株式会社研創
ケンソウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 株式公開
  • 正社員
業種
金属製品
建材・エクステリア
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

■重厚感ある銀行の看板。様々な彩りに輝く商業施設の看板。また観光地に欠かせない案内看板。私たち研創はそれら「サイン」を専門に手がける、業界でもトップクラスのメーカーです。
■業界でもいち早くレーザー加工機を導入し、加工システムまで自作して磨いた技術力と表現力は高い評価を獲得しており、全国で数えきれないほどの実績を持つ当社。きっとあなたも、当社の製品を目にしたことがあるはずです。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

街を彩る「サイン」を創る、業界トップクラスの上場メーカー

公共施設やさまざまな企業ビル、また病院や大型商業施設。その存在をアピールする看板や案内図(=サイン)は、街の風景にも欠かせない要素です。私たち研創は金属製サイン分野で全国トップクラスの実績を有し、業界でもいち早く上場を実現した専門メーカー。高度な加工技術には信頼も厚く、43社の代理店と2900社の販売店を介して全国に高品質なサインを納入。数多くの有名企業や歴史的建造物など、無数のロケーションのアイコンを手がけています。この豊富な実績は当社独自のノウハウ蓄積へと結びついており、クライアントがサインに求める表現に対して、素材選択やスペック面など常に的確な提案ができる点が当社の強みとなっています。

事業優位性

社会の動きに対応し、人の目を集め続けるモノを生み出す

例えば現在都市圏では、外国人観光客の増加に対応して看板の多言語化が進んでいます。また企業の合併や新ブランド展開などの際にも、サインは迅速に対応していかねばなりません。この業界の面白さは、さまざまな社会の動きに呼応する「時代性」にあります。世の中の変化が加速しつつある現在、サインのマーケットもまた順調に拡大しつつあるのです。また基本的にサインとは、大量生産品ではなくオーダーメイド品。案件ごとに達成すべきテーマは異なり、実務的にも「初めてのケース」が頻出してきます。それを乗り越えて設置したサインが、その後長きにわたって地域を彩るランドマークとして存在し続ける点も、この仕事のヤリガイです。

社風・風土

情報と予測で動き、機会を創出する「自由度の高い」仕事

受注生産品であるサインとは「売りに回って売れる製品」ではありません。重要となるのは、いかに多彩な情報を捉えて顧客の動向やニーズを予測し、そこに的確な働きかけを行っていくか。足ではなく頭を使う営業が求められてくるのです。もちろんそうした仕事には経験値も必要となり、当社では入社後はまず本社で既存顧客に向けた製品づくりに関する対応などを中心とした実務を通して、しっかりと営業ノウハウを蓄積する期間を設け、地力がついてから各営業所等で実際に顧客を担当していく人材育成体制を採っています。一人前と認められれば、自ら集めた情報に基づき、誰に何を売るのかまでを考えた行動が採れる「自由な」仕事で力を発揮できます。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【営業職】建築会社・金物卸店・看板専門業者などの固定取引先と連携し、建造物の新築・改装・看板の架替などのニーズに対応するサイン製品の導入を提案する営業です。本社で顧客と密接に対応し製品づくりを支える営業、また各営業所等で商談を行う営業と、業務は大きく二つに分けられます。
【情報システム職】社内情報システムの開発・保守・管理が主な業務です。
【製造職】サイン製品の製造や関連業務を行っていただきます。

会社データ

事業内容 ■金属製サインとその関連製品の製造販売
■板金加工部品の製造販売

※主要製品
レターサイン・LEDユニット・オーダー製品・エクステリアサイン・インテリアサイン・デジタルサイン・バリアフリー関連サイン・サインシステムオーダーサインほか

※当社の歴史のスタートは明治41年。当初はネームプレートの製造を手がける小さな会社でした。大きな転機となったのは昭和57年のレーザー加工機の導入。大きな表現力の向上が見込めると考え導入した設備でしたが、その価格は1億数千万円。当時の売上高5億円という当社にとっては非常に大きな決断でしたが、その活用に伴って売上高は急拡大。サイン需要の拡大も伴い、現在の研創の基盤を築くこととなりました。

※レーザー加工機の活用もそうですが、この業界には「技術が需要を作る」側面があります。現在も当社では、ステンレスからより軽量かつ多彩な加工が可能な樹脂への素材拡大、またネオン管からLEDの移行など技術開発にも積極的に取り組み、さらなる品質と表現力の向上に力を注いでいます。よりバラエティに富んだ「街の顔」づくりに向けて、研創の事業は進化を続けています。
設立 昭和46年9月 ※創業 明治41年
資本金 6億6400万円 ※東京証券取引所JASDAQ市場
従業員数 300名(平成31年1月現在)
売上高 57億4700万円(平成30年3月期)
代表者 代表取締役社長 林 良一
事業所 ■本社・工場/広島市安佐北区上深川町448
■仙台営業所/仙台市宮城野区宮千代2-3-11 渡正ビル2F
■東京営業所/東京都渋谷区初台1-47-1 小田急西新宿ビル3F
■名古屋営業所/名古屋市千種区池下1-9-10 橋本ビル3F
■大阪営業所/大阪市淀川区西宮原1-4-25 第2谷ビル7F
沿革 明治41年4月 広島市猿楽町でネームプレート製造業を開始
昭和46年9月 株式会社広島研創設立
昭和54年4月 株式会社研創に社名変更
昭和54年6月 工場を広島市安佐北区高陽町に新設
昭和57年9月 東京に営業拠点開設
昭和57年12月 レーザー加工機導入
昭和58年10月 本社を広島市安佐北区高陽町に移転
昭和59年3月 Vカット加工機導入
昭和59年4月 大阪に営業拠点開設
昭和61年9月 新工場「ファクトリーランド」を新設
平成2年4月 名古屋に営業拠点開設
平成2年11月 店頭登録銘柄として株式公開
平成3年11月 本社・工場を「研創ファクトリーパーク」に移転
平成11年2月 ISO9002認証取得
平成16年12月 組織変更に伴い、ジャスダック証券取引所に上場
平成20年4月 創業100周年
平成25年7月 東京証券取引所JASDAQ市場に株式上場
平成26年4月 仙台に営業拠点開設

連絡先

〒739-1792 広島市安佐北区上深川町448番地
082-840-1002/担当/採用担当
recruit@kensoh.co.jp
https://www.kensoh.co.jp
掲載開始:2019/03/01

株式会社研創に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社研創に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)