ダイヤ製薬株式会社
ダイヤセイヤク
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

ダイヤ製薬株式会社

医薬品/化粧品/ヘルスケア 【金橋ホールディングスグループ】
  • 正社員
業種
医薬品
化粧品/化学/商社(医薬品)
本社
奈良、兵庫

私たちはこんな事業をしています

『ないものは創る』の精神で、
「貼って治す」医薬品、「貼って美しくなる」化粧品、
「貼ってリフレッシュする」ヘルスケアなどの製品を製造しています。

みなさんも一度は目にしたことがある「冷却シート」は、当社が開発したものです。
この製品は、当社が持つ水溶性高分子技術「SOL in GEL」テクノロジーを用いて開発し、
大手製薬メーカーに製品供給して販売されました。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

「貼る分野」にこだわったパイオニア企業です。

1948年の創業以来、外用薬・湿布・パップ剤などの「貼って治す」医薬品や化粧品などを一貫して研究・製造しています。1993年には、水溶性高分子技術「SOLinGEL」の開発に成功。このテクノロジーから生まれた経皮吸収タイプの貼付剤は、それまでになかった新しいマーケットを切り開くことになりました。「風邪をひいた」「なんだか顔が暑い」こんなときにおでこに貼るタイプの氷嚢(ひょうのう)を世界で初めて当社が開発しました。また、多くの女性が愛用する毛穴(鼻)パックの開発も当社が初めて開発した製品の一つ(世界特許取得済)。これからも、次々と世界初の大ヒット商品を生み出せるよう、日々研究開発に取り組んでいます。

戦略・ビジョン

「奈良から世界へ」私たちの視線は世界を見据えています。

現在私たちは、国内ヒット商品の成功に留まらず、イギリス、フランス、スペインをはじめとした、世界市場へも進出し、アメリカへの展開も実施中です。このような背景のもと、創業以来培ってきたノウハウと技術力を武器に、今後ますます高付加価値商品の開発を中心にグローバルな展開を図りたいと考えており、その一つとして、将来新奈良工場の建設計画を進めています。見据える視線の先には世界がありますが、その一方で、「奈良にダイヤ製薬あり」と言ってもらえるように、地域の発展にも貢献し続ける企業でありたいと思っています。

施設・職場環境

厳しい品質基準をクリアした開発施設で、次々と新製品を開発。

当社は、医薬品を製造する上では欠かせない品質管理基準“GMP”に適合する大規模な生産工場を保有しています。この施設は、1999年に大手外資系製薬メーカーから買収したものであり、厳しい品質基準をクリアした施設で開発・製造を行うからこそ、これまで多くの取引先に信頼されてきました。施設設備は、貼付剤やSOL in GEL剤の調合から塗付までを自動化したオリジナル製造ラインが用意されており、あらゆる製品の製造が可能です。すべてのマシンは、設計段階から社長自らも参画し、研究スタッフとともに完成させたもので、ラインの随所に貼付剤のパイオニアにふさわしい独創技術が活かされています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

営業、製造、人事、総務、経理など幅広く募集をします。
文系の方歓迎です。

当社製品である、外用薬やパップ剤の開発から販売までを行って頂きます。
みなさんの希望や適性に応じて、研究開発や製品営業を行って頂きます。

当社は常に、世の中にない新しいものを生みだすことを目指していますので、
みなさん一人一人のアイデアや活躍でどんどん「世の中にとって必要なもの」を生み出してください。

会社データ

事業内容 冷却シート・化粧用ジェルシート・医薬品パップ剤他、
幅広く開発し製造しています。

「既成概念にとらわれない大胆な発想と行動力」
これが私たちの企業精神です。
設立 1975年
資本金 6600万円
従業員数 従業員計 260名
売上高 54億円 (2018年9月末)
56億円 (2017年9月末)
50億円 (2016年9月末)
37億円 (2015年9月末)
28億円 (2014年9月末)
24億円 (2013年9月末)
23億円 (2012年9月末)
23億円 (2011年9月末)
代表者 代表取締役社長 守金 大蔵
事業所 奈良本社
兵庫工場
奈良工場
東京営業所
研究棟
沿革 1948年    守金久次が金橋薬局を創業

