福山製紙株式会社
フクヤマセイシ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

福山製紙株式会社

(丸紅グループ)
  • 正社員
業種
紙・パルプ
商社(紙)/その他製造/エネルギー
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

紙のリサイクルに携わり続けて、115年以上!
私たち福山製紙は、使い終わった段ボール箱等の古紙を溶かし、それを原料として新たに
段ボール中芯原紙及び紙管原紙を製造している都市立地型リサイクル企業です。

紙のリサイクルという景気の変動に大きな影響を受けない事業であり、業績も安定。
40年以上も黒字・無借金経営を継続し、前期の賞与では月給の5.7ヶ月分を支給しました。
小さな会社ですが足腰の強い会社です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

安定した経営・財務基盤

1976年度より40年もの間、黒字・無借金経営を継続してきた当社。事業所は大阪の都心に近い1ヶ所のみで従業員数は125人程度の会社規模ですが、確かな技術でユーザーニーズに応え、少数精鋭による高効率生産を実現。社員一人当たりの生産高は業界トップクラスです。こうした独自の強みを武器に、これからも地域社会の発展・地球環境の保全に貢献しながら、200年企業を目指して堅実に歩み続けていきます。

社風・風土

私たち社員から見た福山製紙の魅力

地球環境に優しく、社員一人ひとりにも優しいのが福山製紙の大きな魅力です。大型の機械設備が24時間稼働している工場では、スタッフの意見でスポットクーラーや安全に機械を使用できる様に柵を設置したりと、みんなの意見を出来る限り取り入れてくれる姿勢を持った会社です。今までにない取り組みとして“IOT”を業務に取り入れることで、さらなる効率化を目指しており、同時に職場環境の改善も進めていきます。社員全員で会社に関わっていく楽しさややりがいが感じられます。

施設・職場環境

地球環境にやさしい生産体制

原料は100%古紙という省資源な事業。また都市ガスを利用して電気を作り、発電設備運転時の廃熱を利用して蒸気を作ることで有害物質の発生を抑えつつ、省エネルギーでの生産を実現しています。さらに、水のリサイクルも推進しています。紙の生産工程では大量の水を使いますが、当社では排水処理設備で水を浄化し、その大部分を工場内で循環させて再利用しています。このように当社では都市型リサイクル企業として、環境に配慮した生産体制を実現しています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【総合職】として、紙の製造から販売に連なる各部署での業務をお任せします。

<大きく分類すると、以下の2つの職群に分類されます>
◆製造・技術系…生産工程や製造・エネルギー設備の管理運用・メンテナンス、品質の研究開発など
◆事務系…営業(外勤・内勤)、資材、経理、総務、労務など

適性に応じて、業務をお任せします。  

会社データ

事業内容 ◆段ボール中芯原紙及び紙管原紙の製造・販売
使い終わった段ボール箱等の古紙を溶かし、それを原料として新たに段ボール中芯原紙及び紙管原紙を製造する「地球環境に優しい都市立地型リサイクル企業」を目指しています。

◎中芯原紙とは…
段ボールの表裏の紙の間に挟まれている波型に成形された部分の原紙のことで、この中芯原紙により段ボールの強度、クッション性が決まります。

◎紙管原紙とは…
紙や布、糸等の巻き芯やポスター、図面等を丸めて収める紙筒の原紙のこと。
食品保存用ラップを巻いた芯をイメージしていただくと分かりやすいと思います。
設立 設立/昭和4年(1929年)1月
資本金 1億円
従業員数 125名
売上高 152億円(平成30年3月期)
代表者 代表取締役社長 板倉 直人
事業所 本社/〒532-0031
大阪府大阪市淀川区加島2丁目2番1号
沿革 明治36年 4月 広島県福山市において田中八九郎が福山製紙所を創業し、塵紙製造を始める
昭和 4年 1月 福山製紙株式会社に社名変更し、資本金2百万円とする
昭和22年 5月 第2次世界大戦後再開
昭和25年 6月 段ボール中芯原紙の抄造を開始
昭和31年 1月 丸紅飯田(現丸紅)株式会社と資本提携し、
          現在地(大阪市淀川区加島)に大阪工場を建設【1号抄紙機設置】
昭和33年 7月 資本金5千万円とする
昭和34年 1月 福山工場の抄紙設備一切を大阪に移し、
          本社も現在地へ移転【2号抄紙機設置】
昭和36年 2月 紙管原紙その他板紙の抄造を開始
昭和38年 3月 【3号抄紙機設置】
昭和46年 10月 資本金1億円とする
昭和48年 7月 【5号抄紙機設置】
平成 2年 12月 コ・ジェネレーションシステムを導入
平成 6年 5月 【NN抄紙機設置】
平成12年 6月 ISO14001認証取得
平成14年 4月 【N2抄紙機設置】
平成15年 4月 創業100周年を迎える
平成19年 4月 コ・ジェネレーション4機の内、1号機を更新し5号機とする
平成25年 4月 創業110周年を迎える
平成25年 12月 コ・ジェネレーション4機の内、2号機を更新し6号機とする
平成26年 4月 第8倉庫設置
平成28年 12月 産業廃棄物のRPF(固形燃料)化設備設置
主要株主 丸紅株式会社
関連会社 加島技研株式会社

連絡先

福山製紙株式会社
労務部 採用担当 河野(コウノ)
〒532-0031 大阪府大阪市淀川区加島2丁目2番1号

TEL 06-6301-2131(代表)
URL http://www.fukuyama-paper.jp/
掲載開始:2019/03/01

福山製紙株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

福山製紙株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)