グリーンホスピタルサプライ株式会社
グリーンホスピタルサプライ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

グリーンホスピタルサプライ株式会社

シップヘルスケアグループ
  • 正社員
業種
商社(総合)
商社(医療機器)/医療関連・医療機関/その他商社/コンサルタント・専門コンサルタント
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

当社は、医療機関の新規開業のプロデュースなどを行う「トータルパックプロデュース事業」、医療機関で利用されるサプライ商品をスピーディに提供する「メディカルサプライ事業」を展開しています。さらにアジアの新興国を中心に、病院づくりや病院運営を行うほか、最先端のがん治療施設「大阪重粒子線センター」の運営等を行う「ヘルスケアサービス事業」を始動。2025年度のグループ売上高1兆円をめざした挑戦をつづけています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

グループ売上1兆円という目標に向け、動き出した新たな事業。

2025年度のグループ売上1兆円という目標に向け、中心的な役割を果たす事業として、現在注力しているのがヘルスケアサービス事業です。このセグメントでは、医療法人の事業承継支援、病院再生ビジネスを行うほか、バングラデシュをはじめアジアの新興国を中心に、病院づくりや開業後の運営を行う海外事業を推進。また、ヘルスケア専門リート、最先端のがん治療施設「大阪重粒子線センター」の建設・運営を開始しています。このように未来に向け、新たな事業領域を生みだし、日本だけではなく、世界の医療に貢献するのが、私たちのミッション。この使命を形にすることでグループ売上1兆円を実現していきます。

事業・商品の特徴

人の思いが事業を動かす。医療を支える2つの事業。

大学附属病院から地域中核病院まで、医療機関の新設やリモデルをトータルプロデュースするトータルパックプロデュース事業。病院の日々の業務に欠かせない診療材料や医療用消耗品を提供するメディカルサプライ事業。この2つは、シップヘルスケアグループの理念でもある《生命を守る人の環境づくり》をまさに具現化する事業です。むろん、簡単な業務ではありません。前者の例では、事業収支計画の作成や開院に向けた各科・各部署の会議に参加する等、主担当としてプロジェクトを進める重要な役割を果たします。後者では、急な依頼に対応する人間力が試されます。いずれも人の思いが事業を動かしています。下記、体験談も併せてお読みください。

企業理念

引き継がれるグリーンホスピタルサプライのイズム

直接、医療に関わらなくても、医療機関をトータルにプロデュースし、サプライ業務を通し、運営をサポートする私たちにも医師や看護師の方々同様、医療に関わる者としての自覚と自負が不可欠です。この自覚と自負は、グループの背骨を貫く理念であるSHIPによっても表現されています。Sincere(誠実な心)、Humanity(「情」の心)、Innovation(革新者の気概)、PartnerSHIP(パートナーシップ精神)の頭文字を取ったこの4文字は、私たちの行動の原理ともなっています。言葉として唱えるだけではなく、イズムとして引き継ぐ。2020年度においても、このイズムを引き継ぐ人財を募集しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

病院・医療関係機関に対する「営業・コンサルティング」をはじめ、「技術サービス」「営業サポート」「総務、経理など本社業務」のお仕事があります。
営業はまずは先輩社員に同行し、[1]開業や改築・移転を検討されているお医者様の相談に乗ったり、提案したりします。
[2]医療機関に必要な医療器具や什器の提案・提供を行います。[1]か[2]かは本人の適性や希望を考慮して決定します。

会社データ

事業内容 『ヘルスケアサービス事業』
最先端のがん治療施設「大阪重粒子線センター」の建設・運営を開始しています。
また、アジアの新興国を中心に、病院づくりや開業後の病院運営事業を行う海外事業を推進。
すでにバングラデッシュ、ミャンマーなどで事業を開始しています。
これらのほか、医療法人の事業承継支援、病院再生ビジネス、ヘルスケア専門リートなどを展開し、成長のエンジンとしての役割をはたしていきます。

