株式会社シード
シード
2020

株式会社シード

SEED CO., LTD. 東証一部上場
  • 株式公開
業種
医療機器
医薬品/商社(医療機器)/商社(医薬品)/専門店(メガネ・コンタクト・医療関連)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

「見える」をサポートする【コンタクトレンズ事業】【コンタクトレンズケア事業】【眼鏡事業】の3事業を中心に、
現在では、医療などの分野にも視野を広げて研究・開発を行っています。
1951年、日本で初めてコンタクトレンズの研究に着手して以来、コンタクトレンズのパイオニアとして業界を牽引してきた私たち。
そのノウハウを活かし、海外にも積極的に展開しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

シードは“見える”をサポートしている企業です。

人間が感覚器官から得られる情報のうち、80%以上は視覚情報であると言われるほど、「見える」ということは非常に大切な役割を果たします。私たちシードは1951年に日本で初めてコンタクトレンズの研究に着手して以来、コンタクトレンズ業界のパイオニアとしてお客様の「見える」をサポートしてまいりました。また、大切な目に直接装用するコンタクトレンズは安心・安全であることが第一です。私たちは原料から製造まで純国産にこだわり、コンタクトレンズの製造では珍しい全品検査体制を採用。現在では、国産コンタクトレンズの強みを活かしASEANや欧州地域にも積極的に進出しており、『日本のシード』から『世界のシード』へと進化していきます。

事業・商品の特徴

わずか数ミリの曲面で、世界を変える。

存在すら知られていなかったコンタクトレンズの市場を開拓してきた私たち。その原動力となっているのは、消費者の一歩先のニーズを見据えた商品企画力と技術力です。例えば、1枚のレンズに遠くと近く、それぞれの度数を配置した「遠近両用レンズ」や、高い安定性を保持しながら瞳になじむデザインを取り入れた「乱視用レンズ」は高度な技術が必要とされます。また、瞳をより魅力的にみせる「サークルレンズ」を業界に先駆けて企画をするなど、様々な高付加価値製品を世に送り出してきました。また、眼病治療の新手法として注目されている、「ドラッグデリバリーシステム機能付レンズ」の研究やその他の新領域分野にも積極的に挑戦中です。

戦略・ビジョン

『日本のシード』を『世界のシード』へ。

私たちシードは、日本人の瞳にあった高品質なコンタクトレンズを半世紀以上に渡って追求してきました。海外においても日本のコンタクトレンズは品質を高く評価されており、広大なマーケットが眠っています。現在シードでは、中国・台湾・シンガポール・マレーシア・ベトナム・ベルギー・ドイツに現地法人を設立し、販路拡大に向けて事業を展開中です。また、その他の国にも積極的に進出しており、今後さらに海外市場へのアプローチを加速していきます。そして、販売だけでなくイギリスのコンタクトメーカーに社員を派遣し人事交流を行う予定です。『日本のシード』から『世界のシード』へ進化していくため、今後も邁進してまいります。

会社データ

事業内容 【コンタクトレンズ事業】
1日使い捨て・2週間交換型・1ヶ月交換型・遠近両用・乱視用などの
コンタクトレンズ全般の開発・製造・販売
▼当社は、「国産初」の製品を次々に世に送り出してきました。
 国内で自社開発・自社生産を行っております。

【コンタクトレンズケア事業】
洗浄・すすぎ・消毒・保存液などのケア用品全般の開発・販売
▼製品の開発にあたっては、コンタクトレンズ開発で得られた、
 素材の形状や性質・特徴などの知識・ノウハウを最大限活用しています。

