社会福祉法人新生寿会
シンセイジュカイ
2020

社会福祉法人新生寿会

きのこグループ
業種
福祉・介護
医療関連・医療機関/その他サービス/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/安全・セキュリティ産業
本社
東京、岡山

私たちはこんな事業をしています

■■■私たちは介護施設を目指してません!■■■
「認知症であっても最期までその人らしく」
母体であるきのこグループは、1980年に岡山県で誕生し、1984年に日本で初めての認知症専門病院「きのこエスポアール病院」を開設。以来、30年以上に亘り認知症ケアに取り組んでいる認知症ケアのパイオニアです。これからも、自由な発想のもと、その人らしさを追求したケアを東京・岡山から世界に向けて発信していきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

人対人のケアにマニュアルはない。最適のケアの在り方を模索する

より良いケアのため、研修に注力しています。まず社会人としてのマナーからスタートし、ユニットケア、認知症、バリテーションなど、高齢者の方と関わるための基本姿勢を身につけていきます。ご家族の方を講師に招いてご家族の立場や思いを知ることも怠りません。人対人のケアにマニュアルは無く、入居者の生活や思いを重視するところから「その人らしさを大切にするケア」は生まれています。ユニットごとに出前をとったり、遠出したりと自由な取り組みをしています。ユニットに権限を委譲しているので、自由度の高い介護を実践できる環境がここにはあります。目の前にいる利用者の最善を目指して、自分のできる最高の介護を目指してみませんか?

戦略・ビジョン

利用者と地域社会のとの自然な交流の形を新しく創る

「ありすの杜南麻布」では、屋外独立型の清潔で明るい【ウェルカムトイレ】をはじめ、オープンテラスのあるカフェレストラン、セミナールームなどを設け、近隣の住民の人も気軽に足を踏み入れることができる施設づくりをしています。これは地域の人たちにも積極的に利用していただきたいからです。利用者の方はここに「住んでいる」という考えだからこそ、地域社会との交流が自然にできることを大切にしています。国際的な地域性や多世代交流が身近に行える場として相互に活用しています。そして今後も成長していく中で地域とともに、施設の在り方、そこに住むお年寄りの生活のスタイルと認知症のケアの在り方を東京から発信しています。

社風・風土

だから職員が定着する!

【私たちは、介護施設を目指していない!】  という、独自のスタイルを貫くために、独特の研修スタイルを敷いています。その内容は、各種専門雑誌や、大手新聞社にも取り上げられるようになりました。新人さんでも、2年目でも、5年目以上でも、スタッフひとりひとりの強みを生かし、自分たちで自由にケアを考えていく。だから研修のやり方もフリーダムです。研修のキャッチコピーは、『利用者さんのその人らしさを大切にするのであれば、職員のその人らしさも大切に!』正直、研修の内容はここでは語りつくせません。すべては、利用者さんの笑顔を引き出すために。是非、見学の際に採用担当にお尋ねください☆

会社データ

事業内容 ■特別養護老人ホーム
■老人保健施設
■グループホーム
■小規模多機能型居宅介護
■認知症対応型通所介護
■特定施設入居者生活介護(ケアハウス)など
設立 1980(昭和55)年
従業員数 約730名(2016年4月現在)
代表者 理事長:佐々木 健
事業所 ◆東京事業
  ◇港区事業所/東京都港区南麻布4-6-1南棟
  ◇品川区事業所/東京都品川区小山7-14-4
  ◇千代田区事業所/東京都千代田区神田佐久間町3-16-6
               東京都千代田区麹町2-14-3

◆岡山本部/岡山県井原市木之子町2330


【施設】
●ジロール神田佐久間町/東京都千代田区
●ジロール麹町/東京都千代田区
●小山倶楽部・グループホーム小山/東京都品川区
●東五反田倶楽部/東京都品川区
●ありすの杜きのこ南麻布/東京都港区

●特別養護老人ホーム きのこ荘/岡山県井原市
●きのこ老人保健施設/岡山県笠岡市
●サービスハウスえすぽ/岡山県笠岡市
●きのこセイモン/岡山県井原市
●グループホーム 新賀/岡山県笠岡市
●グループホーム きのこのき/岡山県笠岡市
●グループホーム 炉端の家/岡山県笠岡市
●西部いこいの里/岡山県井原市
●総社市山手福祉センター/岡山県総社市
●笠岡市認知症介護研修センター/岡山県笠岡市
ユニットケアって? ■ユニットケアってなんだ?■

大きな施設であっても、小さな施設であっても、その人のためだけの特別なケアを実施したい。
だから、ユニットケアです。

たとえば100人の入居施設であれば、利用者さん10名ずつ10個の『家(ユニット)』に分けてケアを提供しています。
一つのユニットの職員数は、10名に対して約6名。これだけ手厚い職員体制をしいているからこそ、のんびりしたケア、細やかなケアが実現できます。

過ごし方、食べるもの、環境づくり、
それぞれの『家(ユニット)』が、それぞれの暮らしを作り上げていく。
これがまさに、当施設のユニットケアにおけるやりがいです。
自分たちで作り上げる!(現場の自由度は最高レベル) ■利用者さんのためであれば、どんなことでもできる!■

利用者さんにもっとも身近な現場のスタッフたちが、自分たちでケアを決めていく。
たとえば・・・

☆いきつけだったうなぎ屋に、一緒にご飯を食べにいく
☆家族旅行をサポートする
☆両親のお墓参りのために、旅行がてら遠方に
☆一緒にテレビを楽しむのも、一緒にコーヒーを飲むのも大切なこと

などなど。
「人生の数だけ、ケアの方法がある」
それを実現できるのは、もっとも身近にいるスタッフたちです。

地域に密着し、認知症になっても安心できる社会を! 『認知症であっても、住み慣れた地域で最後までその人らしく』

もはや誰でもなる可能性がある「認知症」という病気。
私たちの法人は、
「認知症を患った人たちが、幸せに暮らせるユートピアをつくりたい」
という想いを胸に、約30年前に法人が誕生し、業界を牽引してきました。

認知症になっても幸せに暮らすことを支援するとは?
そんな方法があるのか?

と証明できる、地域の人も巻き込んだ施設づくりをおこない、
一般に開放したカフェ、
地域への認知症ケアの啓蒙活動等、

さまざまな活動をしています。ご興味があれば、ぜひお問い合わせくださいませ。
資本金 約1億円
売上高 約30億円(法人全体 平成28年度実績)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)