株式会社 東栄クリエイト
トウエイクリエイト
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

株式会社 東栄クリエイト

不動産業(不動産売買、不動産仲介、不動産賃貸、不動産管理)
  • 正社員
業種
不動産
コンサルタント・専門コンサルタント/その他商社/住宅/商社(建材・エクステリア)
本社
大阪
【営業総合職】 会社説明会 予約画面(梅田開催)

私たちはこんな事業をしています

【20代で年収1000万円は通過点!稼げるシステムが整っています。】
日本が抱える空き家問題や不動産の相続問題に対し、当社は「総合不動産会社」として真正面から向き合います。東栄クリエイトはコンサルティング業務を中心に不動産売買、賃貸、仲介、斡旋、及び管理までトータルで手がけ、営業は一から学べる環境が整っているので新卒1年目から年収1000万円を目指せます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

不動産の全てを経験し、社会問題にアプローチできる人材に成長!

当社は不動産の売買から仲介、賃貸、管理など、幅広い領域をワンストップで事業展開。ワンストップでサービス提供する会社は他にもありますが、入社後、売買・仲介・賃貸・管理など、全てを経験できるチャンスがある会社は多くありません。また、事業領域も空き家問題や相続物件問題など、社会問題にアプローチしています。不動産を通じて、社会を豊かにし、不動産の全領域を極め、一流を目指すことができます。当社は学校ではありませんが、実力を確実に付けていきたいという方に給与を支払いながら、不動産で儲けることができる技、社会に大きな影響を与えられる技を伝授します。

事業・商品の特徴

一生、仕事がうまくなりつづける。

一口に不動産といっても、様々な分野があります。売買・仲介・賃貸は、その代表例です。たとえば購入いただいたマンションを賃貸にするときに、それを管理する仕事も、私たちは行なっています。この管理業務もまた不動産の大事な仕事の一つです。今回、総合職として採用させていただくみなさんには、これらの仕事すべてを勉強していただくチャンスをご用意しています。人によって売買される理由も千差万別ですから、これでいいという終わりはありません。不動産が一生の仕事にふさわしいという理由です。試されるのは、人間力と、継続力です。定年退職はないので、生涯現役で活躍することができます。

待遇・制度

業界トップクラスの還元率が実現した想定外の給料です。

「初月から月収132万円を手にしました。その額をみて、うっかり天狗になりかけました。でも、先輩たちの給料額を知って、自分なんて、まだまだだと気づき、改めて、この価値の高い仕事を、愚直につづけていこうと決意しました」。これは、ある女性社員が語ってくれた話の一部です。高額な商品である不動産は、高額な給料を約束してくれます。ちなみに、当社グループでは20歳で入社し、27歳で年収3253万円になり、現在は6091万円を稼ぐまでになった社員がいます。最大39%の歩合、という業界でも異例の還元率。自己の売上だけでなく、部下を育て、部下の成果を上げることで、自身の役職給を上げ、26歳で年収3844万円の実例があります。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

総合職として不動産業務のすべてを経験いただけます。具体的には、不動産の売買、賃貸、仲介の営業から、不動産管理まで、いずれもみなさんの将来にとって役立つ業務であり、生涯役立つ知識・ノウハウが修得できます。また、短時間でいい仕事をするよう心がけています。効率良い仕事をしながら、不動産に関するスキルを身に付け、独り立ちできるまで、教育します。

会社データ

事業内容 東栄クリエイトは<<総合不動産会社>>です。

<不動産流通事業>
◎迅速な対応と独自の提案力でお客様の課題解決を実現
投資用不動産を所有されているお客様に、適切かつスピーディーな売却提案を行ないます。売却といってもお客様によってご状況は異なるため、迅速な市場調査と、グループ会社および大手不動産会社との連携による綿密なプランニングが必要です。一方、投資用不動産のご購入や、資産運用をご検討されている方向けのサービスにも力を注いでおり、業界屈指の規模を誇る売買データをもとに、お客様に最適な物件をご紹介しています。いずれも迅速に対応できる企業力が弊社の強み。提案から成約までをスピーディーに完結します。

<不動産コンサルティング事業>
◎中古マンションの資産運用をサポート
中古マンションの収益化には様々なノウハウが必要とされます。弊社では税理士・司法書士など不動産業界のエキスパートと連携し、適正な賃料相場・販売事例・成約事例・空室率を把握。綿密な市場調査を通じて、お客様のニーズに合った資産運用プランをご提案いたします。

