の場が幅広いことは、当事務所の特徴のひとつです。事務スタッフは、秘書・パラリーガル部門、アドミ部門に所属することになりますが、現在働いているスタッフの中には、秘書のチームリーダーとして活躍している先輩や秘書とパラリーガル業務を兼務している先輩、秘書からパラリーガルへのキャリアチェンジをした先輩もいます。配属に際しては、出身学部は問いません。「法学部出身者でないと、パラリーガル部門は難しいのでは?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、当事務所では様々な学部出身者がパラリーガルとして活躍しています。ぜひ積極的に、自分ならではのキャリアを築いてください。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

事務スタッフとして以下のような業務に携わっていただきます。

■秘書部門
スケジュール管理、会議のアレンジ、電話・来客応対、書類の作成・修正、コピー、ファイリング等、弁護士補助業務全般

■パラリーガル部門
弁護士の指揮・監督のもと、翻訳、ドキュメンテーション、登記、ピザ等、法律関係書類、官公庁への提出書類等の作成、届出業務全般

■アドミ部門
総務、経理、人事、IT、広報、図書等、管理業務全般

会社データ

事業内容 渥美坂井法律事務所・外国法共同事業は、国内系法律事務所として、完全に独立した形で外国法共同事業を立ち上げた総合法律事務所です。
現在、東京オフィスとは別に、ロンドンおよびフランクフルトにも拠点を有しています。弁護士、外国法事務弁護士ならびに外国弁護士約160名、スタッフを加えると総勢270名余りを擁し、その取扱分野の範囲は、国内の証券化案件に携わった実績を持つファイナンスはもちろん、M&A・投資案件、独禁法、各種ファンド、労働法、IP、IT/TMT、国際通商、訴訟・仲裁・倒産・事業再生、ライフサイエンス、エネルギー、スポーツ/エンターテインメント、さらには危機管理やFintech・IoT/AIを含むイノベーション分野に至るまで、広範に及びます。
近年においては、インターナショナル・ローファームとして、また、ダイバーシティ(国籍・性別・経歴等の多様なバックグラウンド)を尊重している事務所としての認知度も高まり、継続的にグローバルなリーガル専門誌のランキングやアワード等において、高い評価を受けています。
沿革 ■1994年/千代田区麹町にて渥美・臼井法律事務所として設立
■2003年/千代田区内幸町へ移転 
     渥美総合法律事務所に改称
■2005年4月/国内系の法律事務所として外国系法律事務所との合併ではない形での外国法共同事業を開始
■2010年11月/坂井豊弁護士等の加入に伴い渥美坂井法律事務所・外国法共同事業に改称
■2013年6月/渥美坂井法律事務所弁護士法人設立
■2013年7月/ヤンセン外国法事務弁護士事務所との外国法共同事業を開始
■2014年8月/ベルリンオフィス開設
     (ヤンセン外国法事務弁護士事務所と共同運営)
■2015年1月/Atsumi&Sakai Europe Limited設立
       ロンドンオフィス開設
■2015年12月/ベルリンオフィスがフランクフルトへ移転
従業員数 弁護士/約160名
スタッフ/約110名
代表者 マネージングパートナー 渥美 博夫
事業所 東京オフィス、ロンドンオフィス、フランクフルトオフィス
評価 ◆第1回第二東京弁護士会 ファミリー・フレンドリー・アワード受賞◆
第二東京弁護士会が、効果的・先駆的なワーク・ライフ・バランス推進策を実施している法律事務所を毎年継続的に表彰し、その優れたワーク・ライフ・バランス推進策を会内および社会に広く紹介するために実施しているアワードで、第1回の受賞事務所となりました。
※所属弁護士全体に占める女性弁護士の比率は約30%と高く、産前産後およびその後の職場復帰における制度や理解、サポート体制も整っています。
また、米国、英国、オーストラリア、中華人民共和国、インドなどの外国法事務弁護士を含む外国弁護士が多数在籍するなど、あらゆるダイバーシティを重視しています。

連絡先

〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル
渥美坂井法律事務所弁護士法人
新卒スタッフ採用担当

※ご質問ございましたら、下記メール宛にご連絡ください。
E-mail:staff-recruit@aplaw.jp
※当事務所のHPもご覧ください。
URL:http://www.aplaw.jp/
掲載開始:2020/03/12

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)