曽我の屋農興株式会社
ソガノヤノウコウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
農林
食品/商社(食料品)/その他製造/その他商社
本社
栃木、神奈川

私たちはこんな事業をしています

◆◆学部・学科不問>>エントリー受付中◆◆
我々は安全でおいしい豚肉を生産するため、
オールイン・オールアウト(AI/AO)や飼料の自家配合といった技術を駆使し、
那須高原を中心に「複数隔離農場システム(マルチプルサイト・システム)」の構築を目指し、
規模を拡大しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

健康で豊かな暮らしに貢献し続ける!

食の安全が叫ばれて久しいですが、消費者の信頼を裏切る事件が跡を絶ちません。安心して食べていただける豚肉造りには、視察や研修を通し、国内外の最新の知見を活用する先進性と、経営者をはじめ生産に従事する全従業員の妥協を許さない決意が不可欠です。曽我の屋農興では、おいしい豚肉は鮮度、栄養バランスが大切と考え、独自の設計思想に基づく自家配合飼料の採用、安定して健康な豚を育てるためのマルチプルサイトシステム構築への取り組み、責任をもってお客様まで商品を届けるための一貫流通体制の整備等を推進しています。今後とも良質で安心できる食肉の提供を通して、健康で豊かな暮らしに貢献していきたいと考えています。

事業・商品の特徴

私達は、本当においしい豚肉、安全な豚肉を創りたいのです。

「曽我の屋の豚肉は美味しいですよ。」「何故美味しいの?」「エサが違うのです。豚が食べているエサが。」今、曽我の屋の豚たちが食べているエサはアメリカの広大なコーンベルト地帯より、茨城県の鹿島港に入り、港より直接農場に運ばれる丸粒トウモロコシと、大手製油メーカーが油を搾った大豆粕が主原料です。ですから、豚につく脂肪がほんのり甘くさわやかな感じがするのです。また、トウモロコシはその日に粉砕したものを、その日のうちに豚に与えているため、豚もおいしそうにこの餌を食べ、健康に育つのです。

技術力・開発力

健康レベルの高い更新母豚の供給基地、大谷農場の新設。

日本の養豚農家戸数は米国、デンマークをはじめとする海外からの輸入豚肉との競争の中で、この10年間で1/3に減少しています。国際競争に勝ち抜き、国内に鮮度の高い豚肉を供給するためには、農場の衛生レベルの向上が不可欠になっています。病気の空気伝播防止のためには、一般的に既存養豚場から3キロ以上の隔離が必要とされています。曽我の屋農興では、直近の既存養豚場から直線で3.5キロ以上離れている大谷農場を建設し、那須農場に健康レベルの高い更新母豚を供給し、国際競争に互してゆける養豚生産体制を目指しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【養豚飼養管理】
部門(種付・分娩・保育・肥育・飼料・糞尿処理係)毎のスタッフは、
専門職化していて、チームを組んでいます。

【営業】
生産部より出荷された、豚肉の加工および、スーパーなどの小売店に対しての販売を行います。

※詳細は「採用情報」をご覧ください!

会社データ

事業内容 安全でおいしい豚肉の、生産および販売。
設立 1960年4月(創業114年)
資本金 1億円
従業員数 正社員/45名
準社員・パート社員/45名
売上高 44億5000万円
(2017年3月期)
代表者 代表取締役 野上 元彦
事業所 【本社】
神奈川県平塚市南金目925

【那須農場】
栃木県那須郡那須町大字豊原乙1-1836
(母豚3,600頭、子豚8,000頭、肉豚8,000頭)

【吉田農場】
栃木県那須郡那須町大字豊原乙2270
(子豚4,000頭、肉豚8,000頭)

【高城農場】
栃木県那須郡那須町大字豊原乙2879
(肉豚4,000頭)

【豊原農場】
栃木県那須郡那須町大字豊原乙1-21
(肉豚12,000頭)

【大谷農場】
栃木県那須郡那須町大字大島1616
(母豚1,400頭、子豚4,000頭)

【夕狩農場】
栃木県那須郡那須町大字豊原乙字川西1983-112
(肉豚10,000頭)

★当社の保有頭数は、業界平均の約30倍の規模です

【営業部】
神奈川県平塚市南金目925
主な取引先 ※敬称略

(株)セブン&アイ・ホールディングス
(株)ゼンケイ
横浜食肉(株)
群馬食肉(株)
(株)クリシマ
(株)田子重
滝沢ハム(株)
(株)コモディイイダ
沿革 <1894年>
曽我要助が神奈川県平塚において豚屋を始め、
通称「相模の要助」といわれる大問屋となる。

<1917年>
2代目曽我清三、豚改良の中心地である神奈川県におき、
中郡豚商組合長として中ヨークシャーを日本に根付かせた。

<1953年>
曽我の屋食品株式会社を設立。

<1960年>
神奈川県平塚市に曽我の屋養豚株式会社を設立。
日本初の大量肥育システムを確立。

<1978年>
栃木県那須町に株式会社曽我の屋第一ファームを設立。

<1988年>
曽我の屋第一ファームを曽我の屋農興株式会社と社名変更し、
那須農場とする。また、同那須町において、吉田農場を建設。

<1996年>
神奈川県平塚市において、自社製品の流通を目指し営業部を開設。

<2001年>
栃木県那須町に、高城農場を建設。

<2003年>
栃木県那須町に、豊原農場を建設。

<2005年>
栃木県那須町に、豊原第2農場を建設。

<2007年>
栃木県那須町に、大谷農場を建設。

<2011年>
栃木県那須町に、夕狩農場を建設。

連絡先

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
曽我の屋農興株式会社 那須事業所 
〒329-3224
栃木県那須郡那須町大字豊原乙1-1836
担当 柳町(やなぎまち)
TEL:0287-72-6101
【HP】http://www.soganoya.co.jp/
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
掲載開始:2019/03/01

曽我の屋農興株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

曽我の屋農興株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)