伊藤光学工業株式会社
イトウコウガクコウギョウ
2020
業種
医療機器
精密機器/専門店(メガネ・コンタクト・医療関連)
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

「人に役立つもの作りがしたい」それが伊藤光学工業株式会社の創業者の原点です。私たちはメガネレンズやハードコンタクトレンズの開発・製造を一環して行う国内メーカーです。さらにそのメガネレンズで培ったコーティング技術は、私たちの身の回りにある家電製品や車載用部品にも使われています。大きな会社ではないですが、一人一人が活躍できる職場を目指し、蒲郡の地域産業を支えています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「ちょっといいメガネレンズつくってます。」

これまでメガネレンズというと視力矯正ツールの一つでした。しかし私たちは、特定の光線をカットするブルーライトカットレンズを始め、熱に強い、キズに強いなど様々な技術開発を繰り返しながら新製品を世の中に送り出しています。「工場からメーカーへ」その想いを胸に、他社にない一工夫ある「ちょっといいメガネレンズ」を世の中に送り出していくことが私たちの使命だと考えています。また、メガネレンズに使われている熱に強いコーティング技術を活かすことで、耐熱性が必要な車載用部品にも使われ始めています。今まで培った土台を大切にしつつ、既存の技術を活かしながら、新しい市場に挑んでいくこと、それが私たちの掲げるビジョンです。

技術力・開発力

できることは自分たちでやっていこう!!

技術力は、元からあるものではありません。創業から62年「技術力は自分たちで磨こう」その想いで、これまで世界初、日本初の技術・製品開発を行ってきました。近年ではグッドデザイン賞も3点受賞するなど幅広い分野で自社製品をPRしています。技術部、開発室、情報システム部、自動化チーム、金型部門などの各種間接部門が、伊藤光学工業の新しい製品開発、製造現場の開発力を支えています。先人から受け継いだ技術に、若く新しい人材の力を注ぎ、教育していくことが、私たちの企業活性の源であり、私たちの目指すべき姿です。

仕事内容

失敗しても挑戦し続けていくこと。

メーカーですので、基本は製造部で、レンズ製造やコーティング加工から覚えてもらいます。レンズやコーティングの基本知識を身に着けていくことで、個々の素質を見極めていく中で、間接部門などに異動をしてもらうこともあります。製品を製造する部門・新規開発、既存技術改良をする部門・製品を販売する部門・製造、開発、営業をサポートする部門など、製造工場でも様々な部門を抱えています。製造は決して簡単なことばかりではありませんし、先輩たちも元々メガネのことを知って会社に入ったわけではありません。失敗しながらも、一つずつ覚え育って、挑戦してきたことが私たち伊藤光学工業の強さです。

会社データ

事業内容 各種光学及び眼鏡レンズの製造販売、医療用具の製造販売、真空蒸着による薄膜に関する事業
創業 1956年創業
設立 1957年7月15日
資本金 5000万円
従業員数 353名(男性298名 女性55名)
売上高 56億円(2017年9月期実績)
代表者 代表取締役 伊藤 寛
事業所 蒲郡本社、蒲郡工場、豊川工場
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)