社会福祉法人わらしべ会
ワラシベカイ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

社会福祉法人わらしべ会

障害者支援施設/日中・就労系事務所/地域・相談系事務所
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/人材サービス(人材紹介・人材派遣)/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/その他サービス
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

前身となる肢体不自由児療育施設『わらしべ学園』が、枚方市長尾荒阪にできたのが、1978(昭和53年)。
創設者である村井正直氏が夫婦ではじめました。

柔道や乗馬を積極的に療育に取り入れ、スタッフの海外研修も行うなど、
自由と独創性のある運営方針が特徴です。

現在は入所施設だけでなく、グループホームや就労支援など、
利用者の方が地域で普通に暮らすことを目標に、幅広い事業展開にチャレンジしています。

当社の魅力はここ!!

魅力的な人材

利用者の方が本当にやりたいことは何か?

わらしべ園でリーダーを務める神澤(左写真中央)。以前は精神障害者向けの施設に勤務していたが、「ひとつの分野だけでなく、いろんな経験をしたい」とわらしべ会の門を叩いた。入所後、早い時期からリーダーを任される。前職とは違い、施設運営に対する改善提案の自由度が高いことも感じていた。「私が課題だと感じたのは、施設主体の運営がなされていること。“利用者が本当にしたいこと”を実現したいんです」。神澤は利用者の声を集め「実は遊園地に行きたい」という希望が一番強いことを知り、遊園地ツアーを企画、実現する。これまでの慣習に流されず、本来あるべき姿を追求することは、わらしべ園で歓迎されることのひとつになっている。

魅力的な人材

「トイレに座ってもらうこと」をあきらめずに実現。

職員が利用者のために頑張ったケースをもうひとつご紹介。2016年に入社した吉村(左写真)は、1年目にトイレに行くことが困難なある方を担当した。「その方はトイレに座っていることはできないだろうということで、オムツで過ごされていたんです。衛生的な問題もありましたし、なるべく普通の生活ができるように支援することが私たちの役割なので、なんとかしたいと考えました」。吉村は周りの先輩職員を巻き込みながら、外部の福祉用具会社にも数多くあたった。そんな中、ポータブルトイレを使用した方法を探り当てる。「今はそのポータブルトイレをご利用いただいています。自分がしたことがこんなにも喜ばれるのかと少し驚きましたね」。

待遇・制度

自己を成長させ、自由に意見、提案できる組織。

上述した神澤や吉村に限らず、わらしべ会では何かアイデアがあれば、どんどん意見し、提案していける雰囲気がある。わらしべ会の創設者である医師の村井も、柔道や乗馬を使った療育で、利用者のモチベーションを引き出すことに挑戦してきた。特に乗馬は、馬の揺れが体の緊張をほぐし、馬の世話をすることで精神的にも安定するという優れた効果があると言われている。またユニークな取組みは社員教育にもあり、自主提案型の研修制度を導入している。これは自らが学びたい事柄を申告し、認められれば補助が出る制度。9年目の職員がこの制度を利用し、スウェーデンで研修を受けた。あなたなら、どんなことをここで実現してみたいだろうか?

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

生活支援員として、障害者支援施設でのサポート業務を行っていただきます。

「わらしべ園」の入所施設は身体障がいの方が大半です。
「第二わらしべ園」の入所施設は知的障がいの方を対象としています。
日中、様々な活動を行っています。

施設の運営にも積極的に関わっていただきたいので、
主体性を思う存分発揮できる仕事です。

会社データ

事業内容 医師、村井正直がハンガリーの教育研究所から持ち帰った集団教育法をはじめに、独自のプログラムで身体機能訓練がわらしべ会では実践され、様々な活動を日中は行っています。

その活動内容は幅広く、障がい者柔道、障がい者乗馬、和太鼓、木工、喫茶などが主な活動です。わらしべ会はこれらのプログラム以外の活動にも力を入れており、重度の身体障がい者に対する表現方法として芸術活動や音楽活動、第九の合唱など、多彩なカリキュラムを作っています。

また、施設を出て、地域で一人暮らしを希望する方への支援も以前から取り組んでおり、実際に枚方市内や、もともとその人たちが生活していた場所への地域移行の実現もできました。

地域社会と繋がり認知される法人活動の理念のもと、知的障がい者の方への一般企業への就労支援を進めています。

短期入所も実施しており、地域へ帰られた方へのアフターフォローや家族のレスバイト(介護の休息)等にも利用されています。
設立 1981年4月
資本金 社会福祉法人のため資本金はありません
従業員数 271名 (男性職員78名・女性193名)※2017年3月
売上高 社会福祉法人のためありません
代表者 理事長・丸山正雄
事業所 わらしべ園 Haruかぐまち 第二わらしべ園 ハッピーガーデン 
セルプわらしべ 村野わらしべ アトラクト イーウィット 
障害者相談支援センターわらしべ 障害者地域活動スペースSORA  
サービスセンター・わらしべ 
ケアホームすがはら かぐまち あすなろホーム
沿革 1978(昭和53)年 肢体不自由児療育施設わらしべ学園開設

1981(昭和56)年 社会福祉法人わらしべ会法人認可 重度身体障害者更生援護施設わらしべ園開設

1993(平成5)年 障害者乗馬療育開始

1996(平成8)年 わらしべ会障害者生活支援センター開設 知的障害者更生施設第二わらしべ園開設

1997(平成9)年 知的障害者デイサービスセンター開設 ホームヘルプサービス開始

1998(平成10)年 国際障害者柔道大会に参加 (イタリア・ベネチア)

2001(平成13)年 グループホーム事業開始

2002(平成14)年 知的障害者通所授産施設セルプわらしべ開設 セルプわらしべで乗馬センター活動開始

2005(平成17)年 村野わらしべ開設

2007(平成19)年 障害者地域活動スペースSORA開設

2010(平成22)年 あすなろホーム開設 イーウィット開設

2012(平成24)年 アトラクト開設 HARUかぐまち開設

2013(平成25)年 ハッピーガーデン開設

連絡先

社会福祉法人 わらしべ会
〒573-0103  大阪府枚方市長尾荒阪2-3545番地
アクセス:JR片町線『長尾』駅より徒歩20分
TEL:072-850-5507  採用担当 わらしべ園 石川太一朗
MAIL:ishikawa0511@abox3.so-net.ne.jp
HP:http://www.warasibe.or.jp/
掲載開始:2019/03/01

社会福祉法人わらしべ会に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

社会福祉法人わらしべ会に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)