【眼鏡事業】
眼鏡レンズ・眼鏡フレームの企画・販売
▼コンタクトレンズで培った技術・ノウハウを基に、
 ユーザー層に合わせた、高品質で斬新なアイウェアを企画・商品化しています。
設立 1957年10月9日
資本金 18億4128万円
従業員数 691名(男440名 女251名)
※2018年3月末時点
売上高 278億2700万円(2018年3月期グループ連結)
代表者 代表取締役社長:浦壁 昌広
事業所 本 社/東京都文京区本郷
研究所/埼玉県鴻巣市
営業所/札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡
海 外/中国、シンガポール、マレーシア、台湾、ベトナム、ベルギー、ドイツ
関連子会社(国内) 株式会社タワービジョン
株式会社シードアイサービス
株式会社アイスペース
関連子会社(海外) 実瞳(上海)商貿有限公司/中国
SEED CONTACT LENS ASIA PTE.LTD./シンガポール
SEED CONTACT LENS(M) SDN.BHD./マレーシア
SEED CONTACT LENS TAIWAN CO., LTD/台湾
THE REPRESENTATIVE OFFICE OF SEED CO., LTD. IN HANOI/ベトナム
SEED Contact Lens Europe S.A./ベルギー
SEED Contact Lens Europe GmbH/ドイツ
沿革 1951年 わが国初のコンタクトレンズ研究を開始
1957年 株式会社東京コンタクトレンズ研究所を設立
1962年 ブランド名を「マイコン」と名付ける
1970年 大阪万博のタイムカプセルに「マイコン」を収納
1972年 わが国初のソフトコンタクトレンズ「マイコンソフト」発売
1985年 株式会社シードコンタクトレンズ研究所を設立
             ブランド名を「SEED(シード)」に変更
1987年 商号変更、株式会社シードに改める
1989年 社団法人日本証券業協会に株式の店頭登録を行なう
1992年 日本初の煮沸不要ソフトコンタクトレンズ消毒システム 「コンセプトF」を発売
1993年 眼鏡市場に参入
1999年 社内イントラネットを構築し、全拠点のLANシステムの確立
2000年 グラフト重合加工した高酸素透過性ハードコンタクトレンズ「シードS-1」発売
             松雪泰子氏プロデュースのアイウエアブランド「Vividmoon」発売
2001年 シード総合研究所の設立
2003年 アデノウィルス抗原検出試薬「アデノテストAD」発売
2004年 日本初の国内一貫生産2週間交換ソフトコンタクトレンズ「シード2weekPure」発売
2007年 シード鴻巣研究所の設立
2008年 UVカットのハードコンタクトレンズ「シード UV-1」発売
2009年 国産初の1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPure」発売
2010年 遠近両用2週間交換ソフトコンタクトレンズ「シード 2weekPureマルチステージ」発売
2011年 天然うるおい成分配合の国産1日使い捨てソフトコンタクトレンズ
             「シード 1dayPureうるおいプラス」発売
2012年 遠近両用1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPureマルチステージ」発売
             1日使い捨てサークルコンタクトレンズ「シード Eye coffret 1dayUV」発売
2013年 1日使い捨てサークルコンタクトレンズ「ヒロインメイク 1day UV」発売
2014年 株式会社東京証券取引所市場第二部に当社株式を市場変更
             乱視用1日使い捨てソフトコンタクトレンズ「シード 1dayPureうるおいプラス乱視用」発売
             シード鴻巣研究所2号棟設立
2015年 1日使い捨てサークルコンタクトレンズ「シード PlusMode 1day Homme」発売
             非球面デザインの高酸素透過性ハードコンタクトレンズ「シードAS-LUNA」発売
             遠近両用ハードコンタクトレンズ「シード マルチフォーカルO2 Mタイプ」、
             「シード マルチフォーカルO2 Hタイプ」発売
2016年 2週間交換ソフトコンタクトレンズ「シード 2ウィークピュアうるおいプラス」発売
2017年 東京証券取引所市場第一部に指定
             乱視用2週間交換ソフトコンタクトレンズ「シード 2ウィークピュアうるおいプラス乱視用」発売
             シード鴻巣研究所3号棟設立
             シード設立60周年
2018年 動物医療機器事業への参入
             犬用バンデージコンタクトレンズ「わんタクト」発売
             鴻巣研究所敷地内に保育・児童施設「ふくろうの森」設立
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)