<不動産賃貸、管理事業>
◎時代に即した最適な運用戦略を、お客様に代わって立案
お客様にとってかけがえのない資産である不動産。その維持・管理も弊社の大切な事業の一つです。テナント様・入居者様の動向を把握・分析し、立地条件に応じて適正なマネジメントを実施。お客様とも適宜コミュニケーションを深めながら、最善な運用プランを立案します。
東栄クリエイトが行なう社会貢献(1) 少子高齢化で人口減少が進む中、我が国では2020年に全人口の割合のうち30%が65歳以上の高齢化社会に突入します。それに伴い、高齢者が所有する不動産のうち、管理が出来ない物件数が増え、空き家問題が深刻化しています。

空き家数は、平成25年度で全国820万戸。今後も増加の一途をたどります。更に、国や地方公共団体を悩ませる問題は、相続人がいない不動産の行方です。所有者不明の不動産が混在し、例えば朽ち果てた空き家、分譲マンションの管理費、修繕積立金未回収により、マンションの管理が行われず劣化し、周囲に悪影響を及ぼす事態が散見されます。

東栄クリエイトはそのような最悪の状況にならない為に、国が抱える不動産に関する社会問題を解決するコンサルティングを行ない、社会貢献に力を入れている会社です。
東栄クリエイトが行なう社会貢献(2) 日本では空き家問題が多発している中で、14年後に日本の3軒に1軒が空き家になると言われています。背景としては、少子高齢化による人口減少です。そのため、都心部には人口が集中する一方で、地方は空き家問題が顕著になっており、過疎化は一層加速しています。空き家のまま、十数年放置されているような土地や建物が多くなり、街自体の景観が崩れ、犯罪の温床になる等、周辺物件の価値が下がる悪循環に陥っています。

そんな中、東栄クリエイトは総合不動産会社として、空室の物件のコンサルティングを行ない、リノベーションし、物件の価値を高め、物件を復活させます。リノベーションをして価値を高めるだけではなく、自社で賃貸運営を行ない、客付けまでを実行。更に、建物を長く価値あるものに保ち続けるために、管理・メンテナンスをワンストップで行ないます。

不動産価値を最大化し、空き家問題の解消に尽力することで、街を再生していきます。東栄クリエイトではこうした取り組みを先駆けて行ない、大手企業が着手しない物件にも目を付け、街自体を元気にするプロジェクトを行なっています。
東栄クリエイトが行なう社会貢献(3) マンションの供給過剰が、空き家問題を深刻化しています。2015年では1億2708万人の人口が2065年には約8800万人まで減少すると言われています。(総務省統計局の人口推計データによる)高齢者比率も益々高まりを見せ、国全体の弱体化は進んでいくばかりです。一般の世帯者数が5344万世帯に対して、住宅供給戸数は6000万戸を超えるという深刻な状況が続いています。

すでに供給過剰な状態になっているにも関わらず、訪日外国人客などの影響で、マンション建設、ホテル建設は更に進んでいます。供給過剰のギャップは広がっており、過去に建設されたマンションでは、空き家が増えています。

そこに加え、特にバブル崩壊前、大量に建設されたマンションの老朽化が軒並み目立ち、対策が必要になってきます。特に都心部において起こる、こうした問題に対して、東栄クリエイトでは、総合不動産会社として、「不動産の最適化」を行ない、現在、世の中で起こっている問題の課題解決を進めています。
東栄クリエイトが行なう社会貢献(4) 「興味がないのに投資用マンションの営業などに無理矢理買わされた」「自分の物件だけど、見たこともない(愛着がない)」「所有していたが病気になって、もう見れない」「相続してどうしていいかわからないご家族」「長く空き部屋になっていて管理費だけ掛かっている」「遺産相続などで、親族が揉める火種にしたくない」「マンション修繕の出費に辟易している」というお困りごとを抱くマンションオーナーが多数います。そんなオーナーが所有する物件を調査し、売却するのが得策か、賃貸物件として家賃収入を得るのか、プロとしてのノウハウを元に提案を行ないます。賃料相場、売却事例、空室率をきめ細かに収集し、弁護士、税理士、司法書士と連携を図り、ひとり一人に合った資産運用プランを提案しています。
東栄クリエイトが行なう社会貢献(5) なかなか入居者が付かないので、購入当初よりも大幅に家賃が下がっているというケースもあります。家賃が大幅に下がっているので、本来の購入価格からペイできなくなっており、困っているオーナーが存在しています。このようなケースに対しても、東栄クリエイトでは、物件の調査を行ない、物件自体の価値を調査の上、売却提案を行ない、オーナーの損失を出来るだけ少なくするということをご提案しています。
相続物件についても取り扱っております。 相続物件についても、例えば、「相続人がいないため、物件が放置されており、自治体が困っている」などのニーズがあります。そのニーズに対して、物件をコンサルティングし、有効活用を提案し、流通させるということも行なっています。不動産における幅広いニーズに対応し、エンドユーザーから法人まで、幅広いお客様から喜ばれています。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(1) ビルAを1億4000万円で購入。所有権移転に71万9650円、仲介料として441万円、コンサルタント料500万円、取得税196万6900円(土地83万3700円、家屋113万3200円)がかかり、合計1億5209万円の原価でした。