『トータルパックプロデュース事業』
病院の新設・増改築など、施設に伴う課題を解決へ導きます。
医療機関への経営支援・コンサルティングを行い、開業・建替え等のプロセス全般をサポート。
患者様や医療スタッフの皆さまが気持ちよく働ける環境づくりを行います。
http://www.ghs-inc.co.jp/tps/index.html

『メディカルサプライ事業』
注射器やマスクなどの医療消耗品や手術で必要とされる器具類一式を提供。
命を助ける為に必要とされる診療材料を常時供給することを使命とし、お客様の視点に立ちきめ細かな営業活動を心掛けています。
http://www.ghs-inc.co.jp/medical/index.html
設立 1992年11月
資本金 グループ:155億5,301万円 単体:9,000万円
従業員数 グループ:10,825名、単体:427名 (2018年3月期)
売上高 グループ:4,255億円、単体:917億円 (2018年3月期)
代表者 代表取締役会長(CEO) 古川 國久
代表取締役社長(COO) 小川 宏隆
本社 〒565-0853 大阪府吹田市春日3-20-8
事業所 東京支社:東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル11階
売上推移(単位:億円)           連結   単体
------------------------------------
2009年3月期 1,186   441
2010年3月期 1,400   527
2011年3月期 1,624   563
2012年3月期 1,888   610
2013年3月期 2,243   703
2014年3月期 2,591   864
2015年3月期 2,733   927
2016年3月期 3,068   961
2017年3月期 4,084   919
2018年3月期 4,255   917
グループ理念 設立理念 『SHIP』
“Sincere Humanity Innovation PartnerSHIP”

「Sincere」(誠実な心)
誠実であることを生き方の礎とし、お客様、仕入先様に誠実に対することを第1歩とします

「Humanity」(「情」の心)
人としてどうあるべきかという情の心を磨き、社業を通じ人間力の向上を目指します

「Innovation」(革新者の気概)
ひとつにとどまることなく常に革新者の気概を持って、時代の変化に対応します

「PartnerSHIP」(パートナーシップ精神)
お客様、仕入先様、共に業をなす社員とそれを支える家族を良きパートナーとして、生命を守る企業活動を通じ社会に貢献します
★先輩たちが語る★【1~2年目】の仕事と【4~5年目】の仕事★ 入社後の仕事のイメージをお持ちいただきたいと思っています。
下記では、みなさんが入社されてすぐに経験されることになる【1~2年目】の仕事と
様々な経験を経て成長した【4~5年目】の仕事を
それぞれの社員たちが語ります。
先輩の仕事例Vol.01《トータルパックプロデュース事業部》/2年目 若いうちから、主体的に行動できる環境であること、病院の新設や建替のプロジェクトを主担当として進めていけることに惹かれ入社しました。主体的に行動することがどれほどたいへんなことか、いま思えば、意味もわからず言葉の響きに惹かれていただけかもしれません。

では、一つだけですが、私が体験してきたことをお話したいと思います。ある病院の移転プロジェクトを担当した時の話です。もちろん、私が主担当です。「設備をはじめ、すべての患者様を無事に新棟に移送する」ことが、私に課せられたミッションでした。

それだけ聞けば、病院が新しくなっていいんじゃないかと思われるかもしれませんが、実際に担当すると、言葉にするほど簡単ではありませんでした。いちばんたいへんだったのは、入院されている患者様の移送です。

患者様を新しくできた新棟に移送するためには、予め移送計画を立てなければなりません。各病室の患者様の情報をリスト化し、移送スケジュールを立てていきます。患者様の情報は移送当日まで更新されるため、その都度、情報もスケジュールも更新しなければなりません。それが移送日までつづきます。

どのスタッフが、どの患者様を担当するかなど事細かい部分まで委細を漏らさないよう打ち合わせ重ねていきました。前日の夜に最終的な修正を行い、当日は、朝早くから再度、看護主任の方々と綿密な打ち合わせを行い、お一人お一人の患者様を移送していきました。無事、すべての患者様を移送できた時の達成感は、いまでも忘れられません。

