朝日工業株式会社
アサヒコウギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 株式公開
  • 正社員
業種
鉄鋼
化学/建材・エクステリア/農林
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■■鉄鋼建設資材■■
自動車などの部品、ビルや道路などの基礎資材。私たちの生活を支えている「鉄」―都市から廃棄される鉄スクラップを電気炉によって溶かし、再び命を吹き込み、世の中に高品質な鉄鋼製品を提供。

■■農業資材■■
健康な土壌を育み豊かな作物を実らすために、植物にも環境にも優しい有機肥料の製造。また、野菜品種の開発、家庭園芸資材、乾牧草も行い、豊かな食生活とうるおいのある暮らしをお手伝い。

当社の魅力はここ!!

企業理念

誰からも愛され続ける会社

朝日工業グループの企業理念は3つです。経営理念:誠実で、公正、公平、誰からも愛され続ける会社であり続けます。良い製品、良いサービスを提供し、地球環境に貢献し続けます。CSR指針:社会への貢献、感謝、恩返しを大切にします。環境指針:環境負荷低減、地球温暖化防止、ゼロエミッションを通して、環境へ貢献します。これらの基本方針を全社員が一丸となり追求しています。

魅力的な人材

教育熱心な先輩社員がいます。

当社では、新卒社員が一人前に成長できるよう教育・育成に力をいれております。新卒社員の配属後、約半年間は教育担当の先輩とともに仕事を進めていきます。さらに、当社の商品の製造工程や開発なども勉強したり、外部研修に参加したりなど、たくさんのプログラムが用意されております。また、通信教育や、フォローアップ研修なども行っており、当社は社員教育には力を入れている会社です。

技術力・開発力

資源循環型社会への貢献

朝日工業グループは、限りある資源を有効利用すると同時に、使われていない資源を探索・活用し、様々な製品を製造しております。私共の製品は、環境にやさしく安心してお使いいただけます。具体的には、鉄鋼事業では鉄スクラップを原料に鉄筋を製造し、ビルや橋、高速道路などに使用されます。さらに強い鉄の製造を目指して日夜開発に努めています。また、農業事業では鶏の羽、油粕などを当社の技術力により、有機質肥料として再生させています。「鉄鋼」も「農業」も資源循環型社会に貢献しているという大きな共通点を持っています。

会社データ

事業内容 <鉄鋼建設資材事業>
鉄鋼事業:異形棒鋼、構造用鋼、ねじ節鉄筋の製造・販売

<農業資材事業>
肥料事業:有機質肥料、無機肥料の製造・販売
園芸事業:園芸肥料の製造・販売、園芸関連商品の販売
種苗事業:野菜等種子の生産・販売
乾牧草事業:乾牧草の輸入・販売
創設/設立 1935年8月16日/1991年10月29日
資本金 2,190百万円
従業員数 489人(連結)
428人(個別)
(2018年3月31日現在)
売上高 358億7800万円(2018年3月期 連続)
334億5900万円(2018年3月期 個別)
代表者 代表取締役社長 村上 政徳
事業所 【本社】
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-5 Daiwa東池袋ビル

【埼玉事業所・埼玉工場・関東工場・開発部・農業相談室】
〒367-0394 埼玉県児玉郡神川町渡瀬222

【千葉工場】
〒289-0506 千葉県旭市さくら台1-13

【大阪事業所】
〒533-0047 大阪府大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル

【関西工場】
〒528-0005 滋賀県甲賀市水口町水口6776
朝日工業の歩み 1935年 肥料事業の前身である朝日化学肥料(株)が兵庫県尼崎市に創立
1936年 鉄鋼事業の前身である日本ニッケル(株)が創立
1960年 朝日化学肥料(株)が日本ニッケル(株)の鉄鋼部門を吸収し、社名を
    西武化学工業(株)に変更
   【鉄鋼】と【肥料】というビジネスモデルの原型が誕生
1972年 肥料事業 有機肥料の製造販売を開始
1983年 種苗事業 種苗の研究開発を開始
1985年 社名を朝日工業(株)に変更
    関西工場(肥料)を新設
1992年 朝日工業(株)として鉄鋼建設資材事業と農業資材事業という2つの
    事業を本格展開
1995年 乾牧草事業 オーストラリア乾牧草合併事業開始
1999年 鉄鋼事業 ねじ節鉄筋【ネジエーコン】発売
    鉄鋼事業 鉄筋のフルサイズ製造メーカーとなる
2000年 有機肥料専門の千葉工場を新設
2005年 ジャスダック証券取引所に上場(証券コード5456)
     日本政策投資銀行の【環境配慮型経営促進事業】の融資制度適用に
   選定
     株式会社環境科学コーポレーションが当社グループ入り
2007年 鉄鋼事業 ゼロエミッションに向け最新鋭製鋼電気炉ダスト処理設備
    (RHF)を導入
    種苗事業 トマト黄化葉巻病耐病性ミニトマトの種子【リトルジェムTY】
    発売
2008年 鉄鋼事業 ネジエーコンを使用した【スクリュープレート工法】が
    (財)日本建築センターの評定を取得
2009年 種苗事業 トマト黄化葉巻病耐病性大玉トマトの種子【アニモ】を新発
       売
2010年 鉄鋼事業・肥料事業 燃料を黒油類から天然ガスへ転換し、CO2排出量
    大幅削減
    日本政策投資銀行の環境格付において最高ランクの評価を取得し、
    併せて環境格付融資適用に選定
2011年 当社グループの上武エコ・クリーン株式会社、上武産業株式会社が
    合併し、社名を株式会社上武に変更
2013年 公定規格の改正により混合堆肥複合肥料【エコレット】シリーズ新発売
    肥料事業・種苗事業 開発拠点となる神川農場開設
2016年 当社グループの株式会社環境科学コーポレーションの全株式譲渡
    当社グループの株式会社テイ・アンド・アイの社名を、朝日ビジネスサポー
    ト株式会社に変更
    中期経営計画を発表
    (資源循環型社会の担い手として『スペシャリティ(明確な強み)』を持つ会社へ)
経営理念 ■誠実で、公正、公平、誰からも愛される会社であり続けます。
■良い製品、良いサービスを提供し、地球環境に貢献し続けます。
CSR指針 ■社会への貢献、感謝、恩返しを大切にします。
環境指針 ■環境負荷低減、地球温暖化防止、ゼロエミッションを通して、
環境へ貢献します。
朝日工業グループ 私たちは、鉄スクラップから鉄鋼製品を製造する電炉メーカーとして、また、未利用資源から有機質肥料等を製造する肥料メーカーとして、84年の歴史を刻んできました。この間、病気に強く栽培しやすい野菜の種子を開発、販売する種苗事業、国内外マーケットをターゲットとする乾牧草事業を立ち上げるなど、ユニークな農業ビジネスモデルを構築してきました。私たちは、鉄と農業というマーケットの全く異なる事業を行っていますが、地球環境に貢献し続けるという理念の下、資源循環型社会の実現という目標に向かい、リサイクル、未利用資源の活用など限りある資源の有効利用に取り組んでいます。また、関係会社の上武においては建設資材として使用される砕石砕砂の製造販売を行っております。

