株式会社北一硝子
キタイチガラス
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • 正社員
業種
その他専門店・小売
ガラス・セラミックス/外食・レストラン・フードサービス
本社
北海道

私たちはこんな事業をしています

北海道小樽市でガラス製品の製造・販売をしている会社で、創業118年になります。
創業当時(明治時代)の生活必需品であった「石油ランプ」の製造から始まり、漁業用の浮き玉・牛乳ビンなど、
時代時代における「人々の暮らしに根付いたガラス」を作り続けてきました。
創業当初と現在では人々の生活は大きく変わりましたが、
今も小樽の地で『灯りやガラスのある豊かな暮らし』を提案し続けております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

1901年創業、小樽の文化とガラスの調和をご提案

私たちはお客様のご要望にお応えしたいという思いから、独自に製品を企画開発し、小樽で硝子を作り続けています。手づくり硝子のぬくもりに自信と誇りを持ち、皆様に心豊かな暮らしをお届けすべく、一つ一つの硝子に思いを込めています。また、美しい町小樽の魅力を伝えていくのも小樽に生まれた北一硝子の大切な使命と考えており、栄華に彩られた古き良き時代を背景とした硝子器を考案し、小樽だけで販売を行っています。北一硝子が目指す製品は【小樽の歴史が生み出す小樽限定の硝子器】なのです。

事業優位性

小樽の文化をより多くの人に伝えたい

小樽は『近代日本の夜明けに和の文化と洋の文化を同時に取り入れてスタートした町』といえると思います。また、非常にグローバルな視点で展開したために、特異的な都市形成がなされてきました。さらにスクラップ・アンド・ビルドによる近代化からのがれ、今も個性を保持している小樽の町は、経済の集散地でもあり文化の集散地でもありました。そんな小樽の町の魅力を伝えていくのも、小樽に生まれた北一硝子の大切な使命と考えております。

事業・商品の特徴

人々の暮らしに根付いたガラス作り

小樽で石油ランプの製造を始め「人々の暮らしに根付いたガラス作り」というテーマをもとにガラスを作り続け、現在では数千種類におよびます。小樽市内のみで販売を行っており、ガラスショップ8店舗、酒類販売店3店舗、4つのカフェを運営しております。『小樽の歴史の中で培われてきた暮らし』を感じていただけるような商品づくり、コーディネートを目指しております。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

当社では ガラスの販売だけではなく、小樽に由来する地酒や飲食のサービスを行うなど、地域文化をベースにした総合生活提案を行っています。
その中で、皆さんには直接お客様に接する販売を中心に、店舗運営・商品開発などに携わっていただきます。
一緒に「小樽発の豊かな暮らし」作りを担ってくれるバイタリティー溢れる方からの応募をお待ちしております。

会社データ

事業内容 1. オリジナル硝子製品・石油ランプの製造・販売
2. 世界のガラス製品・ランプの輸入・販売
3. ヴェネツィアンガラスの輸入・販売
4. 喫茶レストラン営業
5. 食品・酒類(地酒・ワイン)の販売          など
設立 明治34年(1901年)
資本金 1000万円
従業員数 200名(男45名、女155名)うち、正社員数70名(男18名、女52名)
※2016年現在
売上高 18億4,000万円
※2016年3月期
代表者 代表取締役社長  浅原 健藏
事業所 ◆ガラスショップ
・三号館(和のフロア・洋のフロア・カントリーフロア)
・クリスタル館
・調味料入れ専門店さしすせそ
・花園店
・北一プラザ
・VENINI(Italian Modern Art Glass)
・ミュージアムショップ(ヴェネツィアガラス専門店)
・アウトレット

◆酒類販売店
・地酒蔵 
・地酒屋北一 
・ワインショップ ヴィノテカ(イタリアワイン)

◆カフェ&レストラン
・北一ホール
・テラス
・Cafe Bar 九番倉
・カフェテリア
関連会社 財団法人 北一ヴェネツィア美術館
株式会社 エフエム小樽
北一深川硝子工芸株式会社
沿革 明治34年(1901年) 浅原硝子創業。石油ランプの製造開始  
明治43年(1910年) 漁業用浮玉製造開始
昭和15年(1940年) 浅原グループとして全道各地、樺太で製造販売
昭和46年(1971年) 株式会社浅原硝子店から有限会社北一硝子へ社名変更
昭和53年(1978年) 北一硝子本店、現在の小樽市花園に移転落成
昭和56年(1981年)  北一硝子ギャラリー開店
昭和58年(1983年)  北一硝子三号館開店
昭和60年(1985年)  株式会社北一硝子に称号・組織変更
昭和61年(1986年)  北一硝子カントリー開店
昭和62年(1987年)  硝子工房開設  
昭和63年(1988年)  小樽ヴェネツィア美術館開館
平成2年(1990年)    北一硝子三号館内に地酒蔵増設・開店  
平成2年(1990年)    ギャラリー・ヴェニーニ開館
平成5年(1993年)   北一クリスタル館開館
平成6年(1994年)    北一硝子三号館内に地酒処九番倉増設・開店
平成7年(1995年)   北一アウトレット開店
平成9年(1997年)   小樽ヴェネツィア美術館から北一ヴェネツィア美術館へ名称変更
平成10年(1998年)  北一ヴェネツィア美術館、財団法人として分離・独立
平成19年(2007年)  調味料入れ専門店 さしすせそ オープン
平成20年(2008年)  北一硝子三号館リニューアルオープン

連絡先

株式会社北一硝子
採用担当:齋藤

〒047-0027
北海道小樽市堺町7番26号
TEL : 0134-24-6100(人事課直通)
URL : http//www.kitaichiglass.co.jp
掲載開始:2019/03/01

株式会社北一硝子に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社北一硝子に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)