有限会社 藤井牧場
フジイボクジョウ
2020
業種
農林
食品/商社(食料品)/外食・レストラン・フードサービス
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

――牛も人もどんどん育てる牧場。
高品質でおいしい牛乳を生産するには牛の質を上げること、そして牛を管理する人の力は必要不可欠です。だからこそ藤井牧場では日本で初めてとなる飼育法への投資や、若手育成のための成長支援制度を導入。国際競争力を持った牧場として、酪農の新時代を築きます。そして100年以上この地で酪農業を展開してきた牧場として、牛を愛し、人を愛し、富良野を愛する人が育ち、集う牧場を目指します。

当社の魅力はここ!!

社風・風土

【文系出身者も活躍中!】酪農業の門戸は意外と広いんです。

「牧場の経営」と聞くと家族や親せきなど身近な人間だけで運営していたり、高齢化が進んでいるようなイメージがあるかもしれませんが、藤井牧場で働く24名の社員は北海道外から就職した者が多く、そのうち約半数の社員が20代と若いのが特徴です。また、農学部など酪農について学んでいた学生だけでなく、文系出身者も多く入社し活躍しています。その理由は、当牧場が単純に牛の飼育や牛乳の生産だけをおこなう牧場ではないから。チーズやソフトクリームなど牛乳を原料とした新しい商品を企画・開発したり、販売ルートを開拓したりと一般的な会社と同じように、社長はもちろん社員全員が事業拡大を目指して日々仕事に取り組んでいます。

社風・風土

牛も人もどんどん育てる牧場です。

高齢化による離農が急速に進む今は、まさに酪農業の転換期。だからこそ当牧場では、若い人材を積極的に育てるために、約4年前から「成長支援制度」を導入しました。39の観点から自己評価と他己評価をおこなうことで自身の成長度を意識しながら働けるほか、ポジションチェンジを積極的に取り入れることで、特定の分野だけでなく“牧場経営”の視点を身につけられる仕組みを整えました。目標は、牧場長になれる人材を育てること。高齢化により手放された牧場を買収し、運営者となることで年収1000万円級のプレイヤーになることも可能です。藤井牧場は明確なキャリアパスと充実の育成制度で若手の成長を全力でサポートしています。

戦略・ビジョン

新しい時代に合った酪農を目指します。

藤井牧場は創業から114年の歴史を持ち、搾乳牛と育成牛は1000頭。全国にある約18000軒の酪農家のうち、上位0.2%の規模を誇る伝統ある牧場です。一方で旧来の常識をくつがえす取り組みをおこなっているのも当牧場の特徴。その1つが最先端技術の導入です。日本で初めて砂の牛床(サンドベッド)を取り入れ、高泌乳かつ低疾病を実現したり、牛の個体情報をデータ化して健康管理をおこなうなど効率化を進めることでより高い品質を実現。2012年にはこれらの取り組みが認められ、日本で初めて農場HACCP認証を取得しました。現在は海外進出を目指し、台湾で物産展を開催するなど、国際競争力を持った日本酪農の新時代を目指し日々邁進しています。

会社データ

事業内容 ■酪農業務
■乳製品の製造
■乳製品の販売
設立 1904年(明治37年)12月
資本金 500万円
従業員数 役員4名、従業員26名(うち海外実習生4名)
売上高 8億円   (2017年度実績)
6億9千万円(2016年度実績)
5億7千万円(2015年度実績)
代表者 藤井 雄一郎
事業所 ■本社(北海道富良野)
北海道富良野市八幡丘
認証 農場HACCP認証(第一号)平成24年4月27日取得
JGAP認証(M0000001号)平成29年12月27日取得
レジリエンス認証(A000002号)平成30年3月29日取得
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

【インターンシップ締切日順】この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)