□■朝日工業グループ■□
●朝日工業:鉄鋼建設資材事業、農業資材事業

●株式会社上武:土木建築用の砕石と砕砂の製造販売、がれき類、コンクリートくず、木くずなどの建設廃材等の中間処理と、再生骨材・木くずチップなどのリサイクル製品の製造販売

●朝日ビジネスサポート株式会社:業務請負、人材派遣
朝日工業グループの環境への取り組みについて  朝日工業グループは、「“地球環境や地域社会への貢献”を何より大切にし、“みなさまから愛され続ける企業”」でありたいという思いのもと、活動しています。

【環境マネジメント】
<朝日工業グループ環境指針>
 環境負荷低減、地球温暖化防止、ゼロエミッションを通して、環境へ貢献します。

<環境マネジメント体制>
 朝日工業グループ一体となった環境マネジメント体制を構築し、継続的な環境活動を強力に推進します。

【環境負荷低減などの推進】
□省エネルギー推進・CO2削減
<省エネルギー推進 CO2排出量の削減>
 朝日工業では、全社のエネルギー管理責任者で構成する「省エネルギー推進委員会」を中心に各部門の省エネルギー対策を推進し、CO2排出量の削減につなげています。

□環境自主管理強化
<大気汚染防止>
 朝日工業では、工場の各施設から出る排ガスについて、法令よりも厳しい自主管理目標を設けて管理しています。 廃棄物については、排出削減に加え。社内の再資源化や有価物として有効利用を推進しています。

<水質汚濁防止>
 埼玉事業所では、排水についても、法令よりも厳しい自主管理目標(規制値の1/10以下)を設けて監視を強化しています。

□廃棄物ゼロエミッション(再資源化)
<ゼロエミッションに向けた活動>
 朝日工業から排出される産業廃棄物の約50%以上を占めていた「ばいじん」の排出がなくなり、2014年度の排出量は大幅に減少しました。 「ばいじん」は製鋼工程から発生するものですが、2007年度から社内で再資源化を推進し、8年連続ゼロエミッションを達成することができました。また、2014年度は全量再資源化することができた上に中期目標である「再資源化および有効利用率99.5%以上」も達成することができました。
 今後も再資源化への取り組みに努め、より高いレベルのゼロエミッションの継続を目指します。
採用実績校 青山学院大学、秋田大学、秋田県立大学、茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪府立大学、岡山大学、帯広畜産大学、学習院大学、神奈川大学、神奈川工科大学、関東学園大学、九州大学、京都大学、京都産業大学、杏林大学、近畿大学、慶應義塾大学、国学院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉工業大学、芝浦工業大学、昭和女子大学、城西大学、上智大学、駿河台大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、拓殖大学、玉川大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工業大学、東京国際大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京農工大学、東京福祉大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、鳥取大学、豊橋技術科学大学、長浜バイオ大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院、新潟大学、日本大学、日本工業大学、弘前大学、広島大学、福島大学、法政大学、北海道大学、前橋工科大学、武蔵大学、室蘭工業大学、明治大学、明治学院大学、山形大学、山口大学、立教大学、立正大学、琉球大学、早稲田大学、他

連絡先

【総務人事部 人事企画課】 石川 貴裕
TEL : 03-3987-2168
携帯 :070-3973-0289
E-mail : t.ishikawa@asahi-kg.co.jp

【本社】
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-23-5 Daiwa東池袋ビル
TEL : 03-3987-2161
URL : http://www.asahi-kg.co.jp/
掲載開始:2019/03/01

朝日工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

朝日工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)