このプロジェクトを完遂したことは、私にとって大きな自信になったことは事実ですが、それ以上に医療に関わる者にとって「無事に終わることは当然で、少しの失敗も許されない」ことを実感できた仕事だったと思います。

ドクターや看護師の方々と接し、いかに医療がたいへんななかで行われているかを知ったこと。また、患者様に温かい目を注ぐ、ドクターや看護師の方々の言葉や思いに触れたこと。その一つひとつが、「人の役に立つ」という思いを具現化したものでした。

ドクターや看護師の方々を通し、「人の役に立つ」ということを体験できたことは、この仕事をつづけていくうえで、いちばんの財産となりました。

医療に関わる者として、これからも、この言葉の意味を見失わず、一つひとつの仕事に情熱を注いでいきたいです。
先輩の仕事例Vol.02《トータルパックプロデュース事業部》/1年目 私が、当社に決めた背景は、就活時に社員の方とお話しし、本気で仕事に取り組んでおられる姿勢、彼らが発する責任感ある言葉の一つひとつに惹かれたからです。

現在私は、2つの病院の統合に伴う運用システム計画書の作成や什器の現有品の調査などを行っています。2つの病院を統合するわけですから、各病院で異なっていた運用の方法や使用機器・備品を1つに統合しなければなりません。

まだ1年目の私には荷が重い仕事ですが、だからこそ本気で取り組め、自分の殻を破りながら成長できるんだと思い真剣に取り組んでいます。

新人のうちに、上記以外にも、新築移転に伴う患者様の移送や外部環境の調査、行政申請支援など様々な仕事を経験させていただきました。

患者様の移送では、看護部長様から「あなたたちのおかげです。ほんとうにありがとうございました」と深々とお辞儀され、感謝の言葉をいただいたことが今も忘れられません。

けっして、カンタンでも、ラクでもない仕事です。ですが、一つひとつの仕事が誰かのためになっていることを実感できます。忙しいなかでも時間を割き、丁寧に教えてくださる先輩たち。そんな先輩たちにも出会えたのも、当社に入社して良かったと思う点です。
先輩の仕事例Vol.03《メディカルサプライ事業部》/2年目 看護師をやっている母の影響もあり、医療に関わる仕事をしたいと思い、当社に入社しました。私の今の仕事は、病院で使用される注射器や絆創膏などの物品を日々供給することです。手術の際に用いられる物品の用意も担当しています。事務員の方々やメーカーの方々との金額交渉や、新規商品の提案なども私の仕事の一つです。

病院の先生や看護師、事務員の方々など、現場で働いている方々から信頼をいただくのが、いちばん大事なことだと思って取り組んでいます。

現在、私は2年目ですが、入社当初は、私の名前も覚えていただけず、「グリーンさん」と呼ばれていました。また、恥ずかしながら、現場の方々に迷惑をかけてばかりで、よく注意されていました。それでも、日々の宿題に一つひとつ丁寧に答え、逆に私から提案を行っていくなかで、ある日、グリーンさんではなく、私の名前を呼んでいただけたんです。

まだ経験が浅くて、すべてがたいへんな仕事にはなりますが、なかでもいちばんプレッシャーを感じるのは、やはり手術の準備業務です。症例ごとに物品をセット組みしていくのですが、当然、ミス一つ、許されません。元々、細かいことは苦手な私には、より慎重に、かつスピーディーに行わなければならないのです。でも、そのような仕事を通し、私たちの仕事の意味を実感したのも事実です。看護師だった母がそうだったように、医療に携わるということは全身全霊を傾けて行わなければならないんだと知った仕事でもありました。
先輩の仕事例Vol.04《トータルパックプロデュース事業部》/4年目 社歴を重ねるにつれ一部から全体をみて、全体の適正化を図るようなコンサルティング業務が徐々に増えていきます。現在私は、中小病院様の建て替えに関わる全体的なコンサルティングを担当しています。

