イオンモール株式会社
イオンモール
2020

イオンモール株式会社

東証一部上場/商業ディベロッパー/不動産/イオングループ/開発
  • 株式公開
業種
不動産
百貨店/専門店(複合)
本社
千葉
リクナビ限定情報

私たちはこんな事業をしています

イオンモールは、ショッピングモールの立地調査、企画・開発、建設、リーシング、運営・管理に至るまで、ショッピングモールに関連したすべての事業領域を総合的に展開する商業ディベロッパー(不動産業)です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

商業ディベロッパーのリーディングカンパニー

ショッピングモールの立地調査から企画・開発、建設、リーシング、運営・管理までを一貫して行うのが、イオンモール。地域の声、お客さまの声を反映し、多くのパートナー企業の方々とともに、まちをつくるのが当社です。当社は単にモノを販売するのではなく、「体験」や「体感」というコトを通し、感動や夢中を生み出す場所でありたいと考えています。2017年9月にオープンしたイオンモール松本は、松本の魅力を日本全国、世界からの観光客の皆さまに発信し、親しんでいただけるよう、個性と賑わいにあふれた新拠点を創出することで、松本市および長野県の更なる発展、地域経済の活性化に寄与します。(写真:イオンモール松本(長野県))

リクナビ限定情報
企業理念

LIFE DESIGN DEVELOPER

イオンモールは地域とともに「暮らしの未来」をつくるLife Design Developerです。商業施設の枠組みを越えて、一人ひとりのライフステージを見据えたさまざまな機能拡充を行い、ショッピングだけでなく、人との出逢いや文化育成なども含めた“暮らしの未来”をデザインしています。当社は国内、海外に約200店舗のショッピングモールを展開しております。それぞれの地域においてそこにしかない魅力をつくり、お客さまに喜びや楽しみ、そのモール特有の価値を提供する商業施設づくりをめざしています。

リクナビ限定情報
戦略・ビジョン

アジア50億人の心を動かす企業へ

当社の海外事業は、中間層が拡大するアジアの成長エリアで出店をしています。現在、中国、アセアン3カ国(ベトナム、インドネシア、カンボジア)にて重点エリアを設定し積極的な出店を続けています。また、海外ではまだ一般的ではない大規模駐車場の設置や、売り場編集力、アミューズメント強化によるコト消費への対応、日本流サービスのご提供など、当社がこれまで日本の事業で培った日本での経験を活かした事業展開も大きな強みとなっています。当社は国内だけでなく、海外でも地域社会における存在感を高めていきます。そして、アジアNo.1の商業ディベロッパーとしての地位を確立することをめざします。

リクナビ限定情報

会社データ

事業内容 大規模地域開発及びショッピングモール開発と運営

設立 1911年11月
資本金 422億71百万円(2018年5月現在)
従業員数 4,653名(2018年5月現在)
営業収益 2,881億円11百万円(2018年2月期)
代表者 代表取締役社長 吉田 昭夫
モール数 197店舗(海外含む) ※2018年5月21日現在
関連会社 イオン株式会社、イオンタウン株式会社、イオンリテール株式会社、イオンクレジットサービス株式会社、イオン保険サービス株式会社、イオンフィナンシャルサービス株式会社
※イオンモール(株)は、AEONグループの一員です。
2007年に株式会社ダイヤモンドシティを吸収合併しています。
モール所在地 北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島、群馬、茨城、埼玉、栃木、新潟、富山、石川、長野、東京、神奈川、千葉、山梨、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、和歌山、岡山、広島、島根、鳥取、香川、高知、愛媛、徳島、福岡、大分、熊本、宮崎、沖縄、海外
リクナビ限定情報
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)