1950年    薬局調剤として水虫薬<三ツ星 ダイヤ軟膏>を開発

1955年    医薬品製造部門を「ダイヤ製薬」と命名する

1959年    乗り物酔いの医薬品<飛龍>を開発

1962年    ダイヤ製薬製造工場を新設

1963年    ダイヤ製薬試験棟を新設

1973年    <三ツ星 ダイヤ浣腸>を開発

1973年    <三ツ星 ダイヤ軟膏>改良タイプ開発

1975年    有限会社ダイヤ製薬設立、守金眞滋が代表取締役に就任

1978年    ダイヤ製薬GMP工場を橿原市東坊城町に新設

1979年    ダイヤ軟膏の姉妹品<ダイヤテート>を開発

1980年    有限会社ダイヤ製薬からダイヤ製薬株式会社に組織を変更

1981年    ダイヤテートの姉妹品<ダイヤテート液>を開発

1983年    奈良工場敷地内に研究棟を新設

1983年    <三ツ星 ダイヤ浣腸>の改良タイプ開発

1983年    SOL in GEL経皮吸収水性貼付剤を開発

1983年    世界初の「伸び伸び・肌にピッタリフィット」のパップ剤
        <ニューサンユクール>発売

1986年    開発を中心とした姉妹会社「白金製薬株式会社」を設立

1986年    自由自在に伸び縮みするウレタンフォームを支持体とするパップ剤を開発

1987年    生薬配合パップ剤<ニッポーダイヤナチュラル>を発売
            生薬パップ剤の火付け役となる

1989年    奈良工場敷地内にパップ剤製造棟を新設

1992年    水溶性鎮痛消炎プラスター<ムンシール>を開発

1993年    “貼る氷嚢”<アイスタッチ><ウォーターシート>を開発

1994年    大手メーカーとの共同開発による冷却シートが爆発的な人気を博す

1996年    奈良工場敷地内に貼る化粧品の製造棟を新設

1997年    角栓除去剤<毛穴パック>を開発

1997年    イギリスの販売会社を通じ海外市場への進出を開始

1997年    大阪中小企業投資育成会社から1.1億円の投資を受ける

1998年    兵庫県氷上郡柏原町にある外資系医薬品製造工場を買収

1998年    フランス大手化粧品メーカーとの共同研究を開始

1999年    スペインにて化粧用ジェルシート販売を開始

1999年    姉妹会社 白金製薬(株)に出資を行い連携を強化、一体化を推進

1999年    ダイヤ製薬兵庫工場に製造部門を移設

2000年    ダイヤ製薬奈良工場:京奈和自動車道路の拡張工事に伴い、閉鎖

2001年    ダイヤ製薬奈良工場の一部を改装して研究棟を立ち上げる。

2002年    新たに、化粧品雑貨工場として奈良県高市郡高取町に奈良工場を立ち上げる。

2002年    橿原市上品寺町にダイヤ製薬本社ビルを竣工

2003年    金橋薬局・本社ビルにオープン

2004年    透明ゼリー発売

2005年    のどスプレー発売

2006年    守金眞滋が代表取締役会長に、守金大蔵が代表取締役社長にそれぞれ就任

2007年    本社ビルにドラッグストア金橋オープン

2008年    含浸フェイスマスクのラインを新設

2009年    地域イノベーション創出研究開発事業に採択

2009年    テープ剤のラインを新設

2010年    消炎鎮痛剤の液剤ラインを新設

2012年    ISO13485認証取得

2013年    中国で合弁会社新設

2014年    兵庫第二工場新設

2017年    地域未来牽引企業に選定

連絡先

〒634-0803
奈良県橿原市上品寺町515
採用担当

TEL:0744-21-5577
FAX:0744-20-1155
掲載開始:2019/03/01

ダイヤ製薬株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

ダイヤ製薬株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)