具体的には医療機器の選定支援、医療機器購入予算の取りまとめ、ゼネコン様に対して、医療機器に関する設備依頼、患者移送計画策定、そのほか新病院建設に関する全コンサルティングを行っています。

全体をみることはたいへんですが、キャリアを通し一つひとつの仕事をクリアしてきた自信が今の支えになっています。

もちろん、たいへん喜んでいただけた事例も数多くありますが、正直に言うと失敗も少なくありません(笑)。病院オープン1ヵ月前になって、医療機器を動かすための設備がないことに気付き、各種関係者(病院様、ゼネコン様、メーカー様、工事業者様)へ多大な迷惑をかけてしまったことがあります。
また、先走ってしまったことも。現場のためにと思って行動していたことが、結果として病院様に不利益をもたらすことになり、本当に反省しました。

もっとも、こういう失敗も重ねながら、全体をみて、全体に配慮するという視点が育つのかもしれません。

「君では役不足」とお叱りを受けた一方で、「君がいたお陰で病院がオープンできました。ありがとう」とお褒めの言葉をいただいたことも。最初は失敗や私のように先走ってしまうこともありますが、それもまた財産になる。逆に言えば財産にしていく、そういう気構えが大事だと思います。
先輩の仕事例Vol.05《トータルパックプロデュース事業部》/4年目 指示や依頼を受け行っていた仕事が、経験を経るごとに「提案する仕事」に進化します。

現在私は、国立大学病院の、外来機能検討及び運用改善の分析・提案資料の作成や、民間病院の、2病院統合に向けた両病院の現状調査・分析及び新病院の各部署の運用検討のための現場ヒアリングや意見調整、運用案資料の作成、自治体病院の、新病院構想検討のためのデータ分析及び収支影響要素の整理と収支計画の作成などを行っています。

このような仕事のなかで、どういう提案をしていくか、それが、仕事の質だと思うようになりました。ただ、知識も経験もまだまだ乏しい中で、病院の多くの職員の方々から頼られ、『どの方向へ進むのが最適なのか』という課題に、責任を持って応えるための根拠作りや情報収集、提案の検討は今尚、難しい作業です。

どのプロジェクトに関しても言えることですが、自分自身の存在の大きさ、果たすべき役割や背負うべき責任の重さが大きいぶん、プレッシャーに押しつぶされそうにもなりますが、その一方で、ほかでは味わえないような醍醐味を感じるのも事実です。

私自身が中心となって、多くの人を動かすようになった今、より責任を感じ、自覚を持って一つひとつの仕事に取り組んでいきたいです。
先輩の仕事例Vol.06《メディカルサプライ事業部》/4年目 4年目の今、1~2年目の頃と比較して、責任の重さも増す一方です。特に今は、一刻を争う部署を担当させていただいていますので、尚更です。

直接医療行為を行うわけではありませんが、私もチームの一員として、医者や看護師たちとともに戦っています。患者様の命を救えた時は、言葉にできないほど嬉しく、大きなやりがいを感じます。

具体的な仕事は、病院から出る修理品の対応や備品及び機器案件の購入までの段取り、また症例器材準備及び納品。腹部や胸部IVR症例(カテーテル)の立会いなどです。

実は入社2年目のときに、上司が一週間不在に。その時、訳もわからず一心不乱に仕事に取り組んだことを鮮明に覚えています。私たちの仕事は、一人で行うことはまずなく、お客様を含め、多くの方々と協力しながら進めていきます。その中で大事なのは相互のコミュニケーションです。しかし、このときのお客様は、表情をなかなか表に出されず、上司がいる間は、一切、私には話しかけてくださらない方でした。きっと私を信用していただけてなかったのだと思います。にもかかわらず、その上司が不在になり、お互いに大事なコミュニケーションが取れなくなってしまったのです。