1億5209万円で購入してすぐ、他社から2億円で売ってほしいといわれました。この時に売っていれば、一瞬で4791万円の利益。しかし目先の4791万円よりも、長期的な家賃収入を考え、目利きを行ない、「売却しない」という判断を行ないました。

現在では、ビルAの家賃収入は月225万円。固定資産税を引いた年あたりの収入は2601万円。利回りは2601万円÷1億5209万円=17.10%。所有して16年になるので、2601万円×16年=4億1616万円。つまり、売却しなかったことで4億1616万円の家賃収入を得ることができました。

そして利益は、16年間の家賃収入4億1616万円-原価1億5209万円=利益2億6407万円。16年間で2億6407万円を利益として得ています。購入後、すぐに売却していれば、4791万円の利益だけでしたが、売却せずに家賃収入を得ることを選択した結果、2億6407万円の利益を得ています。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(2) 大阪市内にある40室のホテルを4億2600万円で購入。ボロボロで誰も買わないと有名でしたが、他社の仲介で購入を決定。購入費用に加えて、改装費用などの諸経費が、かかりすぎるので、誰も購入しなかったホテルでした。諸費用は、仲介料1348万円、登記費用800万円、改装費用3000万円の総額4億7748万円でした。

しかし、購入して正解でした。平成17年4月から平成29年4月までのホテルの利益は12億35万円。直近の平成28年度は1億1659万円の利益があり、利回りは24.4%。税金を支払ったうえで、7年間で総取得額の元を取り、現在では元手がタダで利益を得ている状態です。結果として、大儲けとなっています。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(3) 平成11年8月に大阪市城東区の底地352.74坪を3100万円で買いました。仲介料と登記費用を含むと仕入費用は3704万円。坪単価は3704万円÷352.74坪=11万円。つまり買い取った際の坪単価は11万円でした。
底地とは、自分の土地に他人の家が建っていて、地代をもらっている土地のことです。建物などがない、借地権などの使用収益を制限する権利が付いていない宅地は更地と呼ばれます。
底地を更地として全体をまとめることができれば、坪単価が85万円に跳ね上がります。坪単価11万円で手に入れた土地が7.7倍の値が付く計算です。

しかも、底地が更地になるのを待つ間は地代や駐車場代で利益を得ています。実際、地代として年間481万円、駐車場代として年間48万円の収入があります。利回りを考えると(481万円+48万円)÷3704万円=14.28%です。株や金融商品に比べても、ここまで利回りの良いものはありません。

352.74坪のうち、借地人が所有していた336坪の底地はタダで更地になって返ってきました。借地人が死亡したため、その建物に住む必要がなくなり、解体して土地を返してくれたことが理由です。うまく不動産を運営することができれば、この底地のように購入時は坪11万円だった土地が85万円の価値になります。

最終的には85万円×336坪=2億8560万円(売値)
2億8560万円(売値)-3704万円(仕入値)=2億4856万円(利益)となりました。不動産の知識と経験を身に付ければ、莫大な利益を得ることができます。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(4) 平成5年4月に神戸市兵庫区の木造瓦葺2階建の土地建物202.22坪の持ち分2分の1を2487万円で、木造瓦葺平屋建の土地建物86.11坪の持ち分2分の1を615万円で買いました。これを見つけたのが、道路を挟んだところのA邸を建売用地として購入したことがきっかけでした。

