横浜植木株式会社
ヨコハマウエキ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

横浜植木株式会社

種苗/園芸/造園/園芸用品輸出販売/専門商社/WEB専門店
※現在、「プレエントリー」または「説明会・イベント」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
農林
その他商社/その他専門店・小売
本社
神奈川

人事ブログは、掲載企業各社が独自に発信する情報です。内容に関するご質問等は、直接掲載企業にお願いいたします。

宮谷ブログ ブリーダーの仕事

菊川研究農場 生産管理部の宮谷です。
 
ブリーダーの仕事

計画を立てる→圃場の準備をする→種をまく→植物を育てる→くまなく観察する→良さそうなものを選抜する→交配をする→種を取る→圃場の後片付けをする→結果を評価する→(以下無限ループ・・・)
細かいことは抜きにして大雑把に言うと、ブリーダーのルーティーンは上のような流れになります。これはまさにPDCAサイクルそのものです。

ブリーダーに向いている人向いていない人がいるとはよく言われます。
確かに、それを否定はしませんが、他の職種であっても向き不向きは必ずあるはずなので、何もブリーダーに限ったことではないと思います。
特殊能力が無ければブリーダーになれないなどということは有りませんのでご安心を・・・。
 
敢えて言えば、上のようなPDCAの考え方をきちんと持って取り組む能力は必要です(これもブリーダーに限って必要というものではないですが…)。
 
育種をするにはどうしても植物を育てる必要が有るので(将来は必要無くなるかもしれませんが・・・)、早いものでも半年で1作、通常は1年1作で、長いものでは2年で1作という品目もあります。
仮に1年1作で40年育種したとしても、40回しかチャレンジができないことになります。
1日に1回実験を回せるものと比較すると、チャレンジ回数はとてつもなく違ってきます。

また、植物を育てる場所も労力も必要となりますので、大きな規模で取り組むことも難しくなり、ボリュームアップによるチャレンジ回数の限界点も低いと言えます。
さらに、天候は毎年異なり、同じ条件は二度と揃わないので着実なステップはおろか、足踏み、さらには後退を余儀なくされる事態も発生します。
 
このような厳しい条件はブリーダーであれば皆共通ですが、その中でいかにより早くより高いゴールにたどり着けるかの競争になります。
 
先ほど40回しかチャレンジ回数が無いと言いましたが、これをトライ&エラーでチャレンジするのか、PDCAでチャレンジするのかで結果に大きな違いが出ることは歴然と言えるでしょう。このあたりが、ブリーダーの仕事の厳しさでもあり面白さでもあると思います。

 

 

19/03/13 10:00

仕事内容

同じ「仕事内容」内の最新記事

長谷川ブログ3  交配シーズン

結城ブログ ニンジン栽培調査

田村ブログ2 ―品種の開発―

前の記事 | 次の記事
記事カテゴリー

事業内容・会社概要(1)

仕事内容(9)

社風・職場環境(1)

社員紹介(8)

会社説明会(2)

最新の記事

19/04/11 13:58
入社式記念撮影 !

19/04/11 13:52
長谷川ブログ3  交配シーズン

19/03/27 17:24
結城ブログ ニンジン栽培調査

19/03/25 10:52
長谷川ブログ2 ふたば会

19/03/25 08:54
田村ブログ2 ―品種の開発―

月別の記事

2019年04月の記事

2019年03月の記事

掲載開始:2019/03/01

横浜植木株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

横浜植木株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)