株式会社日経BP
ニッケイビーピー
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社日経BP

建築、医療、IT、経営/専門情報/デジタルメディア
  • OpenES
  • 正社員
業種
出版
インターネット関連/コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス/広告
本社
東京

先輩社員にインタビュー

日経ビジネス編集
広田 望(29歳)
【出身】奈良先端科学技術大学院大学  物質創成科学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 聞いた話を「書かない」仕事
雑誌記者です。IT専門誌「日経コンピュータ」を経験し、今は週刊経済誌「日経ビジネス」の記事を書いています。先輩社員に、記者の仕事は「書かないこと」だと教わりました。たくさんの人に話を聞いて、その中で1番面白い部分だけを残して、ほかを全部書かなければ、面白い記事になるそうです。聞いた話はどれも面白く、何が1番面白い内容なのか、いつも迷いながら記事を書いています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
読者の反応がダイレクトに届く
IT業界のあるテーマについて疑問を投げかける記事を書いたところ、製造業の役員から「よく書いてくれた」という感謝のメールが直接届きました。多くの人が疑問を感じていても、業界関係者の立場からは言い出しづらかったり、関係者だからこそ気付かない視点があったりします。そうした疑問や視点を投げかける記事が書けると、読者からダイレクトな反応があり、書いてよかったと思えます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 何でも知るチャンスがある
1番詳しい人に話が聞けるのが記者の魅力ではないでしょうか。疑問に感じたことや調べてもわからなかったこと、嘘か本当かわからない噂の真相などを詳しい人に聞き、同じような疑問を持っている読者に向けて記事にするのが仕事です。誰かが知っている内容であれば何でも知るチャンスが与えられている。そんな知的好奇心を刺激してくれる仕事だと思います。
 
これまでのキャリア 雑誌記者(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 企業経営について、コンサルティングしていく仕事
仕事のスタイル どちらかと言うと個人プレーな仕事
仕事でかかわる人 役員/部長クラスの方とビジネスする仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のことは自分が一番よく分かっている」というのは大嘘です。就職活動は自分を企業にアピールすることですから、なんとかして自分を知る必要があります。ところが、自分が他の人からどう見えているかは自分では分かりません。だからこそ、友人や先輩・後輩などいろいろな人と会話して、比較して、自分自身のイメージを具体的に想像する必要があります。自分の近くにいる人を武器にして自分を見つめ直し、団体戦のつもりで就職活動に望むことをおすすめします。

株式会社日経BPの先輩社員

日経メディカルで医療従事者向けに記事を編集・執筆

日経メディカル編集
古川 湧

土木・建設分野の技術者に発信する専門記者

日経コンストラクション編集
長谷川 瑤子

「広告+α」が新しい営業スタイル

技術メディア広告部
竹下 英里

掲載開始:2019/03/01

株式会社日経BPに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社日経BPに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)