公図を見たときに、借家であるということがすぐに分かりました。登記簿謄本を見て、この2つの土地がBさん、Cさん2人で所有していることが分かり、Bさんにすぐ電話をしました。Bさんと交渉をし、Bさんの持ち分である2分の1を、2つの土地を合わせて288.33坪を3102万円で購入しました。なぜ持ち分2分の1にも関わらず、購入したかというと、持ち分の安い値段で購入し、持ち分の残りを所有しているCさんとの交渉に繋げるためです。木造なので、火事などがあれば、すぐに立ち退きが完了すると考えたからです。土地として利用できるまでには、もともと借家としての家賃収入が見込めました。2つ合わせた家賃収入として、2分の1でも月38万円、年間456万円が入ってきました。

平成7年1月17日阪神淡路大震災が起き、建物が全壊しました。ちょうどこの一帯の土地が震災後すぐに震災復興土地区画整理事業に指定されました。この事業は、神戸市が8.9ヘクタールを250億円かけて道路や公園を整備するというものです。道路公園用地のための種地が必要な神戸市にいち早く売りました。
いち早くというのがポイントで、売るのが遅くなればなるほど、神戸市の買取価格が下がる、または必要な土地が集まってしまえば、神戸市が購入してくれなくなります。つまり、早い決断により、神戸市の買取価格が高い間に無税で売ることができます。いち早く売却した結果、3102万円で購入した土地が1億6577万円で売れました。しかも、国が購入するため、無税での売買になります。

1億6577万円(売却値)-3102万円(仕入値)=1億3475万円(利益/無税)
そこで、平成5年5月~平成6年12月までの20ヵ月の家賃収入を含めると、
1億3475万円(売買益)+760万円(家賃収入)=1億4235万円(利益総額)
この2つの土地だけで1億4235万円の利益を得ました。

震災復興土地区画整理事業の予算250億円のうち、1億6577万円を売却したことはとても大きな規模になります。今までの経験と知識による素早い判断が成功を掴んだポイントでした。儲けを得るためには、何よりも素早い判断が必要とされることが分かる成功事例です。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(5) 平成6年に底地15坪を137万円で購入しました。そのまま所有していると借地人が借地権を返還してきました。その後、隣地を530万円で買えました。
合計30坪の土地を667万円で購入できたので、275万円かけて4台のコインパーキングとして活用しています。ここまでかかった諸費用が、登記費用33万円、不動産取得税25万円でした。

30坪の土地をコインパーキングを作るためにかかった費用が、
667万円(土地価格)+275万円(コインパーキングの設備費用)+33万円(登記費用)+25万円(取得税)=1000万円(費用総額)

毎月1台あたり5万8000円、4台合わせて毎月約23万円の収入になります。
電気代などの経費として、6万円かかっているので、コインパーキングの利益は、
23万円(月収入)×12ヶ月-6万円(年経費)=270万円(年利益)

利回りとしては、
270万円(年利益)÷1000万円(費用総額)=27%(利回り)
27%もまわる非常に良い利回り物件であることが分かります。例えば、この土地を坪単価70万円で売ったとすれば、1979万円が手に入ります。
1979万円(売却額)-1000万円(費用総額)=979万円(売却利益)

売ったとしても利益は出ますが、現状コインパーキングとして良い利回りで回っているため、売却せずとも、売却益が4年で回収できる計算です。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(6) 平成5年4月に神戸市兵庫区大開通の底地94.95坪の持ち分2分の1を496万円で買いました。かかった諸経費が76万円、不動産取得税が60万円でした。底地94.95坪の持ち分2分の1にかかった費用は、

496万円(土地価格)+76万円(登記費用)+60万円(取得税)=632万円(費用総額)
B社に貸し出しているため、地代が持ち分2分の1で月10万円、年120万円入ってきます。

利回りとしては、
120万円(年利益)÷632万円(費用総額)=18.98%(利回り)
18.98%も回る良い利回り物件であることが分かります。5年4カ月をかけて、この底地にかかった費用を回収できました。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(7) 平成19年3月に京都市東山区にある15室のホテルを弁護士入札にて1億3590万円で買いました。弁護士入札とは、破産物件を弁護士が破産者に代わり、公募にかける入札です。かかった費用が仲介料416万円、登記費用330万円、改装費用2330万円の総額1億6666万円でした。平成17年4月~平成27年4月までのホテルの利益は3億372万円です。税金を支払った上で、6年間で買取総額の元を取り、現在では全てが利益になっています。
ホテルはすぐ元が取れる理由として、購入するホテルを間違えなかった場合は利益率が良く減価償却費が高いからです。償却が多いため、支払い税金が少なく、利益が得やすいのです。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(8) 平成9年11月に神戸市東灘区魚崎南町の土地338.86坪を5547万円で買い取りました。仲介手数料126万円、登記費用338万円、不動産取得税335万円、解体費88万円かかったため、費用総額は6434万円、坪単価が19万円でした。