お客様に心を開いていただくにはどうすればいいか…。

私なりにお客様の立場で逐次、状況を考えながら、明確な指標もないまま仕事を進めるしかありませんでした。幸い大きなトラブルもなくなんとか乗り越えたとき、その方が初めて笑顔を見せ、
「まぁそれなりに頑張ったな。」と肩を叩いてくださったのです。けっして褒め言葉ではないかもしれませんが、その言葉をいただいた時、涙が出て止まりませんでした。

真剣に仕事と向き合い、最後まで責任を持って行動する。その大事さを学んだエピソードでもありました。「人の役に立つ」。この言葉はまさに、私たちの仕事の根幹だと思います。
グループ会社 ■シップヘルスケアホールディングス(株)
■シップヘルスケアリサーチ&コンサルティング(株)
■グリーンホスピタルサプライ(株)
■日星調剤(株)
■セイコーメディカル(株)
■シップヘルスケアエステート(株)
■グリーンライフ(株)
■グリーンファーマシー(株)
■(株)大阪先端画像センター
■グリーンエンジニアリング(株)
■グリーンアニマル(株)…千里桃山台動物病院
■シップヘルスケアフード(株)
■(株)北大阪地所
■(株)サンライフ
■(株)セントラルユニ
■(株)エフエスユニ
■(株)セントラルユニコリア
■(株)エフエスユニマネジメント
■シップヘルスケアファーマシー東日本(株)
■(株)ハートライフ
■アイネット・システムズ(株)
■クオンシステム(株)
■山田医療照明(株)
■(株)チェーンマネジメント
■(株)ライトテック
■酒井医療(株)
■(株)SMC
■メディカルツーリズム・ジャパン(株)
■グリーンライフ東日本(株)
■中嶋メディカルサプライ(株)
■ティック(株)
■GREEN HOSPITAL MYANMAR, LTD.
■オーラムメディカル(株)
■シップヘルスケアエステート東日本(株)
■大阪重粒子線施設管理(株)
■(株)西野医科器械
■小西共和ホールディング(株)
■小西医療器(株)
■共和医理器(株)
■メディカルロジスティクス(株)
■日本パナユーズ(株)
■SHIP AICHI MEDICAL SERVICE, LIMITED.
■昭島国際法務PFI(株)
■ユーロメディテック(株)
■(有)花梨薬局
■(有)オルガンメディカル
■(有)なごみ薬局
沿革 ■1992年8月27日
「SHIP」理念を策定
株式会社シップコーポレーションを設立

プロディース事業開始

■1992年9月
最初の仕事:「第1回中日友好循環器学会」のプロモート

※この当時の拠点は吹田に加え、宝塚の某温泉施設内でした。

■1992年11月20日
グリーンホスピタルサプライ株式会社創業
※社名「グリーン」に込めた3つの意味
 ・本社がある「千里丘陵の樹々」
 ・リオデジャネイロで地球サミットが開催され「環境元年」の年
 ・共に歩むと決意した企業のコーポレートカラー
 

■1993年4月期(設立1期目):売上9億円

■1994年4月期:売上52億円
※新卒第1期生入社
 現:グループ内役員、部長職多数

■1995年4月期:売上74億円

■1996年
金剛山研修を開始

■1997年4月期
売上140億円
メディカルサプライ事業を開始

■1999年10月
当時、約半分の売上を上げていた「メディカルイメージング事業」を事業譲渡

■2005年
東京証券取引所市場第二部上場
2005年3月期:売上528億円

■2007年
東京証券取引所市場第一部指定替え
2007年3月期:売上788億円

■2009年10月
シップヘルスケアホールディングス株式会社設立
持株会社体制へ移行

連絡先

■グリーンホスピタルサプライ(株)
大阪府吹田市春日3-20-8
06-6369-0093 採用担当
掲載開始:2019/03/01

グリーンホスピタルサプライ株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

グリーンホスピタルサプライ株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)