福島キヤノン株式会社
フクシマキヤノン
2020

福島キヤノン株式会社

IT/情報/システム/生産技術/製造業/管理
業種
コンピュータ・通信機器・OA機器
本社
福島

私たちはこんな事業をしています

インクジェットプリンタの心臓部であるインクカートリッジの生産をメインに,
キヤノングループの中核生産拠点として、幅広い事業を展開しています。
<事業内容>
◆インクジェットプリンタ製品の主力会社
◆インクジェットプリンタ用プリントヘッド、インクタンクの生産
◆業務用フォトプリンタの生産
◆キヤノン製品のソフトウェア品質評価

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

世界中のみなさまに愛されるキヤノン製品を作り続けていきます。

キヤノングループの中核生産拠点として、高画質、高速印刷を可能にしたインクカートリッジの生産を主力とする事業を展開している当社。キヤノンが世界に誇るインクジェットプリンタの心臓部であるインクカートリッジの生産には、世界最高水準の超精密加工技術が使われています。当社はインクジェットプリンタ製品の主力会社として、キヤノングループの海外拠点への技術支援を推進。また、多くのキヤノン製品に搭載されるソフトウェアの品質評価業務にも取り組んでいます。今後も、世界中のみなさまに愛されるキヤノン製品を福島の地より作り続けていきます。

技術力・開発力

さまざまな生産技術を駆使し、開発者の意図を形にします。

インクジェットプリンタの基本設計はキヤノン本社の開発部門が行います。量産での生産方法を考え、工程や手順を設計するのが当社の技術者の仕事です。「どのようにすれば、開発者の意図を正確に反映させた製品をつくることができるのか」、また「どのようにすれば、低コストで量産体制を構築することができるのか」など、高付加価値量産体制を完成させることが、私たちの使命なのです。キヤノンのインクジェットプリンタは高画質を実現するために独自の技術を採用。当社では半導体製造技術と独自の材料技術、そして斬新なプロセス技術を駆使することで、1兆分の1リットル(1ピコリットル)という非常に微細なノズル形成を実現しているのです。

企業理念

自発・自治・自覚の三自の精神で、仕事に取り組みます。

当社は「時代を読み、変革を求め、限りなく前進する」「豊かな発想と知恵で理想のモノづくりを追求する」「高く広い技術・技能のキラリと光る人をつくる」という経営方針のもと事業を展開。そして、“三自の精神”を行動の指針としています。三自とは“自発”“自治”“自覚”のこと。これは、社員は何事も自ら進んで積極的に行い(自発)、自分自身を管理し(自治)、自分が置かれている立場・役割・状況をよく認識する(自覚)姿勢で前向きに仕事に取り組むことを意味します。さらに、私たちは現状に満足することなく、つねにワンランク上を目指したいと考えているのです。このようなチャレンジングな姿勢が当社の特色です。

会社データ

事業内容 ◆インクジェットプリンタ製品の主力会社
◆インクジェットプリンタ用プリントヘッド、インクタンクの生産
◆業務用フォトプリンタの生産
◆キヤノン製品のソフトウェア品質評価
設立 1969年12月
資本金 8000万円
従業員数 1,853名(2017年8月現在)
売上高 639億円(2016年12月期)   
代表者 代表取締役社長 相馬 克良
事業所 本社/福島県福島市
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

【インターンシップ締切日順】この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)