この土地が国道43号線の公害訴訟により、道路から12.5メートルまでの土地を国土交通省に申請すると国が買い取ってくれることになりました。平成14年10月に、80.35坪を6026万円で売りました。坪単価は75万円でした。

6434万円で手に入れた338.86坪のうち、80.35坪売っただけで、6026万円手に入りました。売っていない258.51坪が408万円で手に入ったことになります。残っている土地は底地なので、地代が毎月24万3075円、そのうち固定資産税2万1058円を引くと22万2017円が入ってくる収益物件となりました。利回りとしては、65.2%の高利回り物件になりました。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(9) Aという質屋を営んでいるBさんから神戸市兵庫区の宅地47.43坪と神戸市長田区の宅地15.98坪を平成11年3月に1800万円で買い取りました。そのうち、長田区の宅地は平成11年4月に420万円で売りました。

もう一方の兵庫区の宅地は平成11年4月に3900万円で売りました。これほどの高値で売れたのが北側隣地に住んでいたCさんに売ったからです。Cさんの家は道幅が2メートルしかない道路に面していたため、車が入りませんでした。当社の持っていた宅地が手に入れば、5メートル幅の道路から車が入る土地になるため、Cさんは3900万円で買ってくれました。

結果として、
4320万円(売却合計額)-1800万円(仕入合計額)-210万円(諸経費合計)=2310万円(利益)
結果として2310万円の利益が出ました。不動産の知識を持って、不動産を活用すれば、このような例はいくらでも存在します。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(10) 近畿財務局の公売で神戸市東灘区の宅地118坪を4011万円で落札しました。諸経費として登記費用262万円、印紙代6万円、測量15万円かかりました。よって仕入費用は4294万円でした。118坪の土地を分筆して、55坪と63坪に分けました。55坪の宅地を3850万円で売却し、仲介手数料として155万円かかりました。63坪の宅地を4500万円で売却し、仲介手数料として135万円かかりました。

8060万円(売却値)-4294万円(仕入値)=3766万円(利益)
公売は誰でも参加できる簡単な手段です。平成13年1月に4011万円で買ったものを平成13年7月に倍以上の額である8350万円で売却しました。諸経費を引いても6ヶ月で3766万円を儲けました。見る目があれば、短期間でも儲けることができるのが不動産です。
不動産価値の目利きにより、大きく利益を得た事例(11) 競売で西宮市の鉄筋造陸屋根スレート葺の居宅と46.18坪の宅地を2846万円で落札しました。諸費用として登録免許税43万円、強制執行費用64万円、解体工事192万円、不動産取得税51万円かかりました。よって仕入費用は3196万円でした。この宅地を3954万円で国土交通省に売却しました。この取引は国土交通省が相手なので、無税になります。

3954万円(売却値)-3196万円(仕入値)=758万円(利益/無税)
国道43号線公害訴訟により用地買収を行なっていることにいち早く目を付け、国土交通省の購入額が高いうちに売却したことで、わずか7ヶ月で758万円の利益を得ました。
この場合も誰でも行なうことが可能です。いかに情報を活用するか、タイミングを間違えなければ、大きな成功を誰でもつかむことができます。
設立 平成25年3月1日
資本金 9900万円(グループ合計)
従業員数 45名(グループ合計)
売上高 72億903万9112円(2017年決算期実績/グループ合計)
代表者 代表取締役 伊藤 教平
事業所 <本社>
大阪市北区芝田2丁目9番18号
・阪急「梅田」駅茶屋町口より徒歩6分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅5番出口より徒歩6分
・JR「大阪」駅御堂筋北口より徒歩7分

<神戸>
神戸市中央区二宮町4丁目7番4号
・JR「三ノ宮」駅中央出口より北へ徒歩5分
・阪急「三宮」駅東口より北へ徒歩6分

※共に自社ビルです。安定した収益基盤で働きやすい環境作りを実現しています。

連絡先

株式会社東栄クリエイト
〒530-0012
大阪市北区芝田2-9-18
06-6136-3679
http://www.toei-create.co.jp/index.php#stp
掲載開始:2019/03/01

株式会社 東栄クリエイトに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社 東栄クリエイトに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)