原子燃料工業株式会社
ゲンシネンリョウコウギョウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

原子燃料工業株式会社

原子力関連の技術集団
  • OpenES
  • 正社員
業種
エネルギー
非鉄金属/プラント・エンジニアリング/電力・電気/機械
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

当社は、古河電気工業(株)と住友電気工業(株)の原子燃料ビジネスを統合し、
1972年に総合原子燃料専業メーカーとしてスタートしました。
2018年には東芝エネルギーシステムズ株式会社のグループ会社となり、
さらに業務領域が拡大しました。
当社は、日本で稼働中の原子炉のほとんどに、高性能・長寿命な燃料を供給しています。
現在、国内に供給されている電力の約3割程度が、当社の燃料によって発電されています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

エンジニアリング事業も展開する日本屈指の原子燃料メーカー

資源小国である日本において、石油やLNGは常に不安定で、安定したエネルギー供給のためには、原子力発電は欠かせない存在となっています。当社は、原子燃料の開発・設計を行うメーカーとして、40年以上にわたり、原子力発電所へ無事故で高品質な燃料を供給して参りました。国内で原子燃料を製造できるメーカーは3社しかなく、そのうち、基礎的な研究開発~製造とエンジニアリング業務まで対応できるのは当社のみ。1cmほどに焼結したウラン(ペレット)1つで、一般家庭の8か月分の電力が賄えてしまいますので、莫大なエネルギーを制御するためには高い技術力が求められ、原子力だけでなく、化学系や工学系など様々な専門家が必要とされています。

事業優位性

原子燃料工業の魅力と就業環境

資源がないと言われる日本に大量の電気を生み出し、供給するための原子力エネルギー。その元となるウラン燃料の専門メーカーとして、独自の開発力を発揮してきました。燃料の専門家として高効率の燃料を開発するだけでなく、廃炉技術の確立にも貢献しており、単なる燃料メーカーにとどまらない存在感を発揮しています。現在、多くの原子炉で使用されているウラン燃料は、当社が10年以上の歳月をかけて開発した「ステップ2」と呼ばれるもの。現在は、さらに高性能で長寿命な燃料の開発フェーズに入り、「ステップ3」の研究に着手しています。また平均残業時間は月に10~40時間程度。社会的意義の高い仕事のため、労務管理は徹底されています。

社風・風土

「知らない分野に挑戦してみたかったから、入社を決めました」

研究・開発、製造などに携わる社員たちの多くは、理系学部出身ではあるものの、原子力を専門的に学んだ人はごく少数です。むしろ、「日本のエネルギー問題に関心があったから」「知らない分野に挑戦してみたかったから」など、異分野から好奇心を持って飛び込んできた人が多いのです。当社はウラン燃料に関するノウハウを蓄積してきましたが、その歴史は常に新しい手法や素材の開発の連続でした。「ゼロから道を切り拓く」「道なき道を手探りで進む」などと語られる新規案件も多く、異分野への若手の発想が必要とされる場面も多く、出張は国内外問わず。資格取得制度も充実し、報奨金20万円の支給など、従業員のサポート体制も整っています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

(技術系)
技術開発・製造・設備設計など、様々な分野で活躍する社員たちが交流し、
部署を越えて意見交換を行っています。
長い期間を掛けて新規開発から製造手法の確立までを一体化して行うため、
設計のみ、製造のみという分業体制では新しい分野を開拓することができないからです。
ジョブローテーションによって幅広い業務に携わることができますが、
専門性を磨き、特定の分野のエキスパートになることも可能です。

会社データ

事業内容 ■軽水炉(PWR/BWR)用原子燃料の開発・設計・製造、炉心管理サービス
■新型炉HTR、その他研究炉用燃料の開発・設計及び製造
■工場設備の機械・電気設計、計装・制御システム構築
■安全解析/評価、熱・流体解析/評価、解析コードの開発
■原子力発電所向け各種検査装置の設計・製作、各種非破壊検査業務全般
■原子力発電所の再稼働支援・廃止措置・福島支援事業(汚染水対策、デブリ取出等)
■社会インフラ非破壊検査・劣化診断
■電子線照射サービス(滅菌/材料改質等)
設立 1972年7月8日
資本金 10 億円
従業員数 約590名(2018年3月時点)
売上高 70億円(2018年3月期 実績)
代表者 代表取締役社長 北川 健一
事業所 【本社】神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-33-5

【熊取事業所】大阪府泉南郡熊取町朝代西  1-950

【東海事業所】茨城県那珂郡東海村村松  3135-41

【大阪営業部】大阪府大阪市西区土佐堀1-3-7  肥後橋シミズビル13階

【九州支店】福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-12  南天神ビル6階

【四国支店】香川県高松市寿町2-2-10  高松寿町プライムビル9階

【北海道支店】北海道札幌市中央区大通西5-8 昭和ビル6階

【東北支店】宮城県仙台市青葉区中央4-10-3  仙台キャピタルタワー12階

【ヨーロッパ事務所】10, rue de Louvois, 75002 Paris, France
沿革 1972年7月  原子燃料工業株式会社設立 
1974年12月  関西電力美浜2号向け燃料納入(PWR電力会社向け燃料初納入)
1978年9月  東京電力福島第一3号向け燃料納入(BWR電力会社向け燃料初納入)
1980年1月  東海製造所(現:東海事業所)操業開始
1985年5月  東邦エンジニアリング株式会社に資本参加
1985年8月  株式会社原子力エンジニアリング設立
1985年12月  PWR燃料納入累計 1,000 体達成
1986年2月  BWR燃料納入累計 1,000 体達成
1987年2月  九州支店開設
1991年1月  BWR燃料納入累計 3,000 体達成
1991年4月  エンジニアリング精密株式会社設立
1991年6月  四国支店開設
1993年4月  東北支店開設
1994年4月  PWR燃料納入累計 3,000 体達成
1994年9月  BWR燃料納入累計5,000体達成
1997年7月  ヨーロッパ駐在員事務所開設
1997年9月  原研高温工学試験研究炉(HTTR)向け初装荷燃料を納入
1997年10月  BWR燃料納入累計7,000体達成
1999年4月  電子線照射サービス事業開始
1999年5月  北海道支店開設
2000年6月  原子力災害時における原子力事業者間協力協定を加工三社で締結
2000年10月  PWR燃料納入累計 5,000 体達成
2001年10月  BWR燃料納入累計 10,000 体達成
2009年5月  株主異動により、ウェスチングハウスエレクトリック社が筆頭株主(52%)になる
2013年4月  東邦エンジニアリング株式会社がエンジニアリング精密株式会社を吸収合併

連絡先

(技術系)
原子燃料工業株式会社
〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-33-5
採用担当: 人事総務部 江口・柿崎
TEL:045-500-6300
Email:nfi-saiyou@nfi.co.jp

(技能系)
原子燃料工業株式会社 熊取事業所
〒590-0481
大阪府泉南郡熊取町朝代西一丁目950番地
採用担当:業務管理部 葉山・曽束
TEL:072-452-7211
Email:kuma-saiyou@nfi.co.jp
掲載開始:2019/03/01

原子燃料工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

